見出し画像

Pro,Pr6などフォントの種類をどれかに統一する Illustrator JavaScript

フォントには同じ名前でバリエーションがいくつか存在するものがあります。例えば中ゴシックBBBは Pro/Pr5/Pr6/Pr6N/Upr/NewCID のバージョンに別れ,さらに学参,学参 常改などの種類も用意されています。

自分で制作するときは問題ありませんが,他のかたのデータを受け取ると統一されていないことがしばしば。

もし制作業務を途中で引き継ぐ場合は,安全のためにそのまま進めるでしょう。しかし,支給されたデータをこれから改造するときは1種類に揃えたいのではないでしょうか。

そこで今回は開いている書類のフォントを,ProやPr6など指定した文字セットの書体に置換するIllustrator用JavaScriptを紹介します。


動画で見てみたい

あらましを教えて

開いている書類のすべてのフォントを,ProやPr6など指定した種類の書体に置換するIllustrator用スクリプトです。モリサワパスポート・Morisawa Fontsに含まれていて,変換先の種類が存在する書体が置換対象になります。

例えば書類にA-OTF 中ゴシックBBB Pro Mediumがあり,文字セットにPr6Nを指定した場合,A P-OTF 中ゴシックBBB Pr6N Rに変更されます。

どのバージョンに対応してるの?

Illustrator CS6(16)〜2024(28) に対応しています。

動作確認済み
• macOS 10.14(Intel),Illustrator CS6, CC2015.3〜2021
• macOS 12.6(Apple Silicon),Illustrator 2022〜2024
• Windows 10,Illustrator CS6, Illustrator CC2019〜2024


どうやって種類を指定するの?

スクリプトのファイル名を characterSet=オプション文字.jsx のような特定の形式にすることで,変換先の種類を指定します。ファイル名の再編集により,それらの設定を変えられます。

どんな風に使うの?

1 変換先のフォントをアクティブ(使用可能)にする
2 置換対象にしたいテキストのロックを解除し,非表示なら表示に切り替える
3 書類が保存されていなければ保存する(書類のメタデータから使用中の書体を取得するため,保存しないと正しい書体がとれない)
4 スクリプトを実行する

すると書式メニューの[フォント検索...]相当の機能で,指定した種類の書体に置換されます。

注意

• 字形が変わるので,繊細な校正が必要な状況では使わないでください。支給されたフォーマットデータを洗浄するような用途に最適です
• 合成フォント内の書体は変換できません
• ヒラギノ角ゴシックなどもモリサワパスポートに含まれるため,指定した種類が存在すれば置換対象になります
• G-OTFで始まる学参書体は,A-OTFまたはA P-OTF系列に統合します
• UD新ゴNTはNTでないUD新ゴに統合します

基本的にA-OTFとA P-OTFがあったらA P-OTFに統合します。

スクリプトバージョン1.7.0からは,A P-OTFを統合するかしないか指定できるようになりました。もしA P-OTFに統合しない(A-OTFとA P-OTFを別々の扱いにしたい)場合は,スクリプトのファイル名に-NoAPOTFを追加してください。
characterSet=オプション文字-NoAPOTF.jsx

もっと詳しい説明がほしい方はリンク先を参照してください。
【解決】Pr6などの文字セットをどれかに統一したい!

買う

ぜひ購入していただき,下のリンクからダウンロードしてください。
※今回は都合によりjsxbinでの提供となりますので,ソースコードを読むことはできません。
※現在スクリプトのバージョンは1.7.0です。

続きをみるには

残り 11字

¥ 2,000

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?