テスラ(TSLA)が2021年4Qの決算発表
見出し画像

テスラ(TSLA)が2021年4Qの決算発表

tack

テスラ(ティッカーシンボル:TSLA)が2021年4Qの決算発表。

EPS予想2.26ドルに対して結果2.54ドル👍
売上高予想16.35Bドルに対して結果17.719Bドル👍
売上高成長率は前年同期比+65%

EPS、売上高共にコンセンサス予想を上回った🆗

EPS、売上高共にOK🙆‍♂️でした。

4Q決算財務ハイライト

売上高
第4四半期の総収益は前年比65%増の177億ドルでした。
前年比、収益は以下の項目の影響を受けました:+車両配送の増加
+ビジネスの他の部分の成長

収益性
第4四半期の営業利益は前年同期比で26億ドルに改善し、営業利益率は14.7%になりました。 この利益レベルに達したのは、2018年のCEO賞である第4四半期の2億4500万ドルに起因するSBC費用が発生したためです。これは、最後の2つの運用上のマイルストーンが発生する可能性が高いためです。 前年比、営業利益は主に以下の項目の影響を受けました。

+車両あたりのコスト(COGS)をさらに削減

+車両配送の増加

+自動車リースおよびサービスおよびその他の事業の収益性の改善

-主に2012年のCEOアワードオプション行使に対する3億4000万ドルの給与税による販売管理費の増加-原材料、商品、ロジスティクス、および迅速なコストの上昇

-特定の車両バッチに関連する保証とリコールコストの増加

現金

第4四半期の四半期末の現金および現金同等物は、主に28億ドルの純現金収支に牽引され、15億ドル増加して176億ドルになりましたが、純負債および金融リースの返済額は15億ドルでした。 車両およびエネルギー製品の融資を除いた総債務は、2021年末にわずか14億ドルに減少しました。

セグメント別ハイライト

車両容量

第4四半期には、グローバルなサプライチェーン、輸送、労働、その他の製造上の課題が継続し、工場をフル稼働させる能力が制限されていました。

米国:カリフォルニアとテキサス

モデルYのビルドは、2021年後半にテキサス州ギガファクトリーで開始されました。 オースティン製モデルYの最終認証を取得し、お客様への納品を開始する予定です。

フリーモント工場は2021年に記録的な生産を達成しました。年間60万台を超える全体的な生産能力を拡大する可能性があると考えています。 私たちは、新しい工場を立ち上げながら、フリーモント工場からの生産量を最大化することを目指しています。

中国:上海

モデル3とモデルYの両方の生産は、2021年を通じてさらに増加し​​続けました。現地生産は、車両1台あたりのコストを削減し、グローバルサプライチェーンの安定性を向上させるために不可欠です。 ギガファクトリー上海は、引き続き主要な輸出ハブです。

ヨーロッパ:ベルリン-ブランデンブルク

車両製造プロセスを通じた機器テストは2021年後半に開始されました。現在、地方自治体からの製造許可を最終決定しているところです。これにより、ヨーロッパでのドイツ製車両の納入を開始できるようになります。 これらの最初の車両は、2170セルを使用して製造されます。

コアテクノロジー

自動操縦および完全自動運転(FSD)

チームは引き続きFSDBetaソフトウェアを繰り返し、四半期を通じて7つのアップデートをリリースしました。 FSDベータ車両の数を第3四半期の数千台から今日の米国では約60,000台に増やすことに成功しました。

IIHSは、ビジョンのみのバージョンであるモデル3とモデルYに、衝突回避機能で「優れた」スコアを与え、最高の評価であるTop Safety Pick +を授与しました。

車両ソフトウェア

第4四半期に、カスタマイズ可能なアプリランチャー、簡素化されたコントロールメニュー、ダークモードの外観のサポートを備えた新しいユーザーインターフェイスをリリースしました。 追加機能には、方向指示器がアクティブなときの車の死角のライブビュー、編集可能なナビゲーションウェイポイント、および多数の新しいゲーム、エンターテインメント、オーディオ機能が含まれていました。 四半期の初めに、セントリーモードがアクティブなときに、車のカメラのライブビューをモバイルアプリに追加しました。

バッテリー、パワートレイン、製造

製造業はテスラの重要なコアコンピタンスです。 EVは高価なバッテリーのために構造的に不採算であると見なされることがよくありましたが、製造革新、専用車両、および工場がコストの懸念を解決すると確信していました。 テスラは、2021年第3四半期(最後に広く報告された四半期)に、すべてのボリュームOEMの中で最高の営業利益を達成しました。 車両1台あたりのコスト(COGS)は、2021年第3四半期と第4四半期の両方で約36,000ドルに減少しました。大型鋳造品、構造バッテリーパック、4680セルなどの現在のプロジェクトは、製品コストを最小限に抑え続けるのに役立つと考えています。

その他のハイライト

エネルギー貯蔵

エネルギー貯蔵の展開は、主に強力なMegapackの展開により、2021年に前年比で32%増加しました。 需要は容量を大幅に上回っているため、成長は供給によって制限されています。 増大する需要に対応するために、専用のメガパック工場を建設中です。

ソーラーレトロフィットとソーラールーフ

2021年の太陽光発電の導入は345MWで、前年比68%増加し、現金/ローンの購入がほぼすべての太陽光発電の導入を占めています。 ソーラールーフの展開は2021年に前年比でほぼ3倍になり、第4四半期も順次成長を続けました。 エネルギーの収益性を高めるために、特に設置に関して、さらなるコスト改善を行っています。

サービスおよびその他

2021年には、サービスおよびその他の粗利益率は-2.7%に増加し、5年間で最高のパフォーマンスとなり、2021年第4四半期の損益分岐点を上回りました。 中古車販売は2021年も引き続き好調でしたが、他の地域からの利益貢献



注目指標のハイライト

Operating margin: 14.7% (+940bp)
FCF: $2.775B (+49%)

生産台数

S/X: 13,109 (-19%)
3/Y: 305,840 (+79%)

納車台数

S/X: 11,755 (-38%)
3/Y: 296,884 (+84%)

 10-12月は収益性の主な指標である自動車事業の粗利益率が30.6%、規制クレジットの売却益を除いたベースでは29.2%と、前期から若干改善した。規制クレジットの売却益は3億1400万ドルと、前期の2億7900万ドルから増えた。

サプライチェーンの問題で電動ピックアップトラック「サイバートラック」と他の新型モデルの投入が遅れるとの見方を示した。



Mad Moneyより



  • 決算後の第4四半期の収益。水曜日午後5時30分(東部標準時間)の電話会議

  • 予想EPS:2.26ドル

  • 予想売上高:16.99億ドル

クレイマー氏は、テスラがさらに良い四半期をもたらすことを期待していると語った。彼は、テスラにはドイツでの最初の製造工場を含め、提供すべき多くの更新があると述べました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
tack