マガジンのカバー画像

WhiteCanvasプロジェクト

47
カンボジア・タイ・スリランカで行われているアートコンペディション『WhiteCanvas』のレポートです。 http://whitecanvas.pro/
運営しているクリエイター

記事一覧

固定された記事

WhiteCanvasプロジェクトについて【SDGs×ART×ASIA】

本日2021年6月1日からWhiteCanvasアートコンペディションのカンボジア、スリランカ、タイの3カ国を対象に公募が開始された。締め切りは8月31日。その後、審査が行われ、11月にはそれぞれの国で授賞式を予定している。 そして、公式Webサイトも本日公開された。昨年2020年の受賞作品アーカイブを見ることができる。 WhiteCanvasとは、東方文化支援財団の協力のもと、昨年2020年からアジアで始まったアートコンペディション。 東方文化支援財団とは、天王洲アイ

スキ
13

WhiteCanvas2022ミャンマーキッズ部門開催!

3年目になったアートコンペディション『WhiteCanvas』。カンボジア、タイ、スリランカのみならず、今年はラオス、ブータン、そしてミャンマーでも開催することになった。 しかしミャンマー初年度の2022年は、一般部門は控えて、15歳以下を対象にしたキッズ部門のみの開催を試みることにした。 というのも、現在のミャンマーでアートコンペディションを大々的にやっていいものかどうか、わからないのが正直なところ。 ミャンマーはクーデターの後、未だに情勢は不安定。政治犯だけではなく

スキ
8

カンボジアNFTアートの今。

カンボジアのNFTアート関係者が集う『DIGITAL ART PRINTS IN THE AGE OF NFTS』に登壇した。 このイベントは、カンボジアの主要機関のアーティスト、キュレーター、代表者がNFTについて語る座談会。 アメリカプノンペン大学准教授でメタエステティカ研究所の創設者カルロ・サントロ氏から、声をかけて頂きソーシャルコンパスの代表として、WhiteCanvasやTriARTsの活動について話す機会を貰う。 他の登壇者は、アメリカンプノンペン大学テクノ

スキ
14

なんで、カンボジアで『アート』なんてやるの??

カンボジアにいると、文化的なものに触れる機会が少ない。 なんとなく、インプット不足になる。 自覚症状がないのだが、日本に帰って美術館に行くと、なんだか潤う。 文化の吸収する感覚。 つまり発展途上国では、『アート』的なものに触れる機会が少ない。それが、カンボジア在住の個人的な弱点だった。 とはいえ、我々ソーシャルコンパスは、アートコンペディション『WhiteCanvas』を運営し始める。 個人的には、すっかり『アート』で文化的な、カンボジアンライフにはなった。 まだ

スキ
25

WhiteCanvas2022の募集開始!!

今年も、WhiteCanvas2022カンボジアの募集が開始した。 対象はカンボジア人ですが、詳細は下記の通り。 お知り合いのカンボジア人がいましたら、ぜひご共有ください! 同時に、WhiteCanvasラオスも募集開始。 国際交流基金ビエンチャンのトムさんのご協力のもと、運営を進めている。 ラオスの詳細はこちら(ラオ語) 2022年は、ミャンマーでも開催できないかも模索中。 とはいえ、まだ政情も不安定なミャンマー。有名なアーティストや著名人が逮捕されるなと、不安な

スキ
10

次世代のアーティストWhiteCanvasカンボジア【SDGs×ASIA×ART】

現在、東方文化支援財団がWhiteCanvasのクラウドファンディングを実施しています。 ぜひ、ご支援の程よろしくお願い致します。 そして、WhiteCanvas2022カンボジアの作品募集もそろそろ始まる。 そんなWhiteCanvasに初回の2020年、昨年2021年にノミネートされている若いアーティストがいる。 シェムリアップ在住のSor Sovanmunny君(25歳)。 通称、モニー君。 『君』とつけたのは、我々ソーシャルコンパスは、モニー君のことを昔から知

スキ
11

中野善壽さんと東方文化支援財団【クラウドファンディング支援お願いします!】

東方文化支援財団の理事・中野善壽さんが、『WhiteCanvas』の運営費を集めるクラウドファンディングをスタートした。 1,500万円を集める大プロジェクト。 開始4日目にして500万円を超える資金が集まっている。 中野善壽さんは、知る人ぞ知るカリスマ経営者。 2011年に寺田倉庫の代表取締役社長兼CEOに就任後、東京・天王洲アイルエリアをアートの力で文化を感じる街へ激変させた。 そして、その活動を広く評価されて、2018年には日本の法人格としては初となるモンブラン

スキ
13

WhiteCanvasスリランカ

2022年4月29日(金・祝)から5月8日(日)まで、熱海ACAOで開催されてるACAO des ART内で、東方文化支援財団が所蔵するWhiteCanvasスリランカの作品も展示販売されている。 特に、急激に停電、インフレが激しく、それに伴ってデモが発生し、政情も不安定になっているスリランカ。 そんなスリランカの作品を販売し、スリランカの支援に繋げていきたい。 スリランカのWhiteCanvasは、TBSの秋沢淳子さんが創設理事と務める一般社団法人SPUTNIK In

スキ
23

復活!

『3年間毎日投稿する!!!!』 と言っておきながら、何日ぶりの投稿だろうか・・・? 日本へ一時帰国をして、二週間ほど実家での隠遁生活を送り、静岡(水窪)→東京→埼玉(川越)と移動して、福岡へ移動するために、今、成田空港に来ている。 愛知の実家では、あまりの自堕落な生活を送り、特に書くこともなく投稿は2日に一度と滞っていた。 そこから、静岡の水窪に行くと、日本を轟かすのではないかと思うほど面白いコミニティができていて、革命家・工藤シンク氏とまさかの遭遇。 そのまま東京に

スキ
12

転売されて喜ぶアート文化をアジアで作ろう

NFTマーケットプレイスAdam byGMOで、カンボジア・ラオスのアーティストの作品を販売し始めて二週間。 Hea Cheavさん、Jessy AnのNFTアートが12枚も購入された!! Heaさんの作品が飛ぶように売れている。 今週もHeaさんの新作10作品追加された。 Heaさんの作品はめちゃくちゃ多筆で、現在75作品が準備されている。 順次、公開予定だ。 そして、Jessy Anの作品が2次販売されている。 つまりJessy Anの作品を購入者が、再販してくれてい

スキ
17

プノンペンから文化を感じる【Jungle à Domicile編】

WhiteCanvasカンボジア2021のゴールド受賞者Morn Chearさんの個展が、プノンペンで開催されている。 Morn Chearさんは、20歳の頃に事故で両腕を失ったアーティスト。 障害者を支援する慈善団体Epic Artsで芸術の的表現に出会うと、今度は色覚障害を持っていたことにも気づく。 腕もなく、目にも障害を持つ。 そこで出会ったのが、木版画だ。 そんな、Morn Chearさんの木版画の展覧会。 場所はSHOPHOUSE STUDIOというギャラ

スキ
21

日本でも開催!WhiteCanvas Japan 2021

2020年からカンボジア、タイ、スリランカで始まったWhiteCanvasプロジェクト。 2021年からは、日本の子どもたちを対象として『WHITE CANVAS JAPAN 2021』が行われました。 『WHITE CANVAS JAPAN 2021』は、我々アジアで行っているグループとは別運営でで、erupt(エラプト)という有志で集まったグループが母体となって運営されています。 受賞作品は、アジア版と同じくStartbahnサートのICタグを付与し、360°カメラ

スキ
15

WhiteCanvasラオス2022 SocialCompass賞受賞作品【SDGs×ART×ASIA】

2020年からカンボジア、タイ、スリランカで始まったWhiteCanvasプロジェクト。 2021年からは、試験的にラオスでも開催した。 そして、ラオスの一般部門のソーシャルコンパス賞を受賞したのがKingkanda Souliya(キンカーンダー スリニャ)さんだ。 ソーシャルコンパス賞は、カンボジアとラオスにだけ設定されたデジタルアート作品にだけ与えられる賞。 『恋は盲目』と名付けられたこの作品は、色覚障害の方々が見える色に基づいて制作されている。 つまり、第三

スキ
16

【閲覧注意】WhiteCanvasになる!

気がつけば、二月。 毎日投稿を謳いながら、一日36時間に一本記事を書いている。 なのに2022年1月は、なぜか25本しか記事を書けていない。 今年の一月は、スーパー閏年なのであろうか? 不思議だ。 今日もオンラインでもリアルでも、アートやデザインの話をガッツリ話した。 世界的にアートが盛り上がっているようだ。 しかし自分がアートを描くだけではなく、自分自身もキャンバスになって描かれることにした。 子どもという生き物は、遠慮なんて概念はない。必要がない。 容赦な

スキ
20