見出し画像

【改正電帳法に向けて】 ソフトウェアの連携強化で、よりシームレスに作業が可能に!

sweeep株式会社

あらゆる事業者に影響がある2つの法令改正、「インボイス制度」と「改正電子帳簿保存法」。2023年10月1日に「適格請求書等保存方式(インボイス制度)」が施行され、そのわずか2ヶ月後の2024年1月1日には「改正電子帳簿保存法」における電子取引の電子保存義務化の宥恕(ゆうじょ)期間が終了し完全義務化されます。

この改正は事業者の業務に大きな影響を与えること、また請求書受領に関するニーズが高まることが予測されます。

この動きを受けて、sweeepでは、各ソフトウェアとの連携を開始しました。これにより、経理業務を始めとしたバックオフィス業務をよりシームレスにデジタル化することが可能となります。

会計連携で、インボイス制度や改正電子帳簿保存法への対応を強化

請求書処理AI「sweeep Invoice」は、請求書の受取から保管までを一気通貫で効率化するクラウドサービスです。受け取った請求書ファイルを高精度AI-OCR(文字認識技術+AI技術)で読み取り振込や仕訳における入力作業を削減します。

「sweeep Invoice」と会計ソフトウェアを連携することで、コストを大幅に抑えることができるだけでなく、経理業務をシームレスにデジタル化することが可能になります。詳しくは下記のプレスリリースをご確認ください。

契約書データの連携で、ビジネス文書の一元管理を強化

sweeep Box」は、国税書類をはじめとする、あらゆるビジネス文書を保管できるクラウドサービスです。

バラバラに保管している文書管理業務をカバーする機能(オンライン回収機能、キャビネット機能、JIIMA認証取得の電子帳簿保存法対応機能など)を有しており、電子帳簿保存法への対応はもちろん、紙やPDFデータ、複数サービスで管理された書類を一元で管理できるサポートをします。

「sweeep Box」では、「電子印鑑GMOサイン」との連携を開始しました。これにより、「電子印鑑GMOサイン」に格納された契約書のデータを「sweeep Box」上でいつでも閲覧することが可能になります。バラバラに保管されていた書類を「sweeep Box」で一元管理ができるので、書類を探す時間を大幅に削減できます。詳しくは、下記のプレスリリースをご確認ください。

法改正に不安な方は無料セミナーをどうぞ!

sweeepでは、定期的に「30分でわかるsweeep入門セミナー」を開催しております。

次回は、2022/11/29(火)15:00〜15:30に開催予定。インボイス制度についての概要と、インボイス制度によって変更する経理業務について解説します。

「インボイス制度によって業務にどのような影響が出るのか知りたい」、「業務の影響によっていつまでにどんな対応が必要かを知りたい」という方、ぜひ受講ください!