見出し画像

【大反響】意中の男性を一瞬でオトす洗脳ボディタッチング

【この記事は1分で読めます】

額(ひたい)は女性にとっての第二の性感帯と呼ばれていることをあなたはご存知だろうか? 何気ない会話の中で、おでこを軽くタッチされるようにツっ込まれた女性が、相手の男性に無意識に好意を抱いてしまう理由はここにある。

特に眉間(みけん)のあたりは、気功やヨーガの世界では“感性”と密接に結びついた「第六チャクラ」がある場所とされ、このチャクラを解放しないかぎり、自分らしい生き方ができないとまで言われている。だから、額のあたりを軽くタッチするという行為は、相手の心の扉を開いてあげることを意味しているのかもしれない。

心理学の世界でも、前髪で“おでこ全体”を隠すのが好きな女性は自分をオープンにするのが苦手な傾向があると言われている。これは、男性にも似たような傾向がある。元々、わたしはセールスの仕事に就いていたのだが、明らかにカツラを被っていそうな男性はみな、なぜか最後まで落とすことができなかった。唯一、「落とせた!」と思った男性のお客様にも、後日返品されてしまったことをいまでもよく覚えている。

では、男性を“その気にさせるスポット”は頭にあるのかというと、そうではない。実はまったく別な場所にある。

人は生まれてから物心つくまで、「見て、見て」と言って親の注目を集めようとする。これは、身を守って生きていくための動物的本能でもある。けれども、その本能は大人になっても消えないという事実はあまり知られていない。

特に親から見放されて育った幼少期の記憶を持つ人ほど、異性に対する依存度合いが高かったりもする。

つまり、人にはいつも誰かに見守ってもらいたいという生理的衝動がプログラミングされていて、自分のことを見てくれていると認識した相手に強烈な親近感と好意を抱くのである。

【注意】
ここから先は、極めて危険な内容が書かれています。もし、実践した後に相手が強烈な好意をあなたに持ってしまい、ストーキング等の迷惑行為に及んだとしてもこちらでは一切責任を負うことはできかねます。あらかじめ、ご了承ください。

この続きをみるには

この続き:1,077文字

【大反響】意中の男性を一瞬でオトす洗脳ボディタッチング

Songjiang

2,980円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。サポートはすべて書籍の購入に使わせていただき、少しでも気持ちが前向きになるような記事を書くことで還元いたします。

You are special !!
23
対話ヒーラー/気功導入支援コンサルタント。元重度の腰痛患者(2年休職→気功で全快)。気功の基礎からラポール形成術、マインド書き換え技術までを医師や治療家、セールスパーソン、婚活中の女性の方々に教えています。外資系教材セールス出身。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。