素粒社
【ためし読み】上田信治[著]『成分表』/③醬油
見出し画像

【ためし読み】上田信治[著]『成分表』/③醬油

素粒社

有名漫画『あたしンち』共作者にして俳人である上田信治さんによる初のエッセイ本『成分表』のためし読みです。

醬油


 「刺身なんて醬油の味しかしない」とか「刺身は醬油のためにある」という言い方がある。
 そこには、バーバリズムというかマウンティングというか、既存の価値の引き下げによる優位性の誇示があるのだけれど、たしかに、その言葉を念頭に置いた状態で刺身を食べると、美味しさのどこまでが醬油の味か分からなくなる。
 醬油というのはそれほど暴力的に美味いもので、あんなに血の味に似た調味料はない。日本人はみな醬油中毒で、キュウリの浅漬けも納豆も冷奴も、あれは醬油を啜っているのだと言われれば、そうかもしれない。

 何もつけない刺身の味を思って欲しい。
 それはとてもたよりない味で、食べれば食べるほど美味とは思いにくい。
 生魚が自然であり野生であり、醬油が人工であり文化なのだとしたら、私たちは、悲しいほど「人間」になりきってしまっているのだろう。

 しかし、それは違うのだ。
 神が、魚より先に醬油を作りたもうたはずもないのだから、私たちは本当は生魚の「あの味」の側に属している。
 「何もつけない刺身の味を思って欲しい」と書いたとき、頭になぜか「メメント・モリ」という言葉が浮かんでいた。メメント・モリ(死を想え)。その警告のような真言のような言葉で想うべきは、肉体の死ではなく、人間が生きることの理由のない宿命のようなものだ。

 人間の生の宿命は、たぶん、醬油をつけない刺身の味をしている。
 好きとか嫌いの削げ落ちた、私たちは、その味を知らずに知っている。

 評論家の山本益博が、刺身は、まず一切れ何もつけずに食べると書いていて、それはちょっと、ぞっとするような不自然さと野蛮さだと思った。それも何かの誇示なのだろうけれど、メメント・モリは、そんなふうに、これ見よがしになされるべきではない。それでは「らくだ」のカンカンノウになってしまう。

 思うに、醬油はすでに、人間の自然の一部なのだろう。
 それは田園と里山の風景に似た、自然と化し環境と化した文明である。
 そして納豆のたれは、醬油の「自然」化をふまえた、さらなる文明化の要請によって生まれた。それは、生醬油の血の味を遠ざけるものだ。

 生魚のあの味を想うことを、私たちは言挙げせず、ただ心に秘めていればいいのだと思う。

上田信治 (うえだ しんじ)
1961年、大阪のマンモス団地で生まれる。大学の漫研で知りあって結婚した女性が、漫画家けらえいことなる。彼女の作品には、ごく初期のころからネタ、ネーム、単行本の構成等で協力していたが、読売新聞日曜版連載の『あたしンち』から全面的に参加、現在に至る。つまり、漫画家けらえいこの夫であり共作者。俳人として、句集『リボン』(2017年、邑書林)がある。


\ 関連イベント /
上田信治×古賀及子×スズキナオ「日々の成分を書くこと、考えること」
『成分表』刊行記念トークイベント
2022/07/09 (土)14:00 - 15:30 @SPBS TOYOSU
【会場+オンライン】
詳細はこちら↓


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
素粒社
2020年に創業した出版社です|ためし読み等公開しています|小津夜景・須藤岳史『なしのたわむれ』、上田信治『成分表』、TOLTA『新しい手洗いのために』、鴇田智哉『エレメンツ 』、小津夜景『いつかたこぶねになる日』など https://soryusha.co.jp/