見出し画像

父のfacebook魚拓①

2015年で自分の更新が止まっている父のfacebook投稿。
よくわからないままに触っては変な言動を繰り返している父が当時はちょっと恥ずかしかったけど、今は当時の父のリアルタイムな投稿や、貴重な母の動画などもあったりして、立派な家族遺産となっている。

いつか何かしらの理由でアカウントに辿り着けなくなる時に備え、たまに遡って、魚拓を取っておこうと思う。

こちらは2012年10月の父のfacebook日記。
認知症の兆しがバンバンと見える中でアメリカ単身赴任していた頃の投稿。

画像1


名称未設定のアートワーク 155

どういう写真の間違えかた…?

自分で書いて自分でコメントしているところがなんとも父らしい。

これは認知症云々以前の天然な気もする。
写真・文章の内容は実際の投稿のものです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

『スキ』をしていただくとあなたにおすすめのチェコをランダムにお知らせします。 サポートいただいたお金は、チェコ共和国ではんこの旅をするための貯金にあてさせていただきます。

あなたにおすすめのチェコは『ヤブロネッツ』。ガラスボタンに酔うべし
23
はんことことば あまのさくやです。1985年生まれ。チェコ親善アンバサダー。ラジオ好き。若年性認知症の父と、がんで逝った母についてのエッセイ「時をかける父と、母と」をcakesにて連載していました。お仕事依頼はこちら→sakuhanjyo@gmail.com