ミヤザキタケル/映画アドバイザー

WOWOW・sweet連載、文春オンライン・映画boardにて記事執筆。 各種映画サイト・雑誌への寄稿、ラジオ・web番組・イベント・映画のカメオ出演など幅広く活動中。『GO』『ファイト・クラブ』『男はつらいよ』とウディ・アレン作品がバイブル。

自粛明けの映画館へ。

緊急事態宣言は解除されたけど、外食するのも、電車に乗るのも、人が大勢いる街に出るのも、ぼくは正直まだ怖い。コロナにかかるのは絶対に避けたいし、自分の命も…

人それぞれにできること、やれること

正直言うと、ぼくも金銭的余裕はない。 ただ、映画館がなくなってしまったら、ぼくの仕事や存在自体危うい状況になっていく。なので、5月に入り支払いタイミングが変わった…

今自分にできることは何か

Netflixに加入した。 あくまでも劇場鑑賞を推す人でありたかったので、サブスク関連への加入は頑なに拒み続けてきたのだけど、新たに決まった仕事の関係や、世の中の映…

映画体験って何ぞや?

よく「映画体験」という言葉を耳にするけれど、その定義とは一体何だろう。映画館で映画を観ることを指すのか、見知らぬ他人と同じ時間・空間・感動を共有することを指すの…

オラに元気を分けてくれ

祖母に会いに母が東京に来ていたので、仕事へ行く前にランチだけしてきました。 短い時間しか一緒にいられなかったけど、母にも会えたし、祖母に善光寺の御守りも渡せた…

映画との距離感

年末年始、実家に帰っている間に気が付いたことがある。 日頃週4〜5で試写を観るのが当たり前の生活を送っているのだけれど、帰省中は映画を一切観なかった。 一週間近…