見出し画像

当たり前を疑う2:花粉症に薬は必要か?

あーや@47歳小さな暮らし

鼻がむずむずしております。
目がしばしばしております。
くしゃみがでます。
鼻水がでます。
いわゆる花粉症の典型的な症状ですね。
花粉症、病気ではなくて「ただの症状」ですね。

こんな症状を抱えていると、職場で聞かれます。
「薬飲んだ?」と。
心配してくれているのか、挨拶代わりなのか、社交辞令なのか。
私は残念ながら職場の人たちと本音で話していないので、
「飲んでるんですけどね」
「そろそろ限界なので、飲んだほうがいいですかね」
と軽く嘘をつき、その場をやりすごす。

仕事に支障あるなと思ったら、薬に頼ることもあります。
ヨガのインストラクターをしています。
お客様の前でレッスンを始めると、気がはるのか、症状がおさまります。
私にとっては適度な緊張感が大事なようです。
レッスンが終わり一息つくと、くしゃみ連発してたりします。

症状は身体からのサインだと思います。
鼻水もくしゃみも身体から余計なものを排出したいと。
それを薬で止めてしまうのはいかがなものかと。

おうちで過ごせるときだけでも、
くしゃみいっぱいして、
鼻水いっぱいだす。
目がかゆい、頭いたい、イライラする。
何もかも放棄して横になる。
浮き足だつ春、身体は休みを求めているのかも。
そんな、暇じゃないって。
暇な私はそんな休日を過ごしています。

「薬」に対して、
小さなころからなんとなく違和感を感じていて。
妊婦さんが妊娠初期に薬を飲んで、奇形児が生まれたドキュメンタリ―かニュースの映像が頭にこびりついているんですよね。
サリドマイドですね。

「自然治癒力」がきちんと働くように。
そのためには「自然」な状況を受け入れることが必要かなと。
身体からの声を上手に聞くことができるように。
甘やかしすぎず、厳しすぎるのもほどほどに。

花粉症に薬は必要か?
必要な時もある、しかし必要じゃない時もある。
必ずしも必要ではない、と私は思う。

今日は夜中に鼻水で起きることがありませんように。
4月になったのに肌寒い。
桜が少し長く楽しめそうで嬉しいです。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
あーや@47歳小さな暮らし
40代後半突入、バツ2、埼玉県にて一人暮らし。手取り20万円満たない低収入。 ヨガスタジオ勤務、仕事自体は好きだけど、会社はあまり好きではない。 小さな暮らしをしていますが、まぁまぁ心は穏やかに生息中。 いろいろあっても、意外となんとなかる。 自分の直感を信じて生きていく。