【増枠→募集終了】~開港都市から始める~【日本の夜明けプロジェクト】SSDC事業創造デザインプログラムご案内
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【増枠→募集終了】~開港都市から始める~【日本の夜明けプロジェクト】SSDC事業創造デザインプログラムご案内

SSDC Media

(2021/7/23追記)おかげさまで、現在46名と非常に多くの参加申し込みを頂いております。50名まで増枠のうえ開催させて頂きます。

(2021/7/28追記)募集は終了しました。多数の応募ありがとうございました!

-------------------------------

本ページでは、~開港都市から始める~【日本の夜明けプロジェクト】SSDC事業創造デザインプログラムを検討されている方向けの詳細を記載しています。
ぜひご一読いただき、我こそはという方はお申込み頂けますと幸いです。


202106_市民メンバー募集チラシ_Ver2.5_Ver.1.0_front

202106_市民メンバー募集チラシ_Ver2.5_Ver.1.0_back



■~開港都市から始める~【日本の夜明けプロジェクト】とは?

地域社会の課題に立脚し、市民が中心となり、デジタル技術を用いてビジネス創出することを目的とします。幕末期に新しい技術・文化・産業を受け入れ、日本の夜明けへと導いた開港5都市の方々が主役のビジネス創出プロジェクトです。

画像8

画像15

主催は一般社団法人社会システムデザインセンター(SSDC)。
なお、はこだて未来大学理事長・学長の片桐恭弘先生にプロジェクトの座長となっていただいています。

画像8


■事業創造デザインプログラムってどんなもの?

本プロジェクトでは、一般社団法人社会システムデザインセンター(SSDC)の「事業創造デザインプログラム」を土台にしてチームを組成し、事業アイデアを磨いていきます。
「社会を豊かにする事業の創造力」を身につけ、生み出していくための実践型プログラムです。

画像1

↓詳細はこちらの記事を参照ください


■どんなアプローチをするの?

デザイン思考・ジョブ理論・Lean Startupといった、最先端のイノベーションプロセスをフレームワークとして用います。
仮説立案後は外部インタビューなどを通して課題・ニーズを深堀し、素早く学びながら事業アイデアを具体化していきます。

画像2

画像3


■どんな日程で行うの?

2021年は、以下の日程で行っていきます。

□説明会・オリエンテーション/サロン・Basic
7/16(金)18:00-19:00

 説明会(SSDCサロン) 開港都市の課題とデジタル化による解決を考える
7/16(金)19:00-21:00(SSDCサロン後)
 オリエンテーション(Basicワークショップ) 事業創造の概要とデザイン思考・ジョブ理論(座学&ワーク)
-サロンはSSDC理事・アドバイザー・市民・会員・学生が主な対象として想定
-Basicワークショップは市民・会員・学生が主な対象として想定

□ワークショップ1/Advanced
7/30(金)18:00~20:30

 Day1 困りごと当事者の課題を深堀する
8/7(土)18:00~20:30
 Day2 初期MVPを考える
8/27(金)18:00~20:30
 Day3 初期のビジネスモデルを考える
9/10(金)18:00~20:30
 Day4 中間報告会
9/24(金)18:00~20:30
 Day5 説得力あるビジネスプランを策定する
10/8(金)18:00~20:30
 Day6 プレゼンテーションの準備を行う
10/22(金)18:00~20:00
 Day7 最終報告会

□ワークショップ2/Master
11月~ 3~6か月程度

-Advanced最終報告会の評価および本人の意思を確認ののち、チームを再組成し、開催
-月1回程度定例会を開催し、事業化に向けた仮説検証を想定

画像4

なお、知的財産権の取り扱いについては、SSDC会員規約に準じるものとします。


■どんな人が対象?

5都市の市民の方、5都市以外在住の方でも都市の課題に関心のある方が対象となります。
市民の中には、学生、企業の社員、自治体職員などが含まれます。

画像5

課題選定にあたっては、いくつかのテーマ枠に対して取り組みたい課題のタネを集め、発散→収束の対話をしながら進めていきます。

画像9


■参加によるメリットは?

ワークショップ1にて開催予定の最終報告会で評価が高く、ワークショップ2に進むチームに対しては、SSDCより起業に向けたアドバイスおよび100万円以内の出資支援を行います。

その他、プログラムを通して得られることには以下のようなものがあります。理論やスキルだけでなく、かけがえのない経験や仲間を得ることができるプログラムです。

画像10


■過去の開催実績などは?

【日本の夜明けプロジェクト】としては今回が初回となりますが、SSDCとしてはワークショップ1に該当する「Advaned」を、2019年~2020年にかけて過去4回開催してきました。

画像12

画像13

第1期は、2019年10-12月に開催。SSDC会員企業の社員および学生を中心に実施しました。

画像14

2020年5月~7月で開催した第2期以降は、コロナ禍もありフルオンライン化。Zoom、Slack、Google Workspaceなどを利用して、どこからでもプログラムに参加できるようになりました。

画像15


■申込はどうするの?

ここまでお読み頂いて、ぜひチャレンジしてみたい!!という方は、以下のURLもしくはQRコードよりお申込みください。

(2021/7/28追記)募集は終了しました。多数の応募ありがとうございました!

画像11

なお定員は24名を予定しており、申込者多数の場合は抽選とさせていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

我こそはという方の応募を、プロジェクト一同心よりお待ちしております!!


■参考:一般社団法人社会システムデザインセンター(SSDC)



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます!
SSDC Media
一般社団法人 社会システムデザインセンター(SSDC)|夢の実現・社会課題解決のためのビジネス創出すべく、産学を繋いだ事業創造プログラム・共同研究支援・ネットワーキングを行っています|「人と社会の幸せな未来のために」 https://lit.link/ssdcdesigner