見出し画像

【スペイン観光】地中海の楽園 マヨルカ島/バレアレス諸島

スペインの島と言えばどこを思い浮かべますか?
有名なのはテネリフェ,イビサ、マヨルカ、メノルカ、グラン・カナリアと私の知らない島々がまだまだあると思います。

私がスペインに移住してから2年程経ちますが、実はスペインの数ある離島の中で行ったことがあるのはマヨルカ島だけです。

今回は、マヨルカ島についてご紹介します。

Isla de Mallorca/マヨルカ島

画像1

マヨルカ島は地中海に浮かぶバレアレス諸島最大の島で、日本の沖縄本島の約3倍です。
バレアレス諸島州の州都は、マヨルカ島のパルマ・デ・マヨルカ。

マヨルカ島は地中海性気候で夏は暑く、冬は温暖ですが冬季は大雨が降る事もあります。夏は乾燥した暑い気候です。


気温は、冬場が約10℃~15℃、夏場が約27℃~32℃。
海水の温度も高く、夏場は約25℃冬場の1月、2月は約16℃です。

余談ですが私がマヨルカ島を訪れた理由は、10年前にサンセバスチャンのレストランで一緒に研修していた友人を訪ねるためです。

彼はずっとスペイン各地を周り、郷土料理を勉強し続けていたのです。
そして、彼につきっきりでマヨルカ島を案内して頂きました。

マヨルカ島の人口は2018年で90万7,200人と、年々増加傾向にある大都市です。
私が想像していたよりはるかに大きな都市でした。


大昔の氷河期では、メノルカ島とマヨルカ島は、陸続きだったそうです。

行き方

(例)2020年8月9日~8月15日

成田⇔マヨルカ島 19時間 150,750円 乗り継ぎ2回

観光

画像2

マヨルカ島はドイツ人、フランス人、イギリス人の順番で外国人が多く、最近ではロシア人も増えているそうです。やはりこれだけ大都市のリゾート地は住み心地が良いのでしょうね。


マヨルカ島に到着して最初に入ったバルで驚いたことが一つ。なんと店員さんがスペイン語を話しません。


店員さんはドイツ人だったのです。マヨルカ島では多くの外国人が働いているそうです。
レストランに行くとドイツ語、フランス語、英語のメニューがあります。

Catedral de Palma/パルマ大聖堂

画像3

画像4

画像5

13世紀から400年かけて作られたパルマ大聖堂。午前中に行くと太陽の光が良い感じにステンドグラスから差し込み、幻想的な空間に包まれます。

Castell de Bellver/ベルベル城

画像6

画像7

画像8

画像9

パルマ中心地から約3km離れた丘にあるゴシック様式の古城。その昔マヨルカ王の居城として作られた後に、18世紀から20世紀の間には軍用刑務所として使用されました。

ここから眺める景色もなかなかなものです。

Cuevas de Drach/ドラック洞窟

画像10

画像11

(出典:WIKIPEDIA)

長さ1200m深さ25mのドラック洞窟は、世界最大の地下湖の一つと言われています。

「ドラック」とは、カタルーニャ語でドラゴンの意味。鍾乳石が龍の牙に見えたことからつけられた名前だそうです。マヨルカ島ではバルセロナと同様にカタルーニャ語を話しますが、マヨルカ島の方言もあり「Mallorquin(マジョルキン)」と呼ばれています。

Alcúdia/アルクディア

画像12

画像13

(出典:WIKIPEDIA)

マヨルカ島の北部を代表する街アルクディアは、大型リゾート観光の中心地です。
アルクディアの西部にあるアルクディアビーチは、全長7kmもの長さがありバレアレス諸島最大のビーチです。

Valldemossa/バルデモッサ

画像14

画像15

人口約2000人のバルデモッサは、音楽家のショパンが1838年から1839年の冬を過ごしたと言われています。この小さな街には絵のように美しい通りがあり、ショップやアートギャラリー、レストランやカフェが点在しています。

島の賑やかな観光地のビーチから、少し離れて静かな雰囲気を過ごしたい方は良いかもしれませんね。

Puerto de Sóller/ソーリェル港

画像16

画像17

画像18

ソーリェル港は、ソーリェル村との間を木製のアンティークな路面電車で観光できる事で有名です。
かわいい小さな村を通って港の方まで電車でゆっくり街の間を縫って走ります。
パルマ ・デ ・マヨルカの駅からソーリェルまで鉄道で行き、ソーリェルで路面電車に乗り換えてソーリェル港まで行くことができます。鉄道と路面電車がセットになった往復券も売っています。

マヨルカ島のおすすめビーチ5選

画像19

画像20

画像21

画像22

★Playa de Palma/パルマビーチ
★Playa de Illetes/イレテスビーチ
★Playa de Canyamel/カニャメルビーチ←パルマ(パルマ・デ・マヨルカ)中心地から遠い
★Playa de Alcudia/アルクディアビーチ←アルクディアの街
★Playa de Cala millor/カラミジョールビーチ←パルマ中心地から遠い

パルマの中心地に宿泊する人には、パルマビーチが一番近くて便利です。

Mercado/市場

画像23

画像24

画像25

画像26

・Mercat de l’Olivar
・Mercado Gastronómico San Juan

パルマ中心地にはいくつかの市場があります。
私が訪問したのはMercat de l’Olivarです。


市場の中には魚や魚介類などが売られていて、バルもたくさんあります。
色々なお店のタパスを食べても楽しいですね。
私は11月のシーズンオフに行ったのですが、中は超満員でした。食べる場所の確保に手こずりました。
マヨルカ島特有の魚も並んでいて、見ているだけでも楽しいです。

マヨルカ島のミシュランガイド掲載レストラン

画像27

<星付きレストラン>
★マークは星の数です。
①Restaurante Zaranda/★★
②Restaurante Adrian Quetglas/★
③Restaurante Argos/★
④Es Fum/★
⑤Restaurante Es Racó d’es Teix/★
⑥Restaurante Jardín/★
⑦Restaurante Andreu Genestra/★
⑧Restaurante Marc Fosh/★

おすすめバル&レストラン

①La Rosa Vermutería & Colmado
②La Botana
③Beewi
④Molt de gust
⑤Tast Club
⑥Molta Barra
⑦Tapas del Flanigan
⑧Celler Pagés

<マヨルカ島の郷土料理>

画像28

Tumbet(マヨルカ風野菜の煮込み)

画像29

Manita de cerdo(豚足)

画像30

Cordero(子羊)

画像31

Habas(小粒ソラマメ)

今回、私達が実際に行く事ができたお店は、8番目のCeller Pagésというマヨルカ島の伝統料理のレストランです。

最近のスペイン料理のイメージは、オシャレで繊細なアートのような料理をイメージされる方もいると思いますが、本来スペイン料理はとても素朴で素材を生かしたシンプルな料理だと私は思っています。

マヨルカ島の名物料理

画像32

●Sobrasada/バレアレス諸島のチョリソ
●Ensaimada/マヨルカ島名物の菓子パン
●Coca de trampó/マヨルカ島のピザ
●Frito mallorquín/豚や子羊のレバーと野菜とハーブのソテー
●Arroz brut/野菜とキノコと腸詰のリゾット
●Tumbet/マヨルカ風野菜の煮込み
●Caracoles/カタツムリ煮込み
●Empanada de anguilas/うなぎパイ


特産品

画像33

画像34

画像35

画像36

★Licor de hierbas/ハーブリキュール
★Cesta o Senalla籠バッグ
★Siurell/陶器の人形
★Vino mallorquin/マヨルカ島産ワイン
★Aceite de oliva/オリーブオイル
★Floe de sal de es Trenc/フレーバー塩
★Perfume de flor de almendro/アーモンドの花の香水
★Cerámica mallorquina/マヨルカ陶器

私がマヨルカ島を訪問したのは11月だったので、次回は真夏に行ってみたいです。最低3日は滞在出来ればいいかな。レンタカーもあればさらに楽しめそうです。

BUEN VIAJE!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートよろしくお願いします🙂 スペインから投稿しています。

Hola 👋
8
⚫スペイン在住料理人兼ブロガー ⚫起業準備中 ⚫スペイン料理レシピ発信 ⚫スペイン語レベル中級以下 ⚫スペイン情報発信 ⚫スペイン語 ⚫留学、移住 ⚫履歴 ⇒スペイン料理人 ⇒留学 ⇒帰国 ⇒渡西 ⇒共同経営で起業 ⇒共同経営辞める ⇒新規起業準備中 ⇒ブログ開始 ⇒外出禁止令
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。