見出し画像

定番の巾着の作り方~袋物の基本のキホン

幼稚園や小学校でも必要不可欠な巾着


これが出来ると一気に応用範囲が広がります。

袋物の基本のキホン

「巾着の基本の作り方」がわかると、裏をつけたり、持ち手をつけたりバッグなどへステップアップがしやすいです。

和柄の布で、マチをつけて浴衣着用時の巾着にする!なんていうことも、この基本があればこそ♪

応用範囲広いんです。

なので最初の作り方レッスンは「巾着」から始めたいと思います。

では、さっそく!!


ここで作っている巾着の大きさは横幅25㎝×縦30㎝です。

このサイズを作るのに必要な布の量:(90㎝巾でも110㎝巾でも)35㎝以上あれば作れます。


1.裁断する

両脇と底の部分にそれぞれ1㎝。口部分に3㎝の縫代をつけて裁断します。

同じサイズものを2枚裁断します。

サンプルのように天地がある布で作成する場合は、裁断地、柄の方向に気を付けてください。


2.底部分を縫い、縫い代の始末をする

底の部分を縫い合せ、縫い代を一方向に倒しアイロンをかけます。

※アイロンは、布を縫い合せるたび面倒でもかけましょうね。この一手間が出来上がりの大きな差になります。

その後、底の部分の裏表2枚合わせて縫い代の始末(ロックミシンやジグザグミシンなど)をします。

続けて両サイドの縫い代も始末します。


3.両サイドを縫い合わせる。

巾着なので、両サイドに「開き」を作ります。

底から開きどまりまでを縫い合せます。

この巾着では口になる部分から7㎝の開きにしています。

縫い合せたら、縫い代を開いてアイロンをかけます。


4.開き部分を縫う

開き部分に、「コ」の字型にミシンを掛けて縫って行きます。


5.口になる部分を三つ折りにしてミシンを掛ける。

縫う前に、先にアイロンで三つ折りにしておくと縫いやすいです。

しつけ縫いをしたり、ピンを打って固定してから縫うと良いですよ。


6.紐を通して完成

「5」で縫った口部分に紐を通すと完成です。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
3
好奇心旺盛な静かに熱い宇宙人クリエイター兼クリエイター応援隊。 アパレルメーカーのデザイナーを経てハンドメイドサイトを運営。 洋裁のほか心理学・ライティング・出版等、創造をカタチにすることが生きがい。 公式ブログはこちら⇒http://takekomiku.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。