WhiteCanvasプロジェクト

4
固定された記事
WhiteCanvasプロジェクトについて【SDGs×ART×ASIA】

WhiteCanvasプロジェクトについて【SDGs×ART×ASIA】

本日2021年6月1日からWhiteCanvasアートコンペディションのカンボジア、スリランカ、タイの3カ国を対象に公募が開始された。締め切りは8月31日。その後、審査が行われ、11月にはそれぞれの国で授賞式を予定している。 そして、公式Webサイトも本日公開された。昨年2020年の受賞作品アーカイブを見ることができる。 WhiteCanvasとは、東方文化支援財団の協力のもと、昨年2020年からアジアで始まったアートコンペディション。 東方文化支援財団とは、天王洲アイ

11
支援型NFT第2回『アジアのアートコンペディションWhiteCanvas』

支援型NFT第2回『アジアのアートコンペディションWhiteCanvas』

混迷を深めるミャンマー。 少しでも何かできないかと思っていたところ、ミャンマー人アーティストAyeKo氏の作品をビットコインで購入する機会を得た。 仮想通貨でミャンマーの作品を購入することができるのであれば、最初から世界の人に向けて今話題のNFTアートしたらよいのではないか。 NFTアート(非代替トークンnon-fungible token)とは、ブロックチェーン(デジタル台帳)に保存されているデータの単位であり、デジタルアイテム化したアートの固有な価値を表すことができま

4
【SDGs×アート】WhiteCanvasプロジェクトってなに?

【SDGs×アート】WhiteCanvasプロジェクトってなに?

2021年も開催予定で、昨年からカンボジア、スリランカ、タイの3カ国から始まった、全く新しい絵画コンテスト「White Canvas」。 その目的の一つは、優れた才能がありながらも活躍の場を得られていない アジアの途上国のアーティストを世界の表舞台に出るチャンスを作ること。 そのために採用したのが、アート・ブロックチェーンとVR空間です。 入賞作品は、ブロックチェーン上に、 ①作者の名前 ②所有者 ③取引された価格ーなどの情報が書き込まれます。 その後、作品が売買されるたびに、一定金額がアーティスト本人に 還元される全く新しい仕組みを導入し、公正・透明な絵画作品の取引を実現しています。 入賞作品は、隈研吾氏ら著名建築家が設計した VR空間「コモニー」上にある“ヴァーチャル美術館”に展示。2020 PCやスマートフォン上で手軽に見られるだけでなく、VRゴーグルを使用することで 鑑賞すれば美術館を実際に訪れたような体験が可能です。

4
WhiteCanvas2020授賞式・展覧会レポートと受賞者の紹介

WhiteCanvas2020授賞式・展覧会レポートと受賞者の紹介

WhiteCanvas授賞式・展覧会2020年10月24日、第一回目となるWhiteCanvasアートコンペディションの授賞式・展覧会のオープニングセレモニーがカンボジア・プノンペンのiRohaGardenホテルで行われた。 2020年5月〜8月までカンボジア国内で公募が行われ、200作品の応募が集まる。その中から厳選された、一般部門20作品とキッズ部門10作品のノミネート作品が展示された。 会場には作品の展示のみならず、カンボジア発のVRプラットフォームCOMONY内に

8