見出し画像

どこに向かっていく。

髙橋 直揮

本日の地元紙朝刊に県議会議員の旧統一教会への関わりに関するアンケート記事が出ていた。一面の記事にするほどの価値があるテーマなのかと思いつつ読んだ。

これまで数々の社会的問題や搾取、多くの被害者を生み出してきた宗教であるので、仕方がないと思う反面、過剰に反応しすぎているようにも思える。

ズブズブな関係の国会議員や、自民党との関係があったが故、これも仕方ないとも思うのだが。


旧統一教会の問題を掘り起こしたのは、安倍元総理大臣の銃撃事件である。

そして安倍元総理大臣を殺害したのは、「山上容疑者」である。

安倍元総理が亡くなって、この問題が注目されるようになり、毎日のようにあらゆる報道がされ、今、一番、達成感を感じているのは、もしかしたら山上容疑者なのではないのだろうか。

この平和な日本でテロが平然と行われ、あらゆるテロに屈さないと岸田総理も発言され、そしてそのテロリスト山上の目的でもあった旧統一教会の問題が注目されることになったが、裏を返せば、報道に関しては山上容疑者の目的を後方支援しているようにも思える。

報道での情報しかないので事実はわからないが、山上容疑者のもとには数々のカンパや減刑を求める署名などが集まっているという。

どんな不幸な境遇にしろ、人を殺害した人間に対してである。


「罪を憎んで人を憎まず」という言葉がある。

私もそう思っている一人ではある。しかし今の日本の報道、特にワイドショーは、旧統一教会の実態を掘り起こすだけ掘り起こし、山上容疑者を「悲劇のヒーロー」に仕上げてしまう可能性があるのではないかと危惧している。

山上容疑者による殺害は「行為は間違っているが、旧統一教会の問題を洗い出すためには仕方なかった」と、思われても仕方ない報道が多いように感じる上に、今の状況は、犯罪者による暴力・殺害・犠牲によって、日本の抱えている社会の不条理や理不尽を変えられるという意識を芽生えさせる危険性も潜んでいるのではないのか。

ちなみに私は、旧統一教会からの様々なアプローチは一切ない。

あるとすれば、以前、noteに書かせていただいた程度である。
https://note.com/takahashi_naoki/n/n4fa1fb018fd4


本日の地元紙朝刊のアンケートに、関わりがない議員のコメント欄に
「今後、旧統一教会や関係団体との関係をどうしたいか」との問いがあったので、私の答えを書かせていただきます。

「これまで関わりを持っていないので、関係をどうしたいかは答えようがない。関係を持った議員であれば今後の関係について、お答えできるとは思う。」

「しかしながら、どこの宗教でも同様であるが、一県民・一有権者として県政の施策に関する生活の相談等があれば、職務として、一議員として相談はお受けする。」

「仮に旧統一教会、その関連団体や同様の宗教団体から選挙応援等の申し出があった場合は、お断りするだろう。政治信条や思想、県議としてのこれまでの評価や今後の期待で応援していただけるのであれば、選挙区の一有権者として投票行動で応援していただけるようお願いしている。」

と、回答したのであった。


髙橋 直揮
新潟県議会議員 2011年の統一地方選にて新潟市西区選挙区にて40歳で初当選。 趣味は日帰り温泉巡り、サウナ、ジョギングなど。 公式ホームページ https://takahashi-naoki.jp/