マガジンのカバー画像

note PMチームで働くひとびと

62
note PMチームの日々のできごとや、考えていることについて書き綴ります。
運営しているクリエイター

記事一覧

固定された記事

ほかにはない「プラットフォームをつくる」という経験。クリエイターの幸せをつねに見据えるnoteのPdMとは

近年、プロダクトマネージャー(PdM)という役割を社内に置く企業が増えています。noteもそのひとつ。では、noteのPdMとは何をするポジションなのでしょうか。 そこで話を聞いたのが、noteのPdMを務める石坂優太さん、浅子拓耶さん、小西裕真さんの3人。彼らの言葉に共通しているのは、売上や利益といったわかりやすい数字だけを追い求めるのではなく、一貫してクリエイターの幸せを目指していることです。 この記事では、3人の言葉をもとに、noteのPdMの役割や魅力を聞きました

noteでPMとして3年働いてみての記録と、4年目への抱負

noteに入社して、まる3年が経ちました。 昨日から4年目がはじまっています。 社会人になってから10年ちょっと、転職や転籍であちこち行ったり来たりしていたので、これだけの期間同じ場所に腰を据えるのははじめて。 1年前から遡って、やってきたこと、変わったこと・変わっていないことと、上場や度重なる体制変更を経験して、「いまのフェーズでnoteではたらくこと」への思いを記します。 ↓1年前に書いた記事です。 3年目にやってきたこといちばん大きな仕事だと、2022年7月にリ

海外事例もインプットしたい!プロダクトマネージャーにおすすめの海外ニュースレター7選(+国内ニュースレター1選)

日本国内でもプロダクトマネジメントという役割や重要度の認知は大きく拡がり、カンファレンス・コミュニティ・各社のPMのみなさんの日々の発信などをとおして、ナレッジや事例などが共有されるようになっています。 ただ、役割としての成熟度やプロダクトの大きさ、市場規模など影響もあり、先進的な事例や学習リソースは海外から来るものが多いのも事実です。 翻訳本や解説ツイートを待つのもいいけど、そろそろ自分でも英語で情報収集したい!という方向けに、僕が半年間購読してみて役に立ったニュースレ

AIアシスタント(β)開発を通して感じたこと

こんにちは。昨年12月よりエンジニアからPdMチームのリーダーにジョブチェンジしました。山下です。 note社のバリュー(行動指針)を体現する同僚を紹介する企画「#バリューバトン」。 私からは一緒に目標を目指す仲間として活躍している、PdMのjitsuzonさんを紹介しようと思います。 正直、今回はじめてバトンが回ってきたので嬉しい反面、バトンを回していただいたkimukoさんにとても素敵な感じに書いていただいたので、ハードルの高さを感じています。。 でも、旬な人を皆様に

仮説を鍛えるために前提を疑い制約を緩和する

こんにちは。noteでプロダクトマネージャーをしているjitsuzonです。 先日pmconf2022というプロダクトマネージャー向けのイベントがありまして、ありがたいことに登壇の機会をいただきました。時間の都合でそこに盛り込めなかったけれどとてもご紹介したいことがあるので、発表に入れるつもりだったスライドを使いながら記事としてまとめていきます。 登壇時の資料はこちらに。本記事単体でお読みいただいても全く問題ありません。 本編問題解決をするときの思考法として、仮説思考を僕

昔から「つくる」のが好きな話

先日引っ越しをしたときに、とても懐かしいものが出てきた。 これはなにかというと、2008年4月にパイオニア株式会社に新卒入社したときに「人生理念」の研修で作成した、ステートメントカードだ。 当時から14年経っているので、正直どんな研修内容だったかはまったく覚えていない。 ただ、専門学校を卒業したばかりの20歳の本当に何もわかっていない頭で、抽象的なよくわかんないことを一生懸命考えて絞りださないといけない、なかなかしんどい研修だったような記憶はうっすらある。 当時書いたと

プロダクトマネージャーにおすすめの本

本記事は、プロダクトマネージャー Advent Calendar 2022 の6日目の記事です🎄 昨日の記事はTakuya Asakoさんの「施策の優先順位づけ、完全に理解した」 ~ICEスコア・狩野モデルなどを掛け合わせた、プロダクト開発施策優先順位づけでした。 noteでPMを含めた開発チームのマネージャーをしています、石坂です。 PMの方はnoteで記事を書いてくださる方が非常に多くて、嬉しいです。 いつも参考にさせていただいています。 ところでみなさん、本読ん

「施策の優先順位づけ、完全に理解した」 ~ICEスコア・狩野モデルなどを掛け合わせた、プロダクト開発施策優先順位づけ

本記事は、プロダクトマネージャー Advent Calendar 2022 の5日目の記事です🎄 プロダクト開発における施策の優先順位づけ、みなさんどうやってますか? 会社の状況・事業目標・プロダクトのミッション・市場・競合他社・VoC・投資対効果・関わるメンバーのモチベーションなど、様々な変数を踏まえて優先順位を決め、プロダクトを非連続に成長させるのが、プロダクトマネージャーの仕事の1つです。 優先順位の決め方は、会社・事業・プロダクト・フェーズ感などによってさまざま

noteに入社して半年が経ちました

経過報告です。今年の5月にnote株式会社に入社してから半年が経ちました。「早いもので」とよく言われるように夢中になっていたら過ぎた感があり、「半年で色々やったなぁ」という高密度感もある充実した半年間でした。良い区切りなので、3ヶ月経過のときに書いたようにやったことをまとめてみます。 3ヶ月から半年の間にやったこと継続観点からのプロダクトのカイゼン クリエイターが創作を続けるためには「ごほうび」が大切です。もっと堅いことばでいうと「報酬」です。色々なごほうびをあらゆるクリ

創造性に効く11のルール

「創造性」とは何でしょうか。多くの創作に生かされ、生み出す側でもある僕としては、その正体がとても気になります。僕の働くnote株式会社では、下のように明文化された価値観のなかに「クリエイティブ」という言葉で盛り込み、重要視しています。 なぜ創造するのかというのは形而上学的な問題として古代ギリシアの哲学者アリストテレスから連綿と語られています。他方で、近年では認知科学として「創造性」に対して科学的な研究が進んでいます。そのなかで「創造性」による斬新なアイデアやひらめきは、天才

[pmconf登壇資料]今こそ直観で跳ぶ、多様性時代のプロダクトマネジメント

2022年11月2日開催のpmconf2022で僕が登壇したセッションのスライドを説明とともにここにアップします。 「今こそ直観で跳ぶ、多様性時代のプロダクトマネジメント」の発表スライド発表当日に口頭で話した内容も後日追記予定です。 ※各スライドの下に追記しました。合わせて参考資料のリンクも追記しました。(2022/11/07) noteの松下と申します。よろしくお願いいたします。 はじめにお伝えしたいことがございまして、本セッションのスライドはすでにnoteで公開中で

noteのPMとしての2年働いてみての記録と、3年目への抱負

noteに入社してから2年が経ちました。 当初はプロジェクトマネージャーとして入社して中規模以上の開発に携わり、昨年6月からはジョブチェンジして、プロダクトマネージャーをやっています。 節目なのでこれまでやってきたことや、変わったこと・変わっていないことなどについてふりかえって文章に残していきます。 2年間でやってきたこと入社直後に担当していた施策(そろそろ外で言っても大丈夫だよね…?)は、クリエイターの売上の預かり期限超過に伴う売上金の払い出し機能や、法人向けのnot

副業PMをやってみた感想と学び

こんにちは。小西です。 数ヶ月前から前職の同僚からの誘いを受けてスタートアップでPMとして副業の仕事をしています。 ステークホルダーが多く抽象的な仕事が多いのでPM副業は難しいと思っていたのですが、意外とワークして喜んでいただけているのでその内容や学びを共有しようと思います。 働き方や業務内容を自分から提案したのが良かった少ない時間で貢献できるように業務を割り当ててもらうのは難しいのでは、というのが話をいただいた時の懸念だったのですが、こちらから色々と提案をしたことでク

noteに入社して3ヶ月が経ちました

こんにちは。note株式会社にプロダクトマネージャーとして入社してから3ヶ月が経ちました。良い機会なので入社前後のnoteへの認識の違いや、どういう仕事をやってきたかをまとめてみようと思います。note社に興味のあるかたの参考になれば嬉しいです。 無職1年半からの就職noteに入るまではニートをやっていました。健康を失って治療を終えてからの再就職で、長い戦線離脱からの復帰という感じでした。自分でも「やれんのか?」と思っていましたがやれました。健康です。ニートのときよりすこぶ