見出し画像

I Love SIWA no.012 minamiyanさん

今回は、企画やカメラマンなど多岐にわたり様々な分野で活躍されているminamiyanさんに、愛用品のSIWAについて聞きました。


I Love SIWA 会員番号 012
お名前 minamiyan
私の愛用品 SIWA バッグスクエアショルダー
使用年数 10ヶ月


わたしの使い方
お仕事用のトートバッグ。バッグを自立させたいので、靴を収納するためのケースをカットして入れています。形崩れを防げるし一石二鳥です!

画像5


わたしとSIWAとの出会い
3〜4年前ですかね?CRAFT STOREのオフィスに行った際に、SIWAのスリッパを出されたのがはじめての出会い。紙とは思えない質感に驚きました。言われないと和紙だと気づかなかったと思います。

月日は流れて仕事用のトートバッグを探していたときに、黒のレザーだと重たすぎるしなんかいいのないかな〜と探していたところSIWAの存在を思い出しました。

画像2


「しゃけ」という名の猫を飼っていまして、毛がつくからとにかく黒が着られない&持てない!と諦めていたのですが、どうしても黒のバッグが欲しくて……。
SIWAなら紙なので猫の毛もつかないし、軽いので重宝しています。さらにもう一声いうと、肩こり持ちなので軽いバッグは本当に嬉しいです。

画像5


わたしにとってのSIWA
革製品や金継ぎ、貫入のあるうつわなど、月日と共にわたしと一緒に変化していけるモノが好きなんです。SIWAは紙だけど、使うたびに味わいが深まって自分だけのバッグに育っている感じがしていいです。

1年近く使っているとハンドル部分がもけもけと毛ばだってきたので、ずっとやってみたかったロウ引きにトライ!うまくいったかどうかはさておき(笑)手間をかけて手入れをするプロセスが好きなので大満足です。

画像4

画像5


特殊加工された和紙なのでロウ引きに意味があるか分かりませんが、革製品同様にクリームとか塗ったり、防水スプレーをしたりしたいな。新しい物を買うんじゃなくて、長く付きあって行きたいなと思わせてくれます。


これからのSIWAにひとこと
フラグメントケースが欲しいです!ハーフラウンドジップに片面はラージポケット、もう片面はカードスロットが5枚分程度。キャッシュレス時代だから、お財布を見直したいところ。ぜひお願いします〜!

画像6



minamiyanさんのプロフィール
やさしい暮らしをテーマにライフスタイルを中心としたクリエイター。代表的な仕事として日本のものづくりをセレクトした「CRAFT STORE」や、渋谷ヒカリエ ShinQs「ゆるていねい編集部」などがある。
CRAFT STORE
ShinQs「ゆるていねい編集部」
minamiyanさんのインスタグラム


今回の「I Love SIWA」紹介アイテム
SIWA バッグスクエアショルダー



この記事が参加している募集

私のイチオシ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキにしてくれてありがとう!よろしければSNSのシェアのお願いします
25
千年続く和紙の産地、山梨県市川三郷町にある和紙メーカー大直と工業デザイナー深澤直人さんと一緒に作った毎日使える和紙製品ブランドSIWAの公式noteページです。 https://siwa.jp https://www.instagram.com/siwacollection/

この記事が入っているマガジン

I LOVE SIWA
I LOVE SIWA
  • 15本

SIWAユーザーのみなさんの様子をご紹介してゆく連載「I Love SIWA」です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。