見出し画像

和魂洋才に学ぶ日本流DXについての仮説

日頃から DXをお仕事とさせて頂いておりますが、海外におけるDXと日本で今騒がれているDXには大きな差があるように感じています。

その事について触れながら、日本ならではのDXの方法論について考えていきたいと思います。

※本日はKaizenサロンの中で書かせてもらった事を抜粋してお届けします


みんなDXって言ってるけど、DXって本当はなんなんだろう?

この続きをみるには

この続き: 6,164文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
日米中のスタートアップの最新動向、ならびに大企業のDX戦略を実際に考え実行する中での学びや企業経営者としての日々の経験からの学習をアウトプットしています

企業の未来戦略において重要になると思われるテーマについて、ハック思考に基づいて私自身の見立てを毎月1~2本くらいのペースでレポートします

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スドケン@ハック思考【勝手に未来想像シンクタンク】

頂いたサポートは、災害地域やいくつかの支援を必要としてる社会的なプロジェクトに寄付させて頂いております。

本当にありがとうございます!
9
Kaizen PlatformのCEO/リクルート最年少の執行役員(当時) →米国シリコンバレーで起業/企業の売上をインターネットとDXで圧倒的に伸ばす仕事/著書『ハック思考』(NewsPicksBook)・『DX入門』(日経)/皆のハックの引き出しをまとめるノートです