北陸とやまに移住したアートディレクターが関わる愛のある仕事の話し Project_02|Johanas
見出し画像

北陸とやまに移住したアートディレクターが関わる愛のある仕事の話し Project_02|Johanas

富山のデザイン事務所 スカビ こと sky visual works inc. が手掛けたプロジェクトの紹介ページ
南砺市城端(なんとしじょうはな)で明治創業の機屋さんが立ち上げたブランド「Johanas(ヨハナス)」のアートディレクションのお話しです。2017年12月にパッケージのご相談から始まりました。


ライフスタイルブランド ブランディング(アートディレクション)
ブランド名:Johanas (ヨハナス)
場所:南砺市城端(富山県)
Link:https://johanas.jp
2017-


- Art direction
- Logo & Logo system design
- web creative direction
- Package design


[Outline / 仕事の概要]
Johanas(ヨハナス )は明治10年創業の絹織物業、松井機業が立ち上げたシルクのライフスタイルブランドです。富山県の南砺市五箇山地域は、その昔、耕作についで養蚕が主産業で、隣の城端では江戸時代には住人の半数以上が、絹織物業に関わっていたそうです。
そして現在、玉糸を使った「しけ絹」を製織しているのは、松井機業のみとなり、城端絹の製織も一軒を残すのみとなってしまいました。

そんな、唯一無二の製品を製造しているにも関わらず、時代の流れと問屋との取引がメインの仕組みの中で、売り上げは下がり、六代目を継承する松井紀子さんが立て直しを考え、ヨハナスを立ち上げてから暫くして、あるプロジェクトでの会合での出会いから関わりが始まりました。
ギフト用のボックスデザインのご相談としてデザイナーを探していた松井さんにお声がけいただいたことから城端でお話しを伺う機会をいただきました。

最初は城端(じょうはな)とは読めず、もちろん歴史についてもほとんど何も知らない状態でした。
その工場は、寂れたとは違う、時代が止まったような不思議な空間で、初めて見る機織機や、糸を括る機械の説明をしてもらいました。今でも中を見る時は、その時と同じ気持ちになります。

松井さんの人脈とバイタリティでヨハナスは、既にロゴや冊子、パッケージなどブランドとしての設えは整っていました。
何となく手にした小さなパンフレットを拝見し、気になることがありました。
その時まだ読めなかった「城端」「絓絹」という漢字や「蚕」の説明から始まるテキストを読んで、商品の魅力が伝わって来ない。パッケージの話しはさておき、今まで活動してきたコミュニケーション手法や、デザインの話しを聞くことから、初回のミーティングが始まりました。

matsui-1903外観

matsui-2181ボイラー


[デザインについて]
ブランディング
既に展開していたロゴが松井機業の○に井マークをベースにしていることで、取り扱い商品が生地(松井機業)か、雑貨(ヨハナス)なのか伝わり方が曖昧になっていることを問題にしました。
時間を費やし、事業内容の棲み分けに線を引くことを機会に、リブランドの方針を固めました。
それまではアイテムごとに関わるスタッフが変わり、それぞれの想いでアウトプットされていましたが、そこも大きな問題として、ディレクションしています。

ロゴ・マーク
インタビューを重ねる中、シルク市場は海外でも展開できることを共通認識として持ちました。英語にカナをフリガナのような扱いにすることで、日本発グローバルな認知に繋げたいと考えています。
文字のノイズは、しけ絹を通して落ちる陽の光を表現しています。
また、マークは繭のカタチをベースに、地元に昔ばなしとしても残っている水芭蕉をモチーフに入れています。

画像3

画像4

パッケージ
松井さんの自然や生物に対する想いは強く、少なからず、環境に対する意識を仕事にも反映させたいと思い活動してきた中で、自分たちが今、できる限りのことを試行錯誤して、商品の入れ替えのタイミングで脱プラパッケージへの切り替えを進めています。

画像6

画像6


[カタチにしていくプロセス]
上述のように、最初に伺ったときは、城端(じょうはな)という地名も読めませんでした。
松井さん夫妻と一緒に、松井機業と、城端の歴史を勉強し、その昔印鑑の制作をしていた印鑑屋さんを金沢まで訪ねたり、パッケージのアイデアを広げるために、五箇山の和紙工房に行くなど、時間はかかりましたが、地域に触れ合いながらも、伝えるべき先のことを考えて丁寧に落とし込みながら進めています。

[今後の展開、めざしていきたいこと]
今までのフェーズ1は、揺らいでいた伝え方や、ブランドの考え方に芯を通す見え方と伝わり方の支援をしながらベースを整えてきました。
この先、フェーズ2としてカタチを整える作業と同時進行で、小売や卸しなど仕組みも絡め、出口を見据えた商品作りに着手し始めました。絹本来のあるべき姿を、時代に合わせたスタイルで提案していきます。
ブランドのあり方についても、議論を重ねている中、無農薬の桑を育て、国産オーガニックの養蚕へのチャレンジをしています。歴史ある産業が、時代に合わせて進化していく場面に関わり続けます。

Credit
Client: Johanas (松井機業)
Art director: ナミエミツヲ (sky visual works Inc.)
Planner: 松井滋(松井設計)
Photographer: 大木賢


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スカビ こと sky visual works inc. が富山から愛を込めてお送りするお仕事とプライベート、その周辺の物語。 デザインの仕事が人とのつながりで成り立っている。という話題がメインです。 instagram: skyvisualworksinc