見出し画像

短歌 新作7首 『雨ざらし、のち月あかり』

長い日々を共に過ごしていれば、楽しい時間ばかりじゃなくなることもある。
相手の嫌なところが見えてきたり、つまらないことで何度も衝突したり。

その度に、軌道を定め直して、また歩幅を合わせ無言で踏み出す。
あるとき、ふと後ろを振り返れば、いつのまにか随分と長い道のりを共に歩んできたのだと気がつく。

誰かと暮らすっていうのは、そういうことなんじゃないかと思う。

そんな気分を、7つの短歌で書いてみました。

第一歌集『愛を歌え』には収録されていない新作です。
もしも気に入っていただけたら、ぜひ『愛を歌え』も読んでみてくださいね。
あの俵万智さんが帯文で「今を生きる愛の名言が、ここにある。」と太鼓判を押してくださった、295の短歌で綴った物語です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

あらゆる言葉が無料で読める時代。 それでも、もしも「読んでよかった!」と思っていただけたら、ぜひサポートお願いします。 また新しい言葉を書くために、大切に使わせていただきます。

スキ、ありがとうございます。次回の記事もぜひお楽しみに!
13
歌人のスズカケ シンです。57577の短歌を書いています。ワタナベエンターテインメント所属。著書は歌集『愛を歌え』(青土社)https://amzn.to/2FJWWnv エッセイ集『ゲイだけど質問ある?』(講談社)https://amzn.to/2z3FcQL 他。

この記事が入っているマガジン

コメント1件

奇をてらわず、飾り立てず、ありふれた言葉で切り取られた日常なのに、キャンドルの灯のような儚さや清廉さが漂う歌の数々に、いつも心を揺さぶられます。
新年早々の新作嬉しいです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。