2021年12月に畑の中にグランピング施設をつくるためのクラファンをやります。
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

2021年12月に畑の中にグランピング施設をつくるためのクラファンをやります。

こんにちは、本田です。

計画をスタートしてから、かれこれ3年近くが経とうとしています。

この間、コロナ禍に入ったこともあり進捗にブレーキがかかった時期もありましたが、なんとかここまで来ることができました。

畑の中にグランピング施設をつくります。

元々なんでグランピング施設を畑の中に作りたかったかというと、「農業との接点をつくりたい」と思ったからです。

実家が農業を営んでいたり、自分の地域に農業に触れられる場所があれば農業を肌感覚で捉えることができるかもしれません。

しかし、現在実家が農業をやっているとか、親が農家だとかいう人はまれで農業を肌感覚で知っている人があまりいません。

もちろん、貸し農園などで農業体験をできる場はありますが、そこに行くのは「農業に興味のある人」です。

私は農業に全く興味がない人や農業って何するの?っていう人たちに如何にして人生の選択肢の中に農業を入れてもらえるかということを常に考えていたりします。

農業のことや食のこと、付随して環境問題等を考えていくにあたっては自分事でないとどうしても考えることができず、やっぱり農業人口が減っていってしまえば、それだけ問題提起できる人や問題解決を考える人が減っていくことを意味すると思っています。

だから、農業に興味のない人や知らない人にどうやって農業を肌感覚で知ってもらえるかというのは結構大きな課題だと考えており、そのための一つがこの「畑グランピング」です。

この観点で言えばもちろんグランピング以外にもやり方は多様にあると思っており、今後も「農業との接点を増やす」という視点で様々なことにチャレンジしていきたいと考えています。

それほど大きな施設は作れませんが、5棟くらいで「第二の故郷」をテーマにしたような環境をつくる予定です。

その中でオプションとして農業体験や地域文化交流もできるような形を整えていき、地域の継続発展にも貢献できればと考えています。

引き続き応援よろしくお願い致します。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
本田卓郎

記事を読んでいただきありがとうございます! 2020年4月からぶどうと柿(あんぽ柿)で農業経営を開始しました! ですが、農業と全然関係のないこともたくさん書きます。 「自分自身をクリエイトしていく」ということを目標としていますので、応援していただけると嬉しいです^ ^

ありがとうございます^ ^とても励みになります🎶
農家&経営者(ぶどう🍇と柿)。元エンジニア(ネスペ・セキュスペ)。妻1人わんこ1匹。世界中に自分の農地を持ちたい。noteでは自由な物書き。インスタ→ instagram.com/hon_taku10/