考えたこと。(エッセイ)

43

なぜ人は笑うのか / 笑いとはどのような行為か。

演劇を見ていて、時折不思議に思うことがある。生で劇を鑑賞しているときに、私は特定のシーンで (ほかの観客と同じように) 笑う。しかし、映像化された同じ劇を見ても、劇場で笑うのと同じようには笑えないのである。生で見たときは確かに笑えたものが、一人で見るときには笑えなくなる。少なくとも、一人で見ているときの「クスクス笑うような」笑いと、劇鑑賞中の観客の笑いは、どこか異なる質を持っている。もう少し一般的

もっとみる

【雑文】『トイ・ストーリー4』の飲みこみがたさ。あるいは今日のディズニーがはまり込んだ難しさについて。

本編のストーリに触れるものではないが、ほんのりとネタバレあり。

 思ったことを書きなぐったので、大した結論などはない。

*****

 先日『トイ・ストーリー4』を見てきた。近年のディズニーらしく、「Where you are (いるべき場所、いる場所)」、そして「Who you are (誰であるか、誰であるべきか)」をテーマにした良作であった。思えば近年のピクサー・ディズニーは、『シュガー

もっとみる

「面白くないなら、無理して笑わなくていいよ。」

忘れられない一言についての小話をする。

 もう8,9年前のことになったのだろうか。ゼミの飲み会でのことだった。私はいつも通り普通に酒を飲んで、楽しく会話をしていた。飲み会は取り立てて大好きというわけではなかったし、会話に困る場面もあったが、嫌いというわけではなかった。

 だが、その会の途中で、正面に座った女性に、「面白くないなら、無理して笑わないでいいよ。」と言われた。その一言は本当に唐突で、

もっとみる

「理解」という概念では捉えられない、コミュニケーションにおける微細なズレ - 『プリキュア』『アイカツ』のシーン分析のための準備。

―目次―
序 なぜ、相手の頭のなかを覗くことなどできないのに、コミュニケーションが成り立つのか。
1節 本稿における問い。:「理解できる / できない」という概念で捉えられないことについて。
2節 「理解」という概念の分析。:そこで前提となっているものは何か。

 この記事は、本当なら1つの記事になるはずだったものの、前半部分を「準備編」として公開したものである。なぜ前半だけを切り離して公開したの

もっとみる

小話:「自分に厳しく、他人に優しく」というのはいかにして可能か。

書いているものが行き詰ってしまったので、気分転換に全く違う小話をしてみる。「他者は私には理解できない」と考えることがなぜ大切なのか、という話。

*****

 社会を生きるうえで基本的に求められる格率は、「自分を律しながら、他人に寛容であること (しかし、無関心ではないこと)」であろう。こうした態度が排除ではなく包摂をもたらす。しかし、このように「自分に厳しく、他人に優しくあること」はいかにして

もっとみる

本の自炊環境を整えることを全力でおススメする記事。自炊はいいぞ!

〈目次〉
 0. いま、猛烈に、人に自炊をおススメしたい!
 1. 最初に確認!自炊は誰に向いているのか。
 2. 技術に驚き!紙と同じように書けるんです。
 3. ただし、健康被害もある。
 4. で、何を揃えたらよいのか。
 5. とにかく、自炊はいいぞ。

0. いま、猛烈に、人に自炊をおススメしたい!

 夏に、自宅の本を電子書籍化する環境 (いわゆる自炊環境) を整えた。

 ドキュメン

もっとみる

「平成たぬき合戦ぽんぽこ」に描かれた「昭和」と「平成」。あるいは運動の終わりの景色。

目次:
0.  平成の終わりに、私たちが通り過ぎてきたものについて考える。
1.  1970年代の不安:藤子・F・不二雄作品における人口増加のイメージ。
2.  舞台となる「ニュータウン」:農村の消失と郊外の誕生。
3.  運動の時代から消費の時代へ : 妖怪大作戦は何に負けたのか。
4.  それぞれの敗北 : 運動のゆくすえを見つめて。
5.  むすび:消されてしまった景色について。

0. 平

もっとみる

「社会を語ること」の難しさについて:「社会学」は何が難しいのか。②

3. 社会学の困難① : 「社会学で社会がわかること」 それ自体に既に問題がはらまれている。

 (1) 私たちには何が見えていないのか
 さて、以上の内容を引き継ぎつつ、以下の二節では 「概念と観察」「内部記述と観察者の観察」といった視点から社会学の困難を記述していくことにしよう。
 まず、本節では 「概念と観察」 というところに焦点を当てる。先に社会学の第一歩は 「ある特定の概念によって、ある

もっとみる

「社会を語ること」の難しさについて:「社会学」は何が難しいのか。①

「社会を語ること」というのは、なぜ難しいのだろうか。この記事では、山本泰「社会がわかるとはどういうことか?社会学がわかるとはどういうことか?」(国際社会科学 64 1-15 2016年3月) という文章を元にしながら、そのことについて考えていく。

1. 社会について語ることの難しさ :「社会について語ること (社会学)」の難しさを考える。

 私の専門は、(たぶん)「社会学」だ。専門とい

もっとみる

わたしとあなたとの深淵を越えていく想像力 ― 谷山浩子「きみの時計がここにあるよ」について

前回に引き続き、谷山浩子さんの曲について手短に。

*****

 「きみの時計がここにあるよ」を初めて聞いたのはライブにおいてであった。卓上にある置時計から思いがけぬ形で広がっていく世界に感嘆したことを覚えている。自分にはない想像力に触れた気がして、とても強く印象に残った。

 真夜中の置時計 机の上で時を刻む  文字盤の上には 頬杖ついた天使

 ふと僕は考える この天使の図案を描いた誰かが 

もっとみる