見出し画像

精神科に行くことの偏見【過去ではなく現在の話】


パニック障害であることを告白したコメンテーターなどで活躍する作家の古谷経衡さん。高校生の時に発症するものの、親に「精神科に行くなんて、家名に傷がつく」と言われ、保険証を取り上げられ病院に行けなかったそうです。

この対談記事が、ヤフトピに入り、かなりの人に読まれました。

スクリーンショット 2020-09-09 13.20.40

古谷さんは元ネトウヨという経歴。ネトウヨに本当に私は叩かれるので、どういう生態なのか、その付き合い方はどうすべきかなどというお話をお伺いしたいと考えオファー。

そして、古谷さんと対談するなら、何をお話したらいいか考えていたところ、著名人でパニック障害を公表し、その内容を赤裸々に語っている人は多くない。だから、その体験談をお話していただくことに意味があると考え、お話させていただきました。

すると、驚愕。古谷さんの親は毒親で、「北海道大学に入れないと人ではない」と常に勉強しているか古谷さんを監視。ストレスが溜まり、高校生の時にパニック障害を発症。学校生活がなかなか難しく、周囲の理解が得られない中も、それを乗り越える古谷さんの話は、ぜひ若くて、同じように悩む方に届けたいと思いました。そこで、若者のニュースメディアである朝日新聞のwithnewsさんにお願いし、コラボさせていただきました。

公開後、Yahooのコメント欄を見てショックを受けました。
「私もそうです」というコメントがたくさん。

急いで何人かの精神科の先生に連絡したところ、古谷さんの話は過去の話ではなく、まだまだ周りが「精神科に行くのは恥だ」といい、病院に来るのが遅れるケースはよくあると。

「精神科への偏見」は昔の話ではなく、現在進行形の話なことに驚きました。あれだけ、テレビで精神病のことを取り上げても、まだまだ差別や偏見があるのか。病院に行ったら、楽になるのに、それを偏見により受けられない人がいるなんて。

想像とは違う反応でしたが、出してよかった。
出すべきだと思った動画です。

よろしければ、ぜひ記事と合わせてご覧ください。

<<パニック障害>>

・記事
「家名に傷」パニック障害でも保険証使えず…古谷経衡さんの苦しみ「ネットあてにせず、ぜひ病院に」
https://news.yahoo.co.jp/articles/75698c4a873d05da2b01614eee0c414ffb3176c2


・動画
精神障害者手帳を保有者・古谷経衡が語るパニック障害との向き合い方
https://youtu.be/xquO-t_0BSk


<<ネトウヨ>>
・記事
“脱ネトウヨ”した古谷経衡さんに聞く ネトウヨの生態と、付き合い方
https://note.com/takamatsunana/n/n0de6b114d5c9

・動画
元ネトウヨ論客・古谷経衡が語るネトウヨの儲かるビジネスの仕組み
https://youtu.be/8kG5Ga8bfV8


【クラウドファンディング残り2日】
●社会問題を解決するYouTube番組を作りたい!
https://camp-fire.jp/projects/view/229341

動画制作はお金がかかります。
目標金額は達成しましたが、引き続きご支援お願いします。

ご支援いただいた方、ご拡散いただいた方、
改めて心より御礼を申し上げます。

たかまつなな

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

基本的にすべての記事は無料でご覧いただけます。もし有益だと思っていただけたらサポートいただけますと幸いです。「笑いで世直し」するための活動費(イベント代、取材費等)として大切に使わせていただきます。

御機嫌よう
53
笑いで世直し中!お笑いジャーナリスト、株式会社 笑下村塾 取締役 芸人、起業家、YouTuber、作家、コンサル、企画屋【所属】(株)笑下村塾【著者】政治の絵本 ※個人の意見であり、所属組織、勤務先とは一切関係ありません
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。