新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

すべての子どもたちに「安心できる居場所」と「生きる力」を 【121/200】


理事を務めているNPO法人HUG for ALL(HFA)の WEBサイトがリニューアルされました。




今回のWEBリニューアルでは、サービスグラントのプロボノ助成を受け、半年間、プロボノメンバーの方々に伴走いただきました。

プロボノ助成の申込をしてからコロナ禍が本格化し、助成審査もいったん保留となり、当初の予定から半年ほど遅れてのプロジェクト開始となりました。

本来なら対面でのキックオフから始めるプロジェクトも、全工程・全メンバー、フルリモートでの進行。

様々な制約の中で、プロジェクトメンバー皆さんの献身的な尽力のおかげで、我々HFAが目指していること、やっていることの本質的な意味を改めて発見・確認することができたと思います。



プロボノメンバーの皆さんと固めたリニューアルコンセプトをもとに、サイト構成・デザインはサイカンパニーさんにお力をいただきました。

コンセプトをどう表現するか、深いところから相談に乗ってくださり、HFAの想いを、HFAらしいカタチに表すことができました。

クライアントとベンダーという関係ではなく、パートナーとして密に相談しながらひとつのものをつくる。
そんな関係性で今回のWEBサイトを生み出すことができたことを、とても幸せに思います。



WEBを見ていただければ、HFAがどんな団体で、どんな活動をしているのか、わかると思いますが、僕の目から見たHFAについては、こちらをお読みいただければと思います。

多様な大人たちがお互いをリスペクトしてつながり、社会の宝である子どもたちに寄り添い続けていく。

子どもたちがやがて、僕らの仲間となり、さらに次の世代の子どもたちに向き合っていく。

その活動すべてが、HFAのやるべきことなのかなと思っています。



最後に、今回のWEBリニューアルにあたって、自分が最も想いを込めたコピーについて。

未来に希望を持てないのは、子どもたちの自己責任でしょうか?
生まれてきた環境によって、自分の未来まであきらめなければならない。
わたしたちが暮らしているのは、そんな"冷たい社会“ではないはずです。


すべての子どもたちに「安心できる居場所」と「生きる力」を。



その想いを胸に、シンガーソングライターとして、NPOのメンバーとして、そして一市民として、毎日を生きていきたいと思います。


大変な毎日が続きますが、皆さんも、どうかお元気で。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ヤマカワタカヒロ

noteを読んでくださりありがとうございます。 歌を聴いてくださる皆様のおかげで、ヤマカワタカヒロは歌い続けることができています。 いつも本当にありがとうございます。

励みになります!
6
社会的養護支援につながる音楽フェスを立ち上げる。 ミュージシャン/NPO法人HUG for ALL理事/教育関連企業のPMOエキスパート/モノノフ&タフ民 https://the-brand-new-amsterdam.amebaownd.com/