60歳まで生きる!
見出し画像

60歳まで生きる!

小松崎拓郎(タクロコマ)

テレビやSNSを見ていると、明日、自分自身が災害や事故に遭い、この世から去らざるを得なくなることは、当然あり得ると思わされますね。自然の力に人は太刀打ちできません。

もし仮に僕がいなくなってしまったら。

お母さんや君に、少なからず、大変な思いをさせてしまう。場合によっては自由を奪われてしまうかもしれません。

僕がいても、いなくても、健やかな日々を過ごしてほしいと思っています。

そこでひとつ考えました。

生命保険にはいります。

ぼくが選んだのは、君が25歳になるまで対応できるプラン。25歳から先は、お互い少しづつ社会で役立てるように努力していきましょう。

60歳までぼくはビシッと生きます。つまり支払いがおわるまでの間です。なんというか、いい生きる目標ができました。ありがとう。

君のいまがより良くなるように。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
小松崎拓郎(タクロコマ)

読んでくださってありがとうございます。noteは僕にとって社会参加の場なのでお気軽にコメント頂けたら嬉しいです。

ダンケ!
小松崎拓郎(タクロコマ)
茨城県龍ケ崎市生まれの編集者、フォトグラファー。島根県大森町で暮らしはじめました。日々起こるあれこれの話をしています。お仕事の話も少し。最近の関心ごとは「循環」です。