見出し画像

「車でお遍路」第83番札所 一宮寺(地獄の釜の札所)

旅いこか @ 車でお遍路Ver.

こんにちは、旅いこかです。

四国八十八箇所巡礼、弘法大師との「同行二人」の旅、83番目のお寺は、

神毫山しんごうざん 大宝院だいほういん 一宮寺いちのみやじ


82番札所の根香寺から約18.6㎞、車で約35分の場所、

根香寺から五色台青峯から山道を下り、高松市南部の一宮町へ走ること約35分、琴電琴平線「一宮駅」からも近い閑静な住宅地の中に佇む一宮寺に到着。

その「一宮いちのみや」、第62番札所宝寿寺に参拝した際、寺号標に「一国一宮寶壽寺」と記されていたように特別な名称。

「一宮」とは、和銅年間(708-715年)に原則律令国一国に一社のみ制定された諸国で最も格式の高い神社のことであり、一宮寺は讃岐国一宮の田村神社の別当寺(統括管理職)となっている。

では、大宝年間(701-704年)に開基したという歴史ある札所「一宮寺」へ参りましょう。

山門をくぐると左手に鐘楼、正面に本堂と「くすりのき」が語源とされる楠の大樹
枯山水の美しい境内


ご詠歌

さぬき一宮の 御前みまえに 仰ぎきて 神の心を 誰かしらゆう


お参りする前に知っておいた方が良い知識

歴史

  • 大宝年間(701-704年)、行基菩薩の師である義淵僧正ぎえんそうじょう法相宗として開基、「大宝院」と称す

  • 和銅2年間(709年)、諸国に一宮が建立された時に讃岐一宮として田村神社が創建、その第一別当寺(統括管理職)となる

  • 天平年間(729-749年)行基菩薩が入山、諸堂を修復し、寺号を「一宮寺」と改称

  • 大同年間(806-810年)、この地を巡錫中の弘法大師は聖観世音菩薩を彫り御本尊として安置、札所と定め真言宗に改宗

  • 天正の兵火(1576年から約10年)により堂宇を焼失。

  • その後、中興の祖である宥勢大徳により再興

  • 延宝7年(1679年)、高松藩主の松平公により田村神社と一宮寺とを分離

  • 元禄14年(1701年)、本堂が再建され現在に至る


薬師如来縁起(地獄の釜)

大師が戒めのために造られたという地獄の釜の縁起。
この地獄の釜の煮えたぎる音がする祠に、悪いことをした人が頭を入れると抜けなくなるという。

薬師如来祠(地獄の釜の逸話があるお薬師さん)

昔々、この寺近くに意地悪で病気がちなおばあさんが住んでました。

ある日、近所の人から「このお寺には地獄の釜の煮えたぎる音が聞こえる祠があって、悪いことばかりしている人が頭を入れると抜けなくなる」という話を聞きました。
そこで、おばあさんは「そんなことはないだろう」と、試しに頭を入れるとたちまち扉が閉まり「ゴーッ」という地獄のような音が聞こえてきて、どんなに力を入れて頭を抜こうとしても頭が抜けなくなったという。

そこで、おばあさんは怖くなり「今までのことは許してください。もう意地悪はしません。」と涙ながらに何度も頼むと、扉が開き頭がすっと抜けました。

それ以来、心を入れ替えたおばあさんは、体もすっかり元気になり近所の人とも仲良く暮らしたという。

この祠は、大師が美しい心と健やかな身体を授けるためにつくられたのかもしれません。

薬師如来縁起より


寺号について

  • 寺号について
    ・・・讃岐国一宮の田村神社の別当寺であったことから名付けられた。

  • 院号について
    ・・・義淵僧正ぎえんそうじょうが法相宗として開基した際「大宝院」と称していた

  • 山号について


ご利益

  • 御本尊の聖観世音菩薩
    ・・・
    迷いや苦しみや災難から救いを求める全ての人に手を差し伸べる現世利益げんせいりえきの仏さま

  • 薬師如来
    ・・・大医王仏だいいおうぶつ医王如来いおうにょらいとも呼ばれ、十二誓願じゅうにせいがん現世利益げんせいりえきの仏さま(病気平癒、他)
    人々を病気から救うという仏さま


御本尊・ご真言

御本尊:聖観世音菩薩
ご真言:おん あろりきゃ そわか


その他

一宮寺の見どころは次のとおり。

  • 本堂 
    ・・・元禄14年(1701年)に再建した風格がある本堂には、大師作の聖観世音菩薩が祀られている

  • 本堂前の楠の大樹と庭園
    ・・・楠の下に広がる庭園は一宮寺のシンボル

  • 地獄の釜
    ・・・大師が造られたという「地獄の釜」(参照:上述薬師如来縁起)

  • 一宮御陵
    ・・・三基の宝塔で、神仏合祀の名残で、孝霊天皇こうれいてんのう、田村神社の祭神である百襲姫命ももそひめのみこと五十狭芹彦命いさせりひこのみことの供養塔と伝わる

石畳にとんぼのワンポイント


写真


次は、第84番札所屋島寺やしまじへ参ります。

合掌

この記事が参加している募集

私の遠征話

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
旅いこか @ 車でお遍路Ver.
旅行が好きで、このnoteには車で四国八十八箇所を巡った記録を書いてます。 これから巡礼をしようとする方、巡礼が出来ない方、「同行二人」で弘法大師とお参りした気分を味わって下さい。 旅いこかのBLOGはこちら : https://tabiicoca.com/