見出し画像

I Love SIWA no.020 中濱 光代さん

今回は熊本県で、くらしの道具と器と婦人服のお店「イツカキタミチ」 を営む中濱 光代さんに、愛用品のSIWAについて聞きました。


I Love SIWA 会員番号 020
お名前 中濱 光代(なかはま みつよ )
私の愛用品 ブックカバーショルダーバッグ小物ケース名刺ケース
使用年数 1番古いもので8年

わたしの使い方
毎日日常的に使う小物たちと共に使ってます。

画像1

わたしとSIWAとの出会い
2012年に「イツカキタミチ」を立ち上げる際、取り扱い商品を考えていた時に東京に住む、長男の嫁が、ダークグリーンのブックカバーを送ってくれて「雑貨屋で見つけました、これは今からくると思います!」と。私もそのブックカバーに一目惚れで、これはいけるぞと思い、上京して、コンタクトを取り、幸運にも取引が出来るようになりました。渋谷のビルの影で、勇気を出して電話をかけたあの日の事は、今でも忘れません。

画像2

わたしにとってのSIWA
店の立ち上げ当初から紙和商品たちと一緒にいますので、取り扱い商品としてプライドであり自慢です。そして、出かける時に、好きな洋服着て靴はいて、最後に決めてくれるのが、赤のブリーフケース、グレーのショルダーバッグ、私には欠かせないファッションアイテムです。


画像3

これからのSIWAにひとこと
ますます洗練されたセンスのままにいい物を作り続けてください。紙和との出会いに感謝しつつ、8年間自分なりに育ててきた、小さな小さな雑貨屋「イツカキタミチ」と共に、 これからも日々を重ねていきたいと思います。

中濱 光代さんのプロフィール
「人生は、一度きり、悔いは残したくない」と。
2012年8月に、熊本県阿蘇郡西原村に暮らしの道具と婦人服の店「イツカキタ ミチ」を立ち上げ、2016年4月の熊本地震。以降移転を余儀なくされ、2017年11月に今の熊本市東区に移転し、現在に至る。


今回の「I Love SIWA」紹介アイテム
ブックカバーショルダーバッグ小物ケース名刺ケースブリーフケース

中濱さんのお店「イツカキタミチ」ではSIWAの製品の販売をしていただいております。ぜひお近くの方は中濱さんに会いに行ってください!中濱さん、ありがとうございました!今後ともSIWAをよろしくお願いいたします!







この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキをありがとう!よろしければSNSのシェアをお願いします
20
千年続く和紙の産地、山梨県市川三郷町にある和紙メーカー大直と工業デザイナー深澤直人さんと一緒に作った毎日使える和紙製品ブランドSIWAの公式noteページです。 https://siwa.jp https://www.instagram.com/siwacollection/

こちらでもピックアップされています

I LOVE SIWA
I LOVE SIWA
  • 31本

SIWAユーザーのみなさんをご紹介してゆく連載「I Love SIWA」です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。