米ラボ〜稲作研究会
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

米ラボ〜稲作研究会

蕎麦宗

旅するスーパースター、蕎麦宗です。

久しぶりにCLUB SOBASOネタを。

2020年2月にCLUB SOBASOが発足してからの2年半、《人が集まってはいけない》という風潮が醸されたコロナ禍にあって、《人が集まる=コミュニティ》を目的としたクラブとしては非常に活動が難儀で、それでも沈潜化して細々と様々な活動を続けてきた。

その中の一つに稲作研究会がある。一昨年、クラブ員の一人が関わっている《多田稲作研究会》に飛び入り参加させてもらって、一年間米作りを垣間見た。種籾たねもみから苗を育て、稲の成長を見守って収穫。頂いた《にこまる》は《おにぎり》にするととっても美味なる品種で、ちょっと手伝っただけなのに感慨ひとしお!。実に感動した。この話は【早起きは三文の徳】に書いた。

今年も5月に苗作りを手伝い、余った苗を3つ頂いた。せっかくだから自前でやってみたい。そこで、【人工沼に鴨が来た】に書いた、自宅前の休耕田を借りることにして、ご近所さんにご挨拶。子供達にも経験させたいと付け加えたら一つ返事で了解を貰えた。

さて田植え。正直言って初めての経験、そして田植え機はおろか一切の道具もない。よし、ここはCLUB SOBASOの理念通りに《遊んでなんぼ!》だ。仮に失敗して収穫ゼロでも痛くも痒くもないのだから、色々実験・体験してみよう!となった。

今時ならば少しググればYouTubeの一つや二つあるのは分かっているけれど、あえて不勉強で臨む。米だって植物、植えれば生えるし逞しく育ってくれるはず。急な日程設定にも関わらず、2名のCLUB員が参加してくれ、特に石井君は3人のお嬢さんを連れてのなんともほのぼの楽しい田植えとなった。

子供達の楽しげな声がこだまして、集落の人達が道行く度に眺めに寄ってくる。子供の力は偉大。ブユに刺されて泥まみれになること2時間、0.5反程の田んぼ一面に苗が植えられた。あちこちひん曲がったり歪んだり、下手くそなのはご愛嬌。これが昔ながらの《手植え》の良さとしておこう(汗)!。貸して下さった農家のお爺さんの話だと、収穫までに88回の世話をせねばならぬらしい。なるほどだから米(八十八)か!

しばらくは定点観測しながら、愛おしく我ら田んぼを見守ろと思う。CLUB SOBASOの稲作研究会略して【米ラボ】の始まり始まり〜。

さてと、ガンバラナシませう。

画像3

画像2

画像1


#稲作研究会 #やってみた #体験してみよう

この記事が参加している募集

やってみた

#やってみた大賞

5,873件

締切:

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
蕎麦宗

読んでくれてありがとう。少しはお役に立てたかな⁉︎。聞きたいことあったら、ぜひ質問くださいな。もし楽しい気持ちになれたなら、ほんの少しだけ応援ヨロシクです。

大当たり‼️
蕎麦宗
旅するスーパースター、たぶん世界最速の蕎麦屋。2005年伊豆三島に『蕎麦宗』開業。2020年一般社団法人『CLUB SOBASO』設立、遊んで社会貢献を目指せ。…先のことも明日があるのかさえ誰も知りません。でも、僕にも君にもきっと楽しいことが待っています。