見出し画像

A.B.C-Z「チートタイム」作曲・編曲・サウンドプロデュースさせていただきました(^^)/

3/18発売、A.B.C-Z 8枚目のシングル「チートタイム」の
作曲・編曲・サウンドプロデュースさせていただきました(^^)/

ジャニーズのA.B.C-Zさんには、以前「SPACE TRAVELERS」(作詞・作曲)でも提供させていただいておりますが、久しぶりに提供・サウンドプロデュースさせていただきました。

8枚目のシングル「チートタイム」について、僕なりの制作話を書きたいと思います。

この楽曲は、「頑張るあなたに贈る、チート級のキラーチューン!」というコピーがついていて、この曲を聴いている時だけは「全てを解放して、好きな事やっちゃいなよ!」というメッセージをを込めた、新しい形のご褒美ソング&応援歌となっています。

上記のようなコンセプトもあり、MVも非常に面白い感じになっていますよね。これ、めちゃ踊り大変ですよね。「SPACE TRAVELERS」の時もワンカット撮影でのアクロバティックに驚きましたが、ホント、メンバー凄いですよねぇ。

元々、この楽曲は、サウンド的にもバキバキなシンセサウンドとハードなギターサウンドが戦い合うような「すべてをなぎ倒すようなカッコイイ楽曲」という位置づけで制作していまして、元の歌詞も、少しふざけながらも前を向いて進む人達、日々を精一杯生きている人たちへ向けての応援・背中を押すような楽曲でした。

途中で、上記コンセプトをいただき、歌詞もチートタイムという世界観に変更され、制作をしていきました。
この「チートタイムというコンセプト」がディレクターさんより来た時は、ジャニーズらしさを感じて、嬉しかったです。

歌詞とMVの世界観が相当強いですが、あくまでも、メロディーやサウンドはカッコイイ路線です(笑)

面白いというか興味深いのが、僕も歌詞を書く人間なのですごく分かるのですが、曲が本来カッコイイ路線でも、歌詞とかMVのコンセプトによって、一気にその曲が「ダサカッコイイ」と称されたり、そういう印象になるのが、フシギであり、同時に、すごく理解出来ます。

僕自身カッコイイ系楽曲を作るのと、正直何一つ手法やサウンドやレコーディング方法を変えていないので、そう思って、曲やTrackを聴けば、理解してもらえると思います(^^)/

この曲に、すごくカッコイイ歌詞が乗って、クールな映像が来れば、「カッコイイ系楽曲」と称されるし、歌詞、MV、コンセプトによって、楽曲の印象そのものが、まったく違うものになることを、再度強く今回で感じました。

あ、誤解してほしくナイのが、今回、こういうダサカッコイイ路線が嫌じゃなくて、最高にウェルカムであり、「よっしゃ~!」という部分です(^^)/

つまりは、
「これぞ、コンセプト楽曲の醍醐味!!」ということなのです。

カッコイイ曲に、こういうテイストの歌詞とMVになるのが、
やっぱりジャニーズの凄さですし、魅力です!!

いくらでもカッコイイ路線に吹き切ることが出来ても、
そういう予定調和を壊せるのが、ジャニーズ(^^)/


「チートタイム」も「SPACE TRAVELERS」も、ある意味ダサイ言葉・歌詞とかも意図的に曲中に並んでいますが、そういうものさえも、胸を張って歌えて、ダサイで終わらない。きちんとしたコンセプトがあるから。

だから、たとえ、クスっとしても、盛り上がれたり、つい口ずさんでしまったり、なんだかんだ応援歌として毎日聴いて自分を鼓舞することが出来たり・・・。

どんな楽曲でも、ちゃんと大勢に届き、響かせることが出来る・熱狂させることが出来るのって、やっぱりジャニーズの凄さですし、A.B.C-Zの魅力だと思っています。

ギターは、毎回僕の楽曲では演奏してくださっている石井裕さんです。
速弾きのギターソロや激しい音でのバッキングを盛り込んでいただきました。

今回、初回限定盤A/B/通常盤とありますが、
通常盤は、
なんと、¥500(本体)+税です!!
ファンの人たち以外にも、CDをプレゼントをして聴いてもらうのも良いですね(^^)/

画像1

これが発表になったときに、「通常盤500円」っていう言葉がトレンド入りしてて嬉しかったです。

昔、KinKi Kidsさんの「硝子の少年」が500円で、めちゃワクワクして買いに行ったのを鮮明に思い出します♪その後、良すぎて何枚か買って友人に「是非聴いて♪」と渡してました(^^)

SMAPの「はじまりのうた」を提供させていただいたときも、その想いをいろいろなところで綴ったり、喋ったりしてきましたが、僕は昔からジャニーズが大好きなんです。僕が最初に熱狂したのが、光GENJIさん
ローラースケートも買って乗ってたし♪

そこからは、もうSMAPさんに夢中。日本のエンタメのほとんどを先駆者として変えていったような存在。彼らに絶対に自分の曲を歌って欲しいと思い続けて、何年も曲を書き続けて勝負しては落ち、勝負しては落ち、、、を繰り返して、やっと掴み取りました。

だから、プロ作家になってからも、ジャニーズへの提供が夢で、常にその夢を追い続け、SMAPさん、少年隊さん、滝沢秀明さん、HeySayJUMPさん、Johnny's Jr.の皆さん、などへの提供へと繋がっています。

PLAYZONE、滝沢演舞城、滝沢歌舞伎、JOHNNYS' Worldなど、いろいろなジャニーズのステージでも関わらせていただき、ジャニーズらしさというのは、自分の中には確実にあって、そういうものが、歌詞作り、曲作り、音作りのときに、凄まじく活かされていると、常に感じています。

今回の「チートタイム」も、すごく速いテンポの曲の中に、自分なりに感じているジャニーズのエンターテインメントを詰め込んでいます。

A.B.C-Zが歌って踊っている姿や、ファンの皆様の笑顔や熱狂を想像しまくって、作らせていただきました。まさか、こんなに激しいダンスになるとは思っていなかったですが(笑)

この曲が鳴ったら、つかの間のご褒美タイムです♪

そしてそれが終わったら、また深呼吸して、リスタートすればいいのです(^^)/
何度だってリスタートは出来るのです♪
ため息を何百回ついても、またゆっくり息を吸えば、そこがはじまりです。


そして、最後に。

僕は、ジャニーさんに曲を採用していただいた立場で、ずっとジャニーさんが作ってきたエンターテインメントに影響を受けてきています。本当に感謝しています。

キラキラしていて、切なくて、キュンとしていて、
最強の応援歌が多数あって、日本中が魅了される。
ジャニーズってやっぱり凄まじい世界です。

J-POP・エンタメの「ど真ん中」と言っても、過言じゃありません。


そういう場所で、定期的に仕事が出来ていることは幸せですし、これからも、自分なりの恩返しとして、エンターテインメントと情熱を楽曲に詰め込んで、世に出していきたいと思っています。

ジャニーズに曲を提供することは本当に作家にとっては、とってもハードルが高く、ある意味、最難関だと思っています。コンペでも多くの有名アーティストや作家が曲を出してきますし、膨大な曲が集まり、頂上決戦のような印象です。

昔は気張って作っていたり、考えすぎて作っていた時期もありましたが、「自分が好きなジャニーズ」というのを意識すれば、必然的に30年以上聴いてきた「自分の中にあるジャニーズらしさ」が瞬時に呼び起せるので、とにかく楽しんで作るようにしています。

やっぱりいつも浮かぶのはカッコイイメンバーと、
ファンの皆さんの笑顔と熱狂。


これが作詞・作曲・編曲の源になります(^^)/

ジャニーズのファンの皆様にもずっと楽曲を聴いてもらえていて、幸せです。いつも、本当にありがとうございます!

曲って不思議と、聴くときの状況・心境・年齢などで、受ける印象って全然違います。
それなので、何度でも聴いてもらえると、作り手としてはとっても嬉しいです。

音楽は生きていますからね(^^)/


是非、「チートタイム」聴きまくってください(^^)/
そして、周りの方々にも是非、薦めていただけたら嬉しいです。


負けそうなとき、疲れたとき、遠慮なくこの曲を聴いて&流して&歌って&踊って、ネガティブな気分・疲れ・負けそうな自分、を吹き飛ばしてあげてください♪

皆さんの日々への応援歌になれたら、嬉しいです!(^^)/

クスっと笑えて、真剣-マジ-になれる、「チートタイム」
よろしくお願いいたします!






この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!是非広めて頂けたら嬉しいです♪フォローも是非♪
102
音楽Producer/音楽ディレクター/作曲作詞編曲。SMAP/A.B.C-Z/AKB/SKE/柏木由紀/アニメ/ゲーム/ドラマの音楽プロデュース&制作。本3冊発売中♪多数のプロを輩出する作家育成講座「MUSiC GARDEN」主宰。http://t-shimazaki.com/