見出し画像

未来のことを上手く考えられるようになるためには?

シナリオプランニングをやっていると、

「シナリオプランニングを身につければ、未来のことをうまく考えられるようになるんですよね?」

という質問を受けることがあります。

そうではない、ということを(もちろん理由も添えて)回答しても、そんな答えをもらった方はどうも釈然としない感じをしています。

スピーチを上達させるためには?

そういう疑問を持つ人たちに、どう説明をしたら良いのかを頭の片隅におき続けて、日々、いろいろと考えていたとき、たまたまYouTubeでConor Neillという人の動画を見つけました。

動画のタイトルはImprove Your Speaking。

スペインのビジネススクールであるIESEにて同氏が担当しているPersuasive Communicationsという授業のダイジェストです。

今後、10日間で自分のスピーチを上達させるために、もっとも重要なことはという問いから動画が始まっています。

彼が学生に指示していることは、今後10日間、パソコンに付いているウェブカメラを使って、毎日3分間、何かしらのテーマについて話したものを録画するということ。

そして、10日目には "A Value You Would Share with a Child as the Basis of A Good Life" というテーマで話しをするように伝えています。自分が考える素晴らしい人生を送るための元となる価値を、子どもに伝えると仮定して3分で話すというもの。

その説明をしたあと、なぜ、そんなやり方をするのかという彼の解説がユニークでした。

No amount of watching YouTube videos of Bill Clinton is going to turn you into Bill Clinton. No amount of reading is going to turn you into a writer. Only by speaking that you turn into a speaker.
(試訳:ビル・クリントンのYouTubeをいくら見ても、ビル・クリントンになれるわけじゃない。本をいくら読んでも、作家になれるわけじゃない。実際に話してみることでしか、(良い)スピーカーにはなれないんだ。)

手段・手法よりもトレーニングを

この動画の最初の方では、マルコム・グラッドウェルの本を紹介して、おなじみの「一万時間の法則」を紹介しています。

私たちは、ついつい「自分が目指すところにたどり着くために、もっと楽な道があるんじゃないか?」と考えて、トレーニングをすることを脇に追いやり、目的を達成するための手段・手法に目を向けてしまうことがあります。

そうやって、身体を鍛えるトレーニングするのではなく、ダイエット本を読み漁り、英語力を伸ばすトレーニングをするのではなく、英語学習本を読み漁ったりするのです。

このことは冒頭で紹介した「未来のことをうまく考えられるようになりたい」人にも当てはまります。

たしかにシナリオプランニングはすぐれた手法です。そう思うからこそ、あの手この手で、この手法を広めるための取り組みをしています。

でも、「未来のことをうまく考えられるようになりたい」人にとって、シナリオプランニングを知ることはゴールではなく、スタートです。

肝心なことは、シナリオプランニングという手法(あるいは、それ以外の未来を考えるための手法)を知った上で、未来のことを考え続けること。

Conor Neill氏が伝えるスピーチ上達法と同じように、伸ばしたいと思うもの自体に取り組む時間をかけなければ、そのスキルは上がっていきません。

シナリオプランニングや「未来を考えること」に限らず、自分が伸ばしたいと思うものに取り組むときは、手段や手法ではなく、そのもののトレーニングに時間を使うようにしましょう。

【PR】シナリオプランニングの意味やつくりかたをコンパクトに解説した実践ガイドブックを公開しています。

Photo by VanveenJFon Unsplash

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただき、ありがとうございます。いただいたサポートはより善い未来を創るための資金として、知識や知恵の仕入れのために使っていきます。

ありがとうございます!
10
株式会社スタイリッシュ・アイデア代表取締役。シナリオプランニングを使ったコンサルティング。未来そのものを考えることも好きですが、最近は、人や組織が未来をどう見ているのか、どう語っているのかの方に関心あり。TOEIC990点(2011年)、英検1級でたまに英語学習ネタも。

この記事が入っているマガジン

足下から考える仕事術
足下から考える仕事術
  • 41本

世の中にはいろいろな仕事術があふれていますが、その実践のためには、まったく新しいことを始めるとか、なんらかのツールが必要になるというものも多いですよね。そうではなく、もっと身近なところから、ただし「お気楽」ではない仕事術について、コンサルタントとして起業した経験を交えながら考えてみます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。