見出し画像

2021 J2リーグ第17節 ツエーゲン金沢 VS 大宮アルディージャ 思いを繋げろ

勝ててない者同士の戦いとなった今節。どちらが勝ったから思いが強いとかいう問題ではなく、次やその次に思いを繋げられるかどうか。

スタメン

画像1

金沢は嶋田くんが大宮からのレンタル選手の為、出場できず。大橋くんがスタメン復帰し、本塚くんが右SHに入った。そして丹羽→杉浦恭。丹羽くんがベンチにも居なかったことは意外だったが、それより大谷くんが戻ってきていた事が気になっていた。もちろん使われ方である。

画像2

大宮は昨年金沢にいた山田くんがCBでの初先発。その横にいる馬渡くんも元金沢。4-1-4-1となっているが、三門くんが小島くんと同じような高さにいた事が多かった為、4-4-2のように見えた。佐々木監督の2戦目。天皇杯を最後に新監督に今後を託す。

さすがに今年の昇格は難しいだろうが、岩瀬さんにしろ霜田さんにしろ土台を固めたい感じが伝わってくる人事だ。岩瀬さんは結果が悪すぎたがメソッドはしっかりとしたものを持っている。岩瀬さんも霜田さんも時間はそれなりに掛かる事は考えないといけないだろう。ただ、今は降格圏。時間的余裕はあまりない。

大宮の誤算

佐々木監督は相手に合わせて4-4-2っぽくしてきた事で、マッチアップした相手に負けないという事を重視してきていたように思う。山田くんを起用してきた事もその1つの表れではないか。山田くんは金沢戦で3試合目の出場。出場機会に恵まれているとは言えないが、昨季途中から加入してWBのポジションを開花させるなど、元々頭の良い選手。他にもCBがいる中で、金沢での苦い経験が勝利に繋がると佐々木監督が思ったとしてもおかしくない。

だが、結果的に大宮が2シャドーにしなかった事が金沢に良い結果をもたらした。昨年までの大宮ならどうなっていたかわからない。マッチアップがはっきりしている事で庄司・石尾はあまり迷わずに守る事が出来ていたし、その事もあって松田くんや特に渡邊くんがセカンドボールを拾ったりボール奪取出来ている場面も見られた。

本塚・ホドルフォもサイドでの位置取りに終始せず、内に絞ったポジショニングをする事で瀬沼くんがサイドのスペースに走る事が出来たり、FWのポストプレーのボールを受ける役割への意識、セカンドボールへの意識も強かった。

しつこく狙え

PKを貰ったシーンもチットさんが渡邊くんのほうへ近寄ったところの空いた前のスペースを使って、山田くんと1対1になりボールを浮かせて抜こうとしたところ山田くんの腕に当たりハンドの判定。こういう狙いを大事にやっていく事で生まれたゴールだと言える。

瀬沼くんのゴール後から後半の最初まで、大宮は前に出る事が出来なくなってしまった。今後はこういう時間帯を逃さずに追加点を獲る意識の高さが必要になってくる。

実際ハスキッチさんの入った後半残り30分以降は、大宮に多くの決定機を作られてしまい、金沢の攻撃は大谷くんのスピード頼みとなってしまった。試合を観ればわかるが、もう一度みるのが面倒なら試合速報のテキストをみれば一目瞭然だ。↓↓↓

この試合に限った話ではないが、金沢のファーストディフェンスの強度が弱く、簡単にミドルサードからディフェンシブサードにボールを運ばれてしまう。今節も試合を通してもう少し強めにプレッシャーに行けていれば前でボールを奪えるという場面が何度か見られた。

5人交代出来るのだから、どうせならもう少し明確に残り30分でFWとSHを替えるから強度を下げずに頑張ろう、という事も出来るのではないだろうか。実際去年はそんな交代も多々あった。

大谷の起用法

あとは、ヤンツーさんはチーム戦術に9割くらい重きを置くが、個人戦術(と今回はあえて書くが、そこよりも基本的な個性を活かすという事)を重要視しない。もちろん「この仕事をして欲しいから適任を置く」ことはするが、「この人が最大限個性を発揮できる」状況を作ることはしない。

だから大谷くんがFWとして起用されたのは、ヤンツーさんが考えられる大谷くんの起用法の最大値だ。

もちろん足が速いという事が大谷くんの特徴であるが、大谷くんはおそらく金沢の誰よりも裏を獲るのが上手い。一発長いボールを蹴って走らせても、今までと同じような場面にしかならないのだ。サイドに蹴り出しても真ん中に行くまでに相手ディフェンスが間にあうし、中央なら競り合いとなり分が悪い。ロングボールを蹴るより、持たせてドリブルで勝負させるほうが彼のスピードが活きる。

78分52秒に、高安くんがボールを受け前を向いて裏に抜けようとする大谷くんにパスを出してカットされてしまう場面があるのだが、こういう場面を何度も作り出す事で大谷くんが最も輝ける。

感想

改善点は山ほどある(たぶんYOUTUBEで吐き出します)が、最も重要な事はこのようやく掴んだ勝利を無駄にしない事だ。次節の愛媛は順位こそ20位だが、磐田や琉球とも互角にやり合える相手。ミラーゲームになりそうにないので今節のようにはいかないだろう。金沢は天皇杯がミッドウイークにあるが愛媛には無い。セヌの思い、セヌへの思いを今回だけのものにしてはいけない。ツッパリナイトに閑古鳥が鳴かないようにするためには、これ以上順位を下げられない。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
タギリスト

ツエーゲン金沢応援集団「RED TAG」運営費用としてありがたく使わせていただきます

ツエーゲンは強いげん
7
中邑真輔を愛して止まないプロレスファン歴30年以上です。挑戦よ、さようなら。新しい未来をみんなで作ろう。自分なりの方法が「サッカーを語り合う事」と思い【ツエーゲン金沢を強くするための分析】を開始。新ツエーゲン応援集団「RED TAG」代表。