star_of_bba

ババアの星になりたい。違うブログで旅行や入院や手術や注文住宅について書いてます。よかっ…

star_of_bba

ババアの星になりたい。違うブログで旅行や入院や手術や注文住宅について書いてます。よかったら見てください。 https://www.ribbons-and-laces-and-sweet-pretty-faces.site

マガジン

  • 父を送る

    2022年の冬に亡くなった父親との、親一人子一人で歩んだ最期の半年間を振り返って綴りました。父親は在宅介護ではなく施設へ入居したので、看取りとも介護とも少し違いますが、誰にでもいつか訪れる老いや死について参考にしてもらったらうれしいです。

  • 2020.10

    2020年10月の日記です

  • 2021.02

    2021年2月の日記です

  • 2021.01

    2021年1月の日記です

  • 2020.12

    2020年12月の日記です

最近の記事

  • 固定された記事

父を送る(1) プロローグ

子供の頃、土曜日と日曜日が大嫌いだった。 土曜日の昼はいつも学校からの帰り道、家が近づくと神様に祈りながらのろのろと歩き、覚悟を持って玄関のドアを開けていた。今日はこんないいことをしました。こんな嫌なことがありました。だから神様、お願いします。その代わりに助けてください。どうかお父さんが怒っていませんように。お父さんとお母さんがケンカしていませんように。 土日は父親が家にいる日だった。父親は自分の価値観が全て正しいと信じて疑わない人間で、その価値観は『世間』とか『普通』に異

    • 文学フリマ東京38に参加します

      ようやくポスターが作れたので宣伝開始です! 文学フリマ東京38に参加します文学フリマとは? 文学フリマとは、自分たちが文学と信じるものを持ち寄り、披露する場です。書店にはない出会いがたくさんあります。 イベント詳細はこちらの公式サイトをご参照ください。 【注意】入場は有料です。こちらから前売り券が購入できます。 「父を送る」を本にして販売します。 noteのマガジンでたくさんの方に読んでいただいた「父を送る」を、プロの編集さんに入っていただき、読みやすくボリューム

      • 片がついて肩の荷が下りた

        先日、叔母からLINEが届いた。 『今日、車を引き取りました。最初は緊張しましたが、すぐスムーズに運転できるようになりました。ありがとう。大切に使います』 ・・・ 叔母が引き取ってくれた車は父親の遺したものだった。車も遺産になるので父親の名義からそのまま叔母へ名義を変えることができなくて、かと言って私の名義にするためには車を100km以上移動させる必要があって、さらに売却が決まった実家にいつまでも車を置いておくわけにもいかず、どこに移動させるにしてもまずはあがってしまっ

        • 悔やんで前へ

          とある仕事でいろんな意見を募る必要が出たので、元いた部署で一緒に仕事していた人たちへメールを送った。 元いた部署は私にとって、率直に言うと地獄だった。仕事と分不相応な重責が絶え間なく身の上に降り続けて押しつぶされる寸前だった。異動直前のあのころ、もし病院に行っていたら、なんらかの診断がついていただろうと思う。 そんな部署で一緒に働いたメンバーへメールを送るのは多少気が引けたが、使えるものは使う。図々しいから。 メールを送ってから一時間もしないうちにほぼ全員からの返信が揃った

        • 固定された記事

        父を送る(1) プロローグ

        マガジン

        • 父を送る
          31本
        • 2020.10
          31本
        • 2021.02
          28本
        • 2021.01
          31本
        • 2020.12
          31本
        • 2020.11
          30本

        記事

          香川県にはうどん以外の何かがあるのか

          夏に香川県へ旅行へ行く計画を立てた。前から夫と行ってみたい土地について話すと必ず名前が挙がるところで、今回ついにその機会が巡ってきたのだ。 『その機会』は文学フリマに与えられた。 ここまで大きくなった文学フリマの第一回、貴重じゃないですか?行ってみたかったし第一回なんてぜったい記念になるし、で、決めた。すでに飛行機と宿の手配は完了している。ジェットスター、飛ぶかなぁというのが一抹の不安ではある。 香川の文学フリマでは「父を送る」の再編版を販売する予定だ。再編と言っても内

          香川県にはうどん以外の何かがあるのか

          父を送る webあとがき

          およそ一年かけてnoteに書いてきた父親との最期の半年間が、今週の公開でようやく最終回を迎えた。 父親の車を親戚に譲るというタスクはまだ残っているものの、後処理のほうも去年一年かけてようやっと落ち着いた。 夫から『行動力の化身』『人の心がない』と評されている、なんでも即決してブルドーザーみたいにすべてをガシガシと押し進めるせっかちな私でも、落ち着くまでに一年かかってしまった。・・が、おそらく一年は早いほうだと思う。それくらい大変で、それくらい時間をかけて大丈夫なものだから、

          父を送る webあとがき

          買ってよかったもの2023に追加させてください

          年末に「買ってよかったもの」を記事にした。 これを書いたときはまだ注文中だったものが、届いたらめっちゃ良かったのでおかわりさせてください。 せんねん灸 火を使わないお灸 フィルムを剥がして体に貼ると勝手に熱を持ちはじめてくれる火を使わないお灸。火を使わないってところももちろん安全でいいんだけど貼ったまま動くことができるのがこれまたいい。 ちゃんとフィルムの中にはもぐさが詰められてるのも見えるし、しっかり熱くなってお灸された実感もある。万年肩ゴリゴリマンなのですっごい軽

          買ってよかったもの2023に追加させてください

          父を送る(30) お葬式

          翌日もすんなり起きることができた。近くの牛丼屋さんで朝定職を食べた。身支度を整えているうちに叔母たちが到着した。葬儀は身内だけとなった。ご住職が来るまでの間、控室に揃ったいとこたちへちょうど手近に置かれていたお盆を使っていそいそとお茶を配ったりした。ご住職は約束の時間通りいらっしゃった。到着してすぐにお経が始まった。 昨日のお通夜ではお経を聞いていても涙は出なかったが、今日は静かに涙が流れた。なんとなく、父親の旅立ちを感じていた。あぁ、これで本当にお別れだ。お父さんが本当に

          父を送る(30) お葬式

          2024年の抱負

          去年はどんな目標立てたのかな、とnoteを振り返ろうとしたら私にしては珍しく、年始にその年の目標を書いていなかった。ブログを始めて以来、無かったことかもしれない。去年は本当に大変だったんだな。おつかれ自分。 文学フリマ出店 今年もすでに5月19日(日)開催の東京38は申し込みを済ませている。実は今、「父を送る」の校正を人に頼んでいて、再編版としてもう少し読みやすい状態で販売できる予定だ。 生まれて初めて人に校正してもらっているのだけれど、これが思いのほか楽しい。赤入れを読

          2024年の抱負

          2023年振り返り

          今年も怒涛の一年だった。 相続手続き 父親が亡くなったのが去年の12月だったので、年明けから仏壇を迎え入れて墓を引き継ぎ、納骨を済ませた後で弟にコンタクトを取って遺産調査を開始した。 戸籍の取り寄せや財産の調査、目録作成と遺産分割協議書の作成などは父親が付き合いのあった証券会社にまるっとお願いしてしまった。金はそれなりにボンッと出ていったが、手続きがすべて終わって送られてきた戸籍や金融機関からの調査結果の報告を見てフルタイムで通勤に往復3時間近くかけて働きながらこれらをこ

          2023年振り返り

          父を送る(29) お通夜

          土日の休みが明けて、お通夜当日になった。いよいよだ。父親の元にいってお父さん、出発だよ、と声をかけた。葬儀屋さんの車に乗せてもらって夫と二人、系列のレンタルショップまで運んでもらった。お店の人に声を掛けて名乗り、それぞれ良さそうなものを試着する。二人ともすんなり決まった。いろんなタイプが試着できたので、買う前にイメージをつかめてレンタルするのは良かったかもしれないと思った。 葬儀屋さんから段取りを組んだ際に言われた通り、レンタルショップを出て、向かいにある系列の葬儀場に入り

          父を送る(29) お通夜

          父を送る(28) 葬儀までの在宅

          翌朝。夫が近所のコンビニに買い出しに行ってくれて朝食を食べた。あまり食べることに興味は湧かなかったが、倒れるわけにはいかないぞという義務感で食料を口にした。買ってきてくれた夫に昨日から何度目か分からないお礼を言った。夫は俺べつに何もしてねえよ。俺のミッションはあなたにごはんを食べさせることだけだから。と言った。夫は一貫しておれは別に何もしていない、と言い続けた。感謝してもしきれない。 朝食をとった後、夫が一度家に戻って着替えとか必要なものを持ってくるよ、と言ってくれた。だい

          父を送る(28) 葬儀までの在宅

          買ってよかったもの2023

          一度やってみたかったんだー。 チラシお断りマグネット 家を建てて3年、ついに『チラシうぜえ』が『美観を損なうから貼りたくない』を超えた。できるだけシンプルでかわいいものを探して見つけたこれ。貼ってからチラシ入らなくなった率99%。すばらしい。ポストの見た目も思ったほどダサくはならなかった。おすすめ。 エコベールゼロ 食器用洗剤 数年前から毎年冬になると湿疹と診断されるレベルまで手が荒れるようになってしまった。一応皮膚科に行って薬をもらうのだが完治はしなくて、結局、私に

          買ってよかったもの2023

          届けるということ

          私は子供の頃からトロくて鈍い。小学校一年生まで補助輪を外した自転車には乗られなかったし、お箸を正しく持てるようになったのは中学3年生になってからで、三十歳を過ぎた頃に水泳の息継ぎを習得した。 なんていうか、頭の中に入った情報を「こういうことか!」と理解して体感まで落とし込むのに時間がかかる。それは身体を使った話に限らず、感情とかも同じで、自分でやってみないとちゃんと「分かる」ことができない。 本を作って文学フリマで売ると決めた時、夫にお前は本を作るということがどういうことな

          届けるということ

          父を送る(27) 帰宅

          父親に話しかけている間、涙は出なかった。終わったんだな。という感慨が大きかった。 話すこともなくなって、静かに父の隣に座っていたら施設のスタッフがやってきた。●●さん、ずっとがんばってくださってたんですけどね。ふと巡回してお部屋覗いたら、えっ、●●さん息してないよ!!ってなって…なんでもう少し待っててくれなかったのかな、って…!もうすぐ娘さん来るのにって…!スタッフは一生懸命顔を歪めて大きな声を出していたが涙は出ていなかった。なんだろうな。これ。泣き屋さんかな。と妙に冷静に

          父を送る(27) 帰宅

          結婚記念日でした

          夫から熱があるので早退するという連絡が入った。インフルかもしれないから病院に行きな、と返信してソワソワしながら仕事をこなし、退勤後は急ぎ足で電車を乗り継いだ。 家の最寄駅に着き、コンビニで夫からリクエストがあったスポーツドリンクとプリンを手にする。プリンは二つ、念のためヨーグルトも二つ追加しておく。自分の夕ごはんのつもりで鍋焼きうどんも。これも一応二つ買っておこう。 スポーツドリンクは一本で良いと言われたが備えとしてドラッグストアまで梯子して水に溶かして使う粉タイプも買った

          結婚記念日でした