「折々のことば」に想うこと

15

自分の足で立ってゆく #200623

前職のメンバーと、久しぶりに話をした。 退職前の1ヶ月くらいに引き継ぎをした彼。 ちょうど…

「評価されるため」の恥ずかしさ #200529

今でも忘れられない。 小学生の頃から読書感想文を書くのが好きで 夏やすみには、それはもう …

「常識になる」という達成 #200617

志村けんさんのことば。 常識あってこその面白さ。 あたらしいことを常識にしていく面白さ。 …

和集合が集合全体となるような部分集合の集合 #200414

ナゾナゾのようなタイトルは、 「被覆(ひふく)」のWikipediaページに載っていた言葉。 安全…

謙虚さが足りない #190824

4月から茶道を習い始めた。完全な初心者コースで、触れてみる程度ではあるが、毎週の楽しみに…

感情について書くこと #190823

昨日この「折々のことば」について、何も書けなかった。 何を書いても、嘘になってしまうよう…

人生はのろさにあれ #190822

スピードや効率を求めたほうが良いものもある。しかし、必ずしもすべてがそうではない。 人生…

相手との向き合い方は自分のあり方 #190820

向き合うって何だろう。反対は、逃げる? 人との向き合い方という表現をする。相手に対して、…

枠の外に出る勇気 #190819

「習慣」とは、無意識でくりかえしていることだ。無意識に意識的でなければ、同じ「習慣」の中…

思いやるから、一緒にいたい #190818

小さい頃『ないた赤おに』があまり好きではなかった。かなしい気持ちになるからだ。青鬼が素晴…