鈴木敬(寺子屋ひまわり)
英才教育より、おままごとを!
見出し画像

英才教育より、おままごとを!

鈴木敬(寺子屋ひまわり)

こんばんは!

株式会社学びの庭ひまわり代表&エデュケーション・ディレクター、鈴木敬です。

いつもお読みいただきありがとうございます。

教室の、クリスマス・リモートコンサートが一昨日終わりました!

みなさん、楽しんでくれてよかったです!!

そして昨日の寺子屋ひまわりでは「合同レッスン」

画像1

愛知、北海道、石川の教室が一緒にレッスンします。このように2021年、当教室はオンラインフル活用の1年でした!

さて、僕たちの教室にはそういう方はいらっしゃらないと思いますが、

「できるだけ早くピアノを始めさせたい。0歳ですが、まだ早いですか?」

というギャグのような問い合わせがあるとか(笑)

「遅いです」

って言ってみたい(笑)そうしたら、どうなるのかな?胎教??(笑)


それはともかく、お子さんがまだ年長さんなのに。「同じクラスの〇〇ちゃんがメヌエット弾いてるから、ウチの子にエリーゼのために、弾かせてください!」みたいな早期英才教育。

依然としてあるらしいので、ビックリです。

「早く始めれば始めるほど、伸びる」

と、思っているのでしょうか?

もちろん、本人が始めたくて始めるのなら伸びます。でも、それには年齢は関係ないんですね。いつでも伸びますし、何より、結果に本人が納得できます。

で、そんな早期英才教育なんかより、ずーっと大切なことがあります。

っていうか、結果的に、こっちの方が成長します。

それは「おままごと」。

おままごと

「おやつの時間だよ〜、みんなでケーキ食べよう!」

「やった〜!紅茶も淹れようね」

こんな会話が、上の写真から聞こえてきそうですね。

これなのです、子供に必要なのは!


これからの時代に必要なのもの。それは2つの「そうぞう」です。

「想像」と「創造」。思う、創るの2つの「そうぞう」。

この2つのギヤが噛み合うとき、すごいスピードで人生が進む時代なんです。

ところが・・・

ほとんどの人は噛み合いません。

「こんな仕事したくないのに・・・まっ、しゃあねえか」

とため息をつく。

これは「想像」が「創造」につながらず、ギヤが噛み合わないまま無理やり走っている状態です。


つながるには「つながる体験」をたくさん積むしかない。

それは幼少期!!

何にでもなれる、どこへでも行けるおままごとは、夢を叶える反復練習なのです。

それから「おままごと」と、もうひとつ「秘密基地」もオススメです。

僕は、原っぱに置かれた大きなドラム缶を秘密基地にしていました。「ここで日本中の野良猫を救うんだ!」とか、言ってたのを覚えています。野良猫は現れませんでしたが(笑)


「国際化社会には英語」「ピアノはIQを高める」なんて、ダサい。

もう、とっくに時代遅れ。オワコンだ。

そんなことより、「おままごと」「秘密基地」を大人になるまでやり続けてください。

それは、エジソンの電球、ライト兄弟の飛行機、スティーブ・ジョブズのiPhoneに続く、世紀の大発明につながるでしょう。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
鈴木敬(寺子屋ひまわり)

オンライン音楽教室を運営する会社を経営しています。他に、ピアノの先生の学校学長、作曲家・ピアニスト、オーケストラ指揮者。最近、スポーツジムにハマってます!http://himawari.ishikawa.jp

鈴木敬(寺子屋ひまわり)
東京生まれ。小さい頃から作曲・ピアノを学ぶが、周りに適応できず不登校に。 桐朋学園大学音楽学部卒業後、小中高教諭を22年勤め独立。 家族で金沢市に移住、全国で「ひまわり音楽教室」を運営する。 先日「寺子屋ひまわり」をプレオープン、新分野へ挑戦! noteで日記を綴ります。