末吉孝章
会計事務所のお仕事
見出し画像

会計事務所のお仕事

末吉孝章

公認会計士・税理士・SEの末吉孝章(すえよしたかあき)です。普段は大野公認会計士・税理士事務所という会計事務所で働いています。採用業務もやっていまして、業界未経験の方向けに会計業界の全体について説明するとともに我々についても紹介させていただきます。

1.会計事務所のお仕事とは

会計事務所はクライアント(お客様)に会計・税務を中心としたビジネスサービスを提供しています。その他にも財務状態を中心とした経営全般に関するアドバイスサービスをしています。いわゆる会計事務所での働きかたですが、それでは会計事務所とはなんでしょうか

2.会計事務所とは

会計事務所は公認会計士や税理士が、独立・開業し運営している事務所です。クライアントは個人・法人問わず会計・税務の領域をメインに仕事を行います。特に税務の領域については、税理士の独占業務であり最も重要な業務の一つになります。どこの会計事務所も以下の業務はやっているかと思います。

①税務相談の対応・申告書の作成:クライアントからの税金やお金に関する質問に答えます。また年次での税務申告書の作成も重要な仕事です。少し特殊なところだと相続税の申告業務もあります。

②経理指導:クライアント自身が経理を自分たちで行っていたとしても、その経理処理が正しいかどうかについては不安に感じるケースもあります。それらのお客様の経理処理をチェックし、それを適正に指導するという業務があります。

③記帳代行:クライアント自身で経理処理ができないケースがあります。特に決算書の基礎となる仕訳処理については簿記の知識が求められることもあり、クライアント自身や企業に十分な人材がいない場合があります。その場合、仕訳処理についても我々がやることがあります。

それに加えて、経営計画の策定、融資の対応、事業再生、事業承継、上場支援、国際税務、会社設立支援、監査業務、給与計算、人事労務の手続き代行、労務人事のコンサル対応など幅広くあります。このへんはやっている事務所とやっていない事務所があります。

3.会計事務所による特徴

会計事務所の仕事は上にあるように非常に幅広くなっています。そのため超大手以外は専門分野に特化したもしくは得意分野を持った事務所となっていることが多いです。

業務内容を絞る:個人のみ、法人のみなどの事業規模の選定や資産税(相続税・贈与税・譲渡所得)を得意とするなど。特に資産税系の事務所はほぼスポット業務のみと特徴があります。

特異な業界を絞る:業界をしぼってサービスを提供する。医療や不動産、製造、IT、飲食等業態によって経営のポイントや経理処理に特徴があり優位性があります。公益法人等の一般的な株式会社とは違う法人を得意としている事務所もあります。

国際税務:外資系や海外進出等に伴う経理・税務周りを得意とする事務所。国際会計基準を踏まえた経理処理、各国の税制を踏まえた対応や海外勤務者に関連する個人への課税などは専門性が高くなります。

M&A・事業承継:M&Aや事業承継などについての対策を考え、会計・税務を解決します。中小企業はオーナー社長(株式の大多数を社長自身が保有)も多いので今後もニーズが高いです。

経営アドバイス:経営に関する課題を幅広く扱います。融資や節税等の会計周りのアドバイスだけでなく、業務的な経営課題についても深く関与しながら解決していきます。

起業支援:会社設立や設立時の融資のアドバイス、freeeやマネーフォワードといったクラウド会計ソフトの導入などを支援しています。他にもチャットツールなどを利用してITに強いところが多いです。

4.ぼくらの特徴とは

基本的に我々は上記の業務についてはほぼすべてやっています。業務の濃淡があり、会計税務の顧問業務、給与計算や人事労務の代行手続きは濃く国際税務や起業支援は薄くやっているのが実態です。その中で我々の特徴は何でしょうか。

資格者多数で業務に深みがある:我々は資格者を多くそろえ専門的な業務に強いです。総勢15名ですが、公認会計士4名、税理士5名(うち3名が会計士・税理士)となっております。会計・税務面での見識の深さに特徴があります。

バックオフィス業務を広くやる:会計事務所の業務範囲は経理部門までがメインです。しかし我々は人事、総務やシステム部門の仕事もお手伝いします。特に人事部門(給与計算や人事労務の手続き等)の仕事が多いため、幅広い知識が求められます。外部の社会保険労務士・弁護士・司法書士とも協力しあいながら、お客様の望むことを実現していきます。

中小企業の経営者の伴走者:お客様の99%が中小企業・個人事業主です。経営者と対面しながら、バックオフィス業務にとどまらず直面する課題を幅広く解決していくお手伝いをしていきます。また、長い付き合いのお客様やオーナー社長も多いので、ライフイベントに伴う経営判断や事業承継などについてのご相談も多数あります。表面的なアドバイスにとどまらず、深く入っていってお客様の従業員と一緒に問題解決するのも特徴です。

5.我々が求める人材とは

我々の仕事は会計税務にとどまらず、専門知識を活かしてお客様の問題を解決することであると考えます。また問題は提示されたものを解決するだけでは足りません。問題を発見して、それを問題だと認識させて、解決する総合力が求めらます。具体的には以下の通りです。

画像1

一見難しいように見えるかもしれませんが、素直で勉強熱心な人であれば業務を行うのと、研修を通じて能力を身に着けられます。逆に業務の専門性を深めたい、幅を広げたいという気持ちがない方は、我々と一緒に働くのは難しいかもしれません。

6.最後に

いかがでしたでしょうか。会計事務所での仕事は専門的であり、やりようによっては幅広く、経営者と直接やりとりのできる魅力的な仕事だと思います。もし一緒に働きたいなと思われた方は以下の採用サイトからエントリーおねがいします。エントリーはコチラ

Twitterもやっています。ご質問などありましたらお気軽にDMでおねがいします。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
末吉孝章
【会計とITの力を経営に活かす】公認会計士・税理士 / ITコンサル / 京大理卒 / 元主夫 / 読書好き / 海外生活3年 / 元Java・RORのSE・PM / 次期社長・所長 / 一緒に働ける仲間を募集中 /2ヶ月で2000フォロワー / 仕事観と人生と後継者の思いを配信