今夜はハートカクテルでほんのり気分!
見出し画像

今夜はハートカクテルでほんのり気分!

 Heart Cocktail


 皆さんは”ハートカクテル”に酔った経験があるでしょうか?

 まあ、ホントのお酒ではないんですが、飲むと少し心があったかくなる....それが ”ハートカクテル” なんですよね。


画像1

 『ハートカクテル』は、わたせせいぞうによるマンガ作品。
 1983年から1989年まで、雑誌『モーニング』において、オールカラーで掲載された。


 

 独特な人物と、イラストのような色面構成はもちろんのこと、トレンディーな舞台設定、台詞、そしてハートウォームなエピソードで人気だったマンガなんです。ただ、本格的なブームになったのはアニメ化されてからだと記憶しています。

 自分が高校?大学?の頃、3分ほどの短編アニメとして、夜、ふとした時間に放映されてたりしたんですよね。

 

 30年ほど前になるんで、今、観ると、気恥ずかしい部分もあるんですが、なんかですね、こういう世界観に憧れる年頃だったのです。


 爽やかなエピソードが多いので、イメージは春から初夏なんですが、各季節ごとにエピソードがあって、冬のエピソードもいくつか憶えてたりするんですよね~、これが....


「7頭のトナカイ」


「カシミア80%のコート」


 ”手編みのセーター”や、”カシミアのコート”ってキーワードだけでも、ハートカクテルの世界に誘われたりするんですよね。
 それぞれの季節で、また、紹介できればいいなって思ってます。

 皆さんにも、私の感じている甘酸っぱい気恥ずかしさを共有してもらえればと思います。


わたせせいぞう -SEIZO STATION-



**********



 『ハートカクテル』の楽しみのひとつは、何と言っても、背景で流れるBGMなんですよね。
 当時のジャズ系フュージョンのミュージシャンの方々が作成していて、サントラ盤?は、まるで短編集のようで、なかなかな素敵だったのです。


 「vol.1」と「vol.2」は、ラテンジャズピアニストの松岡直也さん。

画像2

画像3


「vol.3」は、ミュージシャンのTONY'S SHOW。

画像4


 「vol.4」は、ジャズ・ピアニストの島健さん。

画像5


そして「vol.5」と「vol.6」は、作曲家の三枝成彰さんが担当していました。

画像6

画像7


 曲名は『ハートカクテル』のエピソードの名前で、作品集的な香りがしてよかったんです。
 あの頃、このサントラはよく聴きましたね~。もともと大好きだった松岡直也さんはもちろんですが、特に聴いたのは三枝成彰さんの「vol.5」と「vol.6」かな.....
 とってもロマンティックな感じで、車の中でもよく流してました。

    ↑
 何の演出だったんだ!w


※「カシミア80%のコート」の方が、三枝成彰さんの曲です。

 




スキ、嬉しいです! また覗いてください。
考えた事を文字にすることはけっこう好きで、読書や音楽、映画のことや、ふと思ったことを気ままに書いてます。皆さんに読んでもらえることは、やっぱり嬉しいので、のんびりつき合っていただければと思います。( プロフィールにこれまでの記事一覧を掲載しています。)