見出し画像

契約を解除してみよう! 契約解除通知書のひな型【明確かつ穏便に解除する方法】

解除したい契約があるが、契約解除通知書のつくりかたがわからない方のためのひな型

すぐに解除したい契約があって、穏便かつ確実に解除したいから「解除通知書を送らなきゃ。」というときのためのひな型をつくりました。

「今月中にあの契約を解除したい。」
「あとくされなく、正式に解除する必要がある。」
「明確かつ穏便に契約を解除したい。」
「契約解除通知書のテンプレートがほしい」

そんなときはこの記事で公開するひな型をコピーして、契約解除通知書をつくってみてください。契約解除には注意点もありますので、あなたが適切に解除できるように解説します。

契約の解除とは?

先に少し説明しておくと、契約が「終了」するのは、本来は「契約期間が満了したとき」です。ゆえに、通常は契約の終了まで待つ必要があります。でも、何か理由がある場合は途中で契約をストップできます。たとえば相手が約束を守らなかった場合などです。これが契約の「解除」です。

契約による解除と民法による解除


どのように解除できるのかは、契約で決めることもできるため、たいていのビジネス契約書では「解除条項」があります。あなたが解除しようとするときも事前に必ず契約書を確認しましょう。

もし契約書が締結されていないとか、契約書に解除のルールが書いていない場合は、どういう約束になっていたのかが分かりませんから、民法のルールに従って解除することになります。民法による解除は、たとえば相手が「契約違反」をした場合には、あなたの意思表示で契約を解除できることになっています。債務不履行による解除といいます。

もう少し詳しく言うと、民法では、原則としてまず債務不履行をした相手方に相当の期間(ある程度の猶予期間)内に契約を履行するよう「催告」をして、相手がそれでも履行してくれない場合には、あらためて解除の意思表示(契約解除通知書を郵送するなど)すれば解除できるという決まりになっています。

補足:例外的に催告が不要な場合もあります。①定期行為といって、特定の日時又は一定の期間内に履行をしなければ契約をした目的を達することができない契約の場合に、契約の相手方が履行をしないでその時期を経過したときには、催告することなく契約の解除をすることができることになっています。誕生日のケーキ、結婚式のウエディングドレス、成人式の着物、のようなケースで、納品がなかった場合をイメージするとわかりやすいと思います。また、②契約の履行不能といって、債務の全部の履行が不能となった場合も、直ちに(催告することなく)契約を解除できます。さらに③相手方が履行拒絶した場合も同様となります。

勝手には解除できないことに注意

ただあなたが解除したい理由は、相手方の債務不履行とかではないかもしれません。たとえばあなたが「特に理由はないけれど都合が悪くなったのでやめたい」という場合、相手方にはなんら落ち度がないので、相手方の債務不履行にあてはまりません。この場合は、がまんして契約終了まで待つか、あるいは相手方と話し合い、相手と合意のうえで契約を終了させるしかありません。

ほんとうは、理想をいえば契約書にあらかじめ「〇か月前までに解約の予告をしたら解約できる」のようなルールが書いてあると、お互いに納得できるし、もめなくて済みます。だからやはり契約書をよく読んでから検討したほうがいいです。

損害賠償義務を負うこともある

業務委託の多くは「請負契約」か「委任契約」に分類されます。これらの契約には民法上、特別の解除権が認められています。

請負契約は、仕事が完成する前なら、注文者はいつでも契約の解除をすることができるとされています(ただし、解除をする注文者は請負人に対して損害を賠償する必要があります)。
委任契約は、当事者のどちらからも、いつでも契約を解除することができるとされています(ただし、相手方にとって不利な時期に委任契約を解除した場合には損害賠償義務を負います)。

いずれにしても損害賠償義務が定められているため、もしあなたが業務委託契約を自分の都合だけで解除すると、相手の損害を賠償する義務が生じるかもしれません。

契約解除通知書のポイント

契約解除通知書には、以下の3つのポイントを必ず含めてください。

契約解除通知書に書くポイント
①解除したい契約を特定する(締結日、契約名を明確に)
②結論がわかるように(解除します!)
③解除の理由や催告も(なぜ解除? 猶予は?)

具体的にするために、ひな型をつくりました。「契約にしたがって解除する」穏便なタイプと「相手が契約違反したから解除する」最後通告タイプがあります。


契約に従って解除する場合のひな型

単純に、契約通りの解約なので、あくまでも事務的なものです。

解約通知

                     〇年〇月〇日
株式会社〇〇〇〇
代表取締役 〇〇〇〇様
                       氏名

            契約解除通知書

私は、〇年〇月〇日付けにて貴社と〇〇〇〇契約を締結いたしましたが、当該契約第〇条に基づき、〇年〇月〇日を持ちまして解約いたしたく、本状をもってご通知申し上げます。

以上

不動産の解約通知

不動産の賃貸借契約を解約する場合のひな型です。

                     〇年〇月〇日
〇〇〇〇御中
             解約通知書

賃貸借契約について、下記の通り解約したく、本書面をもってご通知申し上げます。
               記
1物件名
2所在地
3契約者
4連絡先
5解約日

以上

「相手が契約違反したから」解除する場合のひな型

相手方の契約違反(いわゆる債務不履行解除)を理由にこちらから請負契約を解除する場合は、契約解除通知書にもそれが明確にわかるように解除の理由を記載しましょう。あくまでも相手に不履行があったことを明記します。仮にあなたの勝手な解除だとなれば、民法641条(注文者による契約の解除)によってあなたに損害賠償の義務が生じかねないからです。

民法 641条
(注文者による契約の解除)
請負人が仕事を完成しない間は、注文者は、いつでも損害を賠償して契約の解除をすることができる。

それと、解除の時期的な猶予である履行の催告も通知しましょう。債務不履行に対する解除の時期については、民法541条には「相当の期間」を定めて「催告」をしてから解除できる、と書いてあるからです。

(履行遅滞等による解除権)
民法第541条
当事者の一方がその債務を履行しない場合において、相手方が相当の期間を定めてその履行の催告をし、その期間内に履行がないときは、相手方は、契約の解除をすることができる。 

ようするに少しの猶予を与える必要があります。たとえば「本書面を受領後、7日以内に履行しない限り〇〇契約を解除します」とか「本書面を受領した日から7日の経過をもって解除します」などと記載します。

別に7日でなければならないわけではなく「2週間以内に」や「8日以内に」などとなっていても、間違いではありません。現実的に考えて極端に短くなければOKです。

契約解除通知書のひな型(相手方が契約違反をした)
 

                     令和◯年◯◯月◯◯日
株式会社◯◯◯◯
代表取締役 ◯◯◯◯ 様
                     株式会社〇〇〇◯
                               ◯◯◯◯
             契約解除通知書

当社は、貴社と下記の内容の◯◯◯◯に関する業務委託契約を締結しましたが、貴社が当該業務委託契約の第〇条に違反し、◯◯◯◯の業務について契約通りに履行をせず、再三にわたる催告にもかかわらず改善がみられないことから、貴社の当社に対する債務不履行は明らかであり、このままでは当該業務を正常に継続することができないと判断いたしました。
つきましては、◯◯◯◯年◯月◯日をもちまして下記契約を解除しますので、本書面をもってご通知申し上げます。
                記
1.契約日  平成◯◯年◯◯月◯◯日
2.内容   ◯◯◯◯に関する業務委託契約

以上 


契約解除通知書のひな型(相手が納期を遅延した)

                    令和◯年◯◯月◯◯日
株式会社◯◯◯◯
代表取締役 ◯◯◯◯ 様
                  東京都◯◯市◯◯町◯-◯-◯
                          ◯◯◯◯
            契約解除通知書
拝啓 貴社益々ご清栄のこととお喜び申し上げます。日頃は大変お世話になっております。
ところで、貴社と弊社との間に〇〇〇〇年〇月〇日付で締結した○○○〇業務委託契約(以下「原契約」といいます。)についてでございますが、本日以下の通りご通知申し上げます。
原契約にて規定されました〇〇製品の納期は、〇〇〇〇年〇月〇日とされておりました。しかしながら貴社がこの納期を遅延し、その後の弊社からの催告後も、納入されなかったので、貴社は当該納期に関する規定を遵守されていません。
弊社といたしましては、このままでは原契約に基づく業務を正常に継続することができないと判断いたしました。つきましては、本書面を受領の後、〇日以内に、原契約に規定する貴社の債務を貴社がすべて完全に履行されない限り、弊社は本書面にて、当該〇日の経過を持ちまして原契約を解除することといたします。(尚、当該契約の解除は民法641条に基づく趣旨ではございません。)
以上誠に遺憾ながらご通知申し上げます。

以上 

契約解除通知書の実例(請負契約違反に基づく違約金の請求)

                         年  月  日

          業務委託契約解除通知書

( 受 注 者 ) 様
            〇〇県〇〇〇〇〇公社理事長

  年  月  日付けで貴社と委託契約を締結した次の業務について, 貴社が土木設計業務等委託契約約款第41条第1項第○号に該当すると認めたので,当該規定により当該委託契約を解除します。 ついては,土木設計業務等委託契約約款第41条第2項の規定により違約金 として,  年 月 日までに金○,○○○,○○○円を,別途送付する納入通知書にしたがって支払ってください。
1 委託業務名
2 業務委託料
3 履 行 期 間  着手   年 月 日  完成   年 月 日

まとめ

・契約解除通知書は、日付、タイトル、当事者名称、契約書の名称を書く
・どういう理由で解除するのか? 具体的な解除理由を確認しましょう
・履行の催告の「相当の期間」は1週間前後で任意に決めてOKです
・原因が相手の債務不履行の場合に自己都合の解約と誤解されないように明記しましょう(当該契約の解除は民法641条に基づく趣旨ではございません。)

以上がひな型です。自信をもって契約解除にチャレンジできるのではないでしょうか。良い結果となりますことを願っています。

追伸


申し遅れましたが、私は契約書の専門家として平成15年から行政書士をしている竹永 大(たけながひろし)といいます。「契約書でビジネスを守ろう!」という感じで、誰もが契約書を身近に感じられるような情報発信を目指しています。そこで、ビジネスを守るための契約書ひな型、テンプレートを発信するためにnoteをはじめました。

noteのほうはまだまだ初心者ですが、おかげさまで開始から80日ほどですでに8万人以上の方にご覧いただくことができました(2020/5/20現在)。実際にこれまでの経験から、実績が多数出ているひな型、書式テンプレートを公開していきます。何かの折には参考になさってください。

これからも中小企業やスモールビジネス向けに契約書のひな型や重要な情報を公開していきます。よかったらまた見に来て下さい。あなたとあなたのビジネスを守る手段になれば幸いです。

あと、Twitterもやっていますのでよかったら見に来てください。@takecyan

あわせてお読みください


契約書のひな型をまとめています。あなたのビジネスにお役立てください。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

もしこの記事が少しでも「役に立ったな」「有益だな」と思っていただけましたら、サポートをご検討いただけますと大変嬉しいです。どうぞよろしくお願いいたします。

ありがとうございます(^^)/
35
1973年東京生まれ。平成15年から契約書専門の行政書士。著書2冊「わかる!使える!契約書の基本」(PHPビジネス新書)「契約書の読み方・作り方」(日本能率協会マネジメントセンター)。ホームページ https://www.thebestagreement.com/