Yukiyasu Hayashi
パラグアイ🇵🇾戦 感想メモ
見出し画像

パラグアイ🇵🇾戦 感想メモ

Yukiyasu Hayashi

アジア予選での苦しい戦いを忘れさせてくれる…というかカタールW杯に向けての不安要素を少し緩和してくれた快勝でした。
まぁ、パラグアイ🇵🇾はW杯に出場出来ないので、モチベーション的にもコンディション的にも厳しかったのでしょうが…💦

【昨日の試合で分かったこと①】
4バックの左サイドは伊藤洋輝は全然あり。
あの豪快かつ正確なロングフィードの軌道でスタジアムが沸いてましたね。

スピードもまずまずあるし、フィジカル頼りではなく、サッカーIQが高い感じに好感が持てる。

あとは、強度の強い相手との1対1での勝負強さや、縦への推進力、上下運動がどれくらい激しく出来るか?をもう少しみたい。

CBをやらせるなら3バックかな?
次大会までいけそうな富安、板倉、伊藤洋 の3バックを試して欲しい。

【昨日の試合で分かったこと②】
ブンデス及びELリーグの経験を経て、完全に覚醒している感あり(笑)

鎌田を軸にフォーメーション、メンバーの組み合わせを決めるべき。

既存の4-3-3に拘る必要は無い。
トップ下かシャドーの方がもっと自由度を高くやれそう。

2トップは古橋と上田綺世で、トップ下に鎌田で見てみたい。

【昨日の試合で分かったこと③】
DFラインが、相手のプレスから逃れるために下がりすぎている。

中盤、前線までの距離が長くなると、パスの精度も下がり、パスコースを読まれやすくなる。

コンパクトな陣型でトランジションを指向する方が、現在の日本代表のメンバーの顔ぶれをみても合ってそう。

現代的なフットボールを体現出来るCBが必要条件になる。

吉田の劣化が心配(笑)
谷口もアジア以外の海外での経験が少ないし…😅

町田や瀬古も試して欲しいがアピールする時間が足りないか?

【昨日の試合で分かったこと④】
素晴らしいパフォーマンスだった遠藤航の代わりにアンカーに入った板倉のポジショニングや読み、スペースを埋める動き、機器察知能力の高さは素晴らしかった。

シャルケ04での戦いで、逞しく成長したんだと強く感じた。

本当は3バックの真ん中で、ラインコントロール姿が見たい。

【昨日の試合で分かったこと⑤】
攻撃陣の組み合わせについて、
CFは上田絢世か古橋
是非、この2人のツートップを試して欲しい。

後半から投入してスピードで勝負するタイプは前田と浅野。
前田は、もう少し曲線的な動きや緩急があると、代表でも活きるハズなのだが、なかなかハマらない(笑)

右サイドは伊東純と堂安。
堂安も名門PSVで成長してる。

左サイドは三苫かな?
後半からの切り札の方が活きそう

鎌田、南野、久保君はトップ下かシャドー及びインサイドハーフの方がハマる。

次戦は6.6 ブラジル🇧🇷戦✨
こんなメンバーで戦かって欲しい⚽️

#日本代表
#キリンカップ
#サムライブルー
#パラグアイ戦
#鎌田大地
#伊藤洋煇


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Yukiyasu Hayashi
音楽・映画の素晴らしさを中心に思いつくまま、書き連ねていこうと思います🤲 そして、もちろん大好きなフットボールも⚽️