マガジンのカバー画像

ぷろおごマガジン

ぷろおご菌が生きたまま腸に届く。苦悩とひまの消化を助けます。
月20記事〜更新。「24時間ずっと楽しく暇を消化し続ける才能」を持つ浮浪者のぼくが、お前らに「人生… もっと詳しく
¥698 / 月 初月無料
運営しているクリエイター

記事一覧

固定された記事

『ぷろおごマガジン』の、ご案内。

人に奢られることを生業とし、4000人以上に奢られ、Twitter・TikTokでは、それぞれ100,000人以上のフォロワーを持つ、稀代の浮浪者(?)である「プロ奢ラレヤー」の「生の声が聞ける唯一の有料マガジン」をご紹介します。 購読者の特典 ▼ 契約月に更新されるマガジン記事すべて &2021年以降の一部の過去記事 が読み放題に! ▼限定のコミュニティへの参加権。 ▼限定の生ライブの視聴権。 ▼「裏アカ」のフォロー権。 ▼秘密基地(池袋付近)への招待権。 現在、主に

スキ
150

ぷろおご日記:6月26日 「つよいきもちは大きな苗だよ」

つよいきもちは大きな苗だよ。みんな、ついつい「つよくてデカいもの」にあこがれるんだ。ぜったい勝つ、とか、100点満点とか、完璧で隙もない、とか。そういうの。 でもね。

スキ
134
有料
100

このつぶやきはマガジンを購入した人だけが読めます。

スキ
29

ぷろおご日記:6月25日 「重大なものほど、遅れてやってくる。」

ものごとにも、重さがあるとおもうんだ。それは、深刻さとか、べつにそういうんじゃない。そうだな、ちょうど堅苦しい物理学者が言うような、重さ。つまり、質量とでもいおうか。

スキ
163
有料
100

ぷろおご日記:6月24日 「ひとは、ちいさく生まれ変わっているのかもしれない。」

そういえば、こんな文章を書いたな。 と、思い出すようなメッセージが今ちょうどとどいていたので、共有する。

スキ
133
有料
100

ぷろおご日記:6月23日 「ゴミ袋から溢れ出た空きカンのように、ね」

どれだけぼやっと生きていたとしてもさ。ふしぎなことってのは、いくつか起こるもんなんだ。生きてれば良いことがある、なんて言うつもりはないよ。生きていたって、そのひとの「良いこと」が少なすぎたなら、良いこともないかもしれない。でも、なんだかよく分からない、べつに願ったわけでもない、ふしぎなことは、起こるってもんなんだ。

スキ
91
有料
100

このつぶやきはマガジンを購入した人だけが読めます。

スキ
7

悪魔的仕草と暴力性。感情に囚われた人々の救いとは…?◆感情は、すぐに脳をジャックする(下)【週刊スラムvol.65】

週刊スラムは、三ツ星スラムの機関紙としてスラム内トピックスをお届けしております。

スキ
48

ぷろおご日記:6月20日 「居場所がない、というきもち」「年収200万では豊かに生きられない?」

「あなたは必要だ」と言われたいんだよな。でもそれは、海のしおっからい水で、喉を潤そうとするようなもんなんだ。居場所がない、というきもちは、「必要」では満たせない。

スキ
207
有料
100

このつぶやきはマガジンを購入した人だけが読めます。

スキ
35

ぷろおご日記:6月19日 「知は女みたいなものなのかもしれない」「知を探究する人生の脆弱性」

知を探究する、とかっていうと大袈裟にきこえちゃうかもしれないけどね。いいたいことは分かってもらえるとおもう。つまり、何に重きをおくかってはなし。知を探究することに重きをおく人生って、意外ともろいんじゃないか、ってことなんだ。

スキ
131
有料
100

このつぶやきはマガジンを購入した人だけが読めます。

スキ
8

ぷろおご日記:6月17日 「日本の『政治への期待』は、集中治療医へのそれと似ている」

政治に関心をもてない理由のひとつ。 日本の『政治』への期待は、集中治療医へのそれと似ている。

スキ
113
有料
100

結婚は靴下...世界は単純で、同じくらいに複雑なんだ◆感情は、すぐに脳をジャックする(上)【週刊スラムvol.64】

週刊スラムは、読書サークル三ツ星スラムの機関紙としてスラム内トピックスをお届けしております。

スキ
46