マガジンのカバー画像

note PMチームで働くひとびと

52
note PMチームの日々のできごとや、考えていることについて書き綴ります。
運営しているクリエイター

記事一覧

固定された記事

ほかにはない「プラットフォームをつくる」という経験。クリエイターの幸せをつねに見据えるnoteのPdMとは

近年、プロダクトマネージャー(PdM)という役割を社内に置く企業が増えています。noteもそのひとつ。では、noteのPdMとは何をするポジションなのでしょうか。 そこで話を聞いたのが、noteのPdMを務める石坂優太さん、浅子拓耶さん、小西裕真さんの3人。彼らの言葉に共通しているのは、売上や利益といったわかりやすい数字だけを追い求めるのではなく、一貫してクリエイターの幸せを目指していることです。 この記事では、3人の言葉をもとに、noteのPdMの役割や魅力を聞きました

スキ
67

副業PMをやってみた感想と学び

こんにちは。小西です。 数ヶ月前から前職の同僚からの誘いを受けてスタートアップでPMとして副業の仕事をしています。 ステークホルダーが多く抽象的な仕事が多いのでPM副業は難しいと思っていたのですが、意外とワークして喜んでいただけているのでその内容や学びを共有しようと思います。 働き方や業務内容を自分から提案したのが良かった少ない時間で貢献できるように業務を割り当ててもらうのは難しいのでは、というのが話をいただいた時の懸念だったのですが、こちらから色々と提案をしたことでク

スキ
45

noteの現場ではたらくPMと、雑談・カジュアル面談してみませんか?

noteと、noteでの仕事に興味を持っていただきありがとうございます! 転職意欲がある方でも、いまは転職を考えていないという方でも、noteのPMとお話してみませんか? 雑談・カジュアル面談についてnoteでの仕事に興味がある・noteのPMがどんなことをしているのか知りたい・読んだ記事について詳しく聞きたい・横の繋がりをつくりたい…など、目的は問いません。 「話したい!」と思ったメンバーのMeetyのページを開き、「話したい」ボタンより応募を進めてください。 誰と話し

スキ
35

noteに入社して3ヶ月が経ちました

こんにちは。note株式会社にプロダクトマネージャーとして入社してから3ヶ月が経ちました。良い機会なので入社前後のnoteへの認識の違いや、どういう仕事をやってきたかをまとめてみようと思います。note社に興味のあるかたの参考になれば嬉しいです。 無職1年半からの就職noteに入るまではニートをやっていました。健康を失って治療を終えてからの再就職で、長い戦線離脱からの復帰という感じでした。自分でも「やれんのか?」と思っていましたがやれました。健康です。ニートのときよりすこぶ

スキ
69

よく使う「不確実性」という言葉について学び直してみた

こんにちは、noteでPMをしている小西です。 プロダクト開発をしていると、「不確実性を削減する」という言葉をよく使うと思うのですが、そもそも不確実性とはなんぞやというところを勉強しなおしたので、学びをまとめようと思います。 不確実性とは何か不確実性とは、「未来の出来事に存在する予測できない要素」「特定の事象が将来起こるとは限らないこと」というニュアンスの言葉です。 将来のことを考える際には、これまでのトレンドなどを踏まえてある程度予測可能なことと予測をできない不確実性

スキ
28

「優勝」するチームのつくりかた

こんにちは。noteでプロダクトマネージャー(PdM)をしているじつぞんです。最近miroで笹をつくりました。 以前、目標設定についてこんな記事を書きました。 この記事のなかで「実践編」としてさらっと触れている「目標設定とチームビルディング」を同時にするやりかたと、その過程で重視していることについて1つの記事にまとめます。「PMとして大切にしていること」としてもどなたかに伝われば嬉しいです。 「優勝」ってなに?優勝とは、勝利を超えた大勝利です。あるいは勝利の先にある理想状

スキ
40

PMとして大切にしていること

こんにちは。noteでPMをしているこにしです。 「PMとして大切にしていること」に関する投稿企画を行うことにしたので自分でも書いてみようと思います。 大切にしていること3つオープンであること まず、大切にしているのはオープンであることです。 理由としては、PMは意思決定をしたり人の話を聞いたり、開発案件の説明をしたりなど多様な情報を扱う仕事が非常に多いからです。 実際どこまでできているかはさておきですが、 初歩的な内容からでも気軽に質問できる 積極的に考えてい

スキ
33

PMみんなで盛り上がろう!「PMとして大切にしていること」の投稿企画開催のお知らせ

こんにちは。noteでPMをしているこにしです。 今回はPM界隈を盛り上げるための企画を考えたのでnoteを書くことにしました。 私自身よくnoteでPMに関する記事を読んだり書いたりしていますが、noteにはプロダクトマネジメントに関する良いコンテンツが本当にたくさんあるんですよね。 自分は何か困り事があったら真っ先にnoteのPM記事を検索するぐらいにはお世話になってます笑 そんな素晴らしいコンテンツ、クリエイターで溢れたPM界隈を、一人のPMとしてもnoteの中の

スキ
47

機械学習エンジニアがPdMとして推薦機能をマネージメントしたらこうなった

こんな人向け機械学習プロジェクトが立ち上がっては消えて困ってるチーム 経営層やPOの機械学習チームへの要望の理解に困っているエンジニア 社内でPoCモンスターしてる機械学習エンジニア(←自分もそうでした) このような状況の人達がプロダクトの価値を実現し、ユーザに価値を届ける機会が増えるとうれしいです! この記事を一文で表すと、「百聞は一見にしかず、百見は一体(体験)にしかず。」 これは大学のときに授業で言われたことで、 聞くよりも見ろ、見るよりも体験しろ、動くものを

スキ
64

目標設定と過剰な明晰さに抗うこと

こんにちは。noteでプロダクトマネージャー(PdM)をしているじつぞんです。note社は11月決算という珍しい会社で、この6月から下半期がスタートしています。7月からが下半期という会社では、今まさに今年の初めに設定した目標を評価し、来期の目標を設定しようというところだと思います。この記事では、僕の目標設定の考え方をまとめます。どなたかのお役に立てば嬉しいです。 この記事で言いたいこと目標設定というのは、組織にとって大事なものであるがゆえに論理的な明晰さが求められます。しか

スキ
47

バスケのコーチとPMはよく似ている

こんにちは! 趣味が高じてついに学生バスケのコーチまでしているnoteのPMのツカモトです! 今日はバスケのコーチをしながら、ああこういうことってPMとよく似ているなぁと考えたことを初心に戻るという意味でまとめていこうと思ってます。特別なことは何もないしちょっと精神論によってはいるのですが、そうだよなぁ、PMってこういうもんだよなぁという共感を得られれば嬉しいなと思います。 はじめに国際コーチングエクセレンス評議会(ICCE)は、コーチが果たすべき役割や機能として、以下の

スキ
27

note急成長のカギ、「グロースモデル」徹底解剖

note急成長の秘訣、それは「ひとつのKPIではなく、”グロースモデル” で、バランスよく施策をまわしたこと」かもしれません。 この「グロースモデル」とは一体なんなのか。noteの開発を語るうえで必須用語であるものの、全体像が語られることはありませんでした。 そこでnoteのプロダクトマネージャー(PdM)である石坂さんが、グロースモデル発案者でCXOの深津さん、グロースモデルに沿った開発と運営を先導してきたCEOの加藤さんに話を聞きました。 Amazon創業者ジェフ・

スキ
391

noteのプロダクト組織を盛り上げる社内発表会を運営している話

こんにちは!noteでPMをしているこにしです。 noteの開発に携わる傍らで、プロダクト定例というプロダクト組織の情報共有する場を春から運営しています。 工夫を重ねて少しずつ良い会にできていると思うので、会の内容や取り組みについて紹介してみます。 こんな人に読んで欲しいナレッジの共有や組織の雰囲気作りに興味のある方 社内イベントの運営に携わっている方 プロダクト定例とは元々月に1回「業務に役立つ情報を楽しく学べる場」として存在していたのですが、運営も片手間で行われて

スキ
32

ポモドーロ・倒立・チャレンジを始めた

家で仕事をするときは、ポモドーロ・テクニックを活用している。 25分仕事→5分休憩→25分仕事→5分休憩…を繰り返す有名なアレだ。 この2ヶ月はフルリモートで仕事をしているので、仕事のリズムをつくる意味でとても重宝している。 note社では他にもポモドーロ・テクニック愛用している人がいくらかいるようだ。 (コーポレートIT 東さんのポモドーロ所感記事) (エンジニア megayaさんのポモドーロとでんぱ組.incの話をしている記事) 休憩時間の使い方がむずかしいポ

スキ
31