鈴恵ゆみ

11年間働いていた仕事を辞めて、『旅する脚本家』として活動を始めました。 旅話しや、日々のこと。 たまにドラマや漫画の感想など書いてます。 好きなものは、発酵食品と猫🐈 あなたに、くすっと笑えるひと時を。

鈴恵ゆみ

11年間働いていた仕事を辞めて、『旅する脚本家』として活動を始めました。 旅話しや、日々のこと。 たまにドラマや漫画の感想など書いてます。 好きなものは、発酵食品と猫🐈 あなたに、くすっと笑えるひと時を。

    最近の記事

    秋の北海道旅その2①〜札幌の街中にある山小屋〜

    再び北海道へ行ってきました。 着いたその日が、なんと嵐。 前日まで半袖でいたもんだから、そのノリでパーカーしか持ってなかった私。 北海道の10月をなめちゃいけません。 そんな格好で乗り切れるわけがなかったー! 都会の旅行だと、すぐショッピングセンターがあるので、洋服の買い足しへ。 GU &UNIQLOにどれだけ滞在したことでしょうか。 セーター×2枚とブルゾンをゲットして、 これで安心して旅を楽しめます❗️ 気温をチェックしていても、急激な変化や、体感だと思っ

      • 女子1人旅便利帳〜トラブル編〜

        旅にトラブルはつきものです。 女子1人旅と書いてますが、男子でもあるあるだと思います。 今回のハプニングは 「旅先でスマホの画面割っちゃったよ」 「コンタクト足りない!」 「島で迷子になりまして」 の3本をお送りします。 まず 「旅先でスマホの画面割っちゃったよ」 そのままです。 コンクリートの床に叩きつけるような感じで落としまして(手が滑ってしまった) 持ち上げたら蜘蛛の巣。 使えるけど、ちょっと危ないし、データが飛ぶ恐れがあったのでスマホ修理できるところを探しま

        • 女子1人旅便利帳〜宿選び編〜

          宿選び。 皆さんはどうやって選んでいますか? 私は長旅の時は最初の2日の宿だけとって、あとは現地で行き先を決めてからという感じ。 色々使ってましたが、最近は『じゃらん』で統一してポイントを貯める作戦にでています。 行き先と宿が確実で、何ヶ月も前からとるなら新幹線や飛行機と宿のセット割りがお得な所も多いらしいので、気になる方はチェックしてみてください。 ちなみに、地域によっては商品券がつく宿の取り方もあるらしいです。 行く地域とお得、商品券、などで検索してか宿を探す

          • 女子1人旅便利帳〜洋服編〜

            9月北海道9泊10日を終えて。 ここで、よかったこと、次回こうした方がいいな〜と思ったことを振り返ろうと思う。 また、1人旅に出かけたいけど、何を持って行けばいいのかわからない。 という人もいるかもしれないので、私の記事が少しでも参考になればと思います。 まず、今回9月の北海道。 めちゃくちゃ洋服選択が難しいかったー! セーターや長袖を持っていったけど、セーターはほぼ活躍せず。 14℃くらいだと、ヒートテック、腹巻きスパッツ、上着があれば大丈夫でしたね。 今回持っ

            北海道旅⑬〜トラピスト修道院とど根性スーツケース〜

            9泊10日の楽しい北海道旅もいよいよ最終日。 最後は『いさりび鉄道』にコトコト揺られて 終着点の『木古内』駅まで向かいます。 と、その前に『渡島当別』駅で途中下車。 『トラピスト修道院』という、男子修道院の道が美しく、観光名所になっているそうなので、そこを目指します。 最終日あるあるとして、手荷物が多いということ。 私は車がないので、リュックにスーツケースと重装備。 通常はだいたいエコバッグに必要なものだけいれて、あとはホテルかコインロッカーに行くんですが、この駅

            北海道旅⑫〜函館幕末発見伝。こんなところに坂本龍馬!?〜

            函館の街を歩いていると、急に立派な坂本龍馬の銅像が立っていた。 なぜに龍馬!? 龍馬といえば、高知とか京都じゃないのか? などと思うのですが、その正面には『坂本龍馬記念館』なる建物が。 これは真相を知るべく、行くしかない! というわけでそのまま中に入ってみる。 入るとすぐ売店と、なぜか橋があり、その脇におみくじが沢山結ばれている。 龍馬の御朱印があって、神社のような雰囲気もあり独特の資料館。 最初の展示物により、なぜここに龍馬記念館があるのかわかった。 結論か

            北海道旅⑪〜函館といえば土方歳三!!〜

            やって参りました。 ついに、土方歳三の登場でございます! 中学生の時、キャラメルボックスの『風を継ぐもの』を観て、新選組にハマった私。 この演劇を観たことがある方はピンとくるかもしれませんが、私の推しは沖田総司でありました。 そこから、三谷幸喜さんの『新選組!!』が放送されて、もう一段階深くハマり、自分で歴史を調べ、大学を史学科にするか迷ったほどの あの新選組。 高校の読書感想文で『燃えよ剣』を選び、歳三カッコいいというオタク丸出しの内容で書いて優秀賞になったのでお馴染み

            北海道旅⑩〜夏の函館、冬の函館〜

            ついに函館に上陸。 函館は昨年のクリスマスにやってきたのが最初だった。 北海道の中では雪が少ないらしいけど、まぁ〜それでも東京に比べたら結構降ってる。 特に函館は、坂の街なので、雪は積もるし、凍ってるしで歩くのはなかなか大変。 雪の時にスーツケースでくると、結構大変なので、即ホテルに預けるのがオススメ。 私は、吹雪の中スーツケースで五稜郭まで行ったけど、かなり大変でした。 さてさて、今回は夏なので、函館の街の様子も随分違っていた。 坂の傾斜はキツいけど、観光地巡

            北海道旅⑨〜巨大水柱とゆるキャラに会う旅〜

            「いや、そんなツアーないだろ」 というツッコミが聞こえてきそうな旅。 そうです。こちら完全オリジナルツアーです。 しかも、ザ・行き当たりばったり偶然出来上がったツアーという。 まず、ことの発端は白老のゲストハウスで一緒になった方から 「先日ニュースになっていた巨大水柱が近くにあるので、私の代わりにぜひ見に行ってほしい」 と、聞いたことから始まった。 場所は長万部。 これで『おしゃまんべ』と読む。 人にこの読み方を伝える時は、ちょっとドヤッとなる難読な地域名。

            北海道旅行⑧〜台風接近で中止続出。そんな時でも楽しむには?〜

            天候によって旅は左右されるもの。 そうは思っても、せっかくの旅行だし楽しみたい。 洞爺湖2日目は、強風の為、遊覧船も山の景色を楽しむ為のリフトも動いていない。 「せっかく来たのに〜」 と、なるところを 「じゃあ、別のプランを考えちゃお」 となるかで、旅はグンと楽しくなる。 こんな時に頼りになるのが観光案内所。 私はかなりなフリーダム旅行をしていますが、 目的地についたら必ず観光案内所に行くことにしています。 観光案内所で聞く時にはポイントがあって 「どんな旅にし

            北海道旅行⑦〜サミット!?いえいえ、温泉巡り〜

            洞爺湖と聞いて、皆さん何を思い浮かべますか? 『洞爺湖サミット』が1番有名どころでしょうか。 マンガを読む人だと『銀魂』の銀さんの木刀っていう人もいるかもしれません。 ここ洞爺湖に温泉街があり、良質な温泉を堪能することができるのです。 雨が降ってきて、外での観光が難しくなった時の技の1つ。 「秘技、温泉街に連泊する」です。 「いやいや、温泉旅館って高いじゃないですか」 なんて声が聞こえてきそうですが、そこも裏技を使いましょう。 安くて温泉も最高なのが1番ですが、泊

            北海道旅⑥〜クマ牧場からこんにちは〜

            前回『ゴールデンカムイ』を読んでから北海道に来ることをオススメしましたが、副作用としてヒグマ恐怖を発症する可能性があることもお伝えしておきたい。 漫画のレギュラーでもあるヒグマさん。 読んでから行くと 「あのヒグマか‥‥」と覚悟して行くことになるかもしれません。 ゲストハウスで一緒になったご夫婦から、激推しを受けて今日は『登別クマ牧場』へ。 こちらは公式サイトで予約すると、ちょっとお安く購入できます。 登別で電車を降りて、そこから登別温泉へ。 そんなに遠くないし、山

            北海道旅⑤〜鰊御殿にウポポイと気分はゴールデンカムイ〜

            北海道旅に必須のガイドブックがある。 そう、それは『ゴールデンカムイ』という漫画。 グルメ、バトル、歴史、下ネタ、色んな要素が入った闇鍋ウエスタン漫画。 とにかくストーリーが面白くて、先が読めない展開。 また、もう1つの特徴が、明治の北海道を舞台にしているところ。 主人公と、その相棒のアイヌの少女が出てくるので、アイヌの知識も身につく。 さて、北海道旅行者は高確率でこの漫画を読んでいる。(私調べ) 「今日ここ行きましたよ」 というと 「あー!ゴールデンカムイ

            北海道旅④〜ゲストハウスでプチ英会話〜

            私には小さい頃からひとつだけ、特技がある。 それは「人見知りを一切しない」こと。 加えて接客経験11年。 もともと話すことが好きということもあり、旅行中はどんどん人に話しかけにいく。 特にゲストハウスは、交流を楽しみたい人が集まってきやすいので最高の場所。 交流スペースでは会話が生まれやすい。 本を読んだり、仕事をしたり、ご飯を食べたり、それぞれが思うままに過ごしている。 会話を始める時、何を話せばいいのかわからない。 という意見をよく聞くけど、まずは相手の観察が

            北海道旅③〜人力車へビーユーザー〜

            人力車が好きすぎる。 今年、9回目の人力車は小樽。 そして今回は夜景ツアー。 人力車は日没で営業を終えるパターンが多いけれど、こちらでは現在20時まで乗れる。 なんとなく温泉帰りに、夜景を撮ろうと歩いていたら、見つけましたよ人力車。 俥夫のお兄さんと目がバチリ! ここで、目を逸らすのはもったいない。 だって彼らは、この街にめちゃ詳しいから。 乗ってもらう為に呼び込みもしてるけど オススメのスポットを聞けば、気軽に教えてくれることが多い。 まぁ、私は乗るつもりでい

            北海道旅②〜小樽運河はロマンの塊〜

            さて、話は北海道に上陸したところから。 新千歳空港に着き、 間髪いれずに電車に走る。 そこから電車に揺られること1時間20分。 小樽駅前へと到着。 駅前は商業ビルがたくさんあるけど その奥に見えるのは、少し下り坂の道に海。 振り返れば山という、いかにも港町。 スーツケースを転がしながら、 トコトコとその坂を降りていくと いきなり、両脇に フォトジェニックな廃線の線跡。 『旧小宮線』 とにかく、インスタ映えしそうな場所。 ここはぜひとも撮影を。 なんてところを通りす