映画ゆるい感想文「レオン」

映画ゆるい感想文「レオン」

湯木しをん



例によって全文読めます。でも課金したい人はできるようにもなってます。よろしく!

******
レオン
1994年公開(なのでネタバレありありで書く)
リュック・ベッソン

同監督のTAXi 観たあとに、おすすめしてもらって視聴。曰く「リュック・ベッソンのロリコン(ロマン派)性を観てほしい」とのこと。ロマン派ロリコンとは🤔(観たら意味がわかった)

殺し屋のレオンと幼女マチルダが奇妙な共同生活をする話(ざっくり)。
個人的には、色々あって大人になり損なったこどおじ(孤独なおじさん・コドモおじさんのダブルミーニング)のレオンと背伸びしてないと息してらんなかったマチルダが、恋人も親子も兄弟もやって大人になる話だと思った。(超ざっくり)(語弊)
愛着障害あるある話みたいな纏め方をしたくない。超個別具体的な話がしたいので、とりあえず色々と言及させてください。


・映像美
光と闇とオレンジ。光量とか画角とか役者の表情の変化で何が起こったのかわかる演出、凄い(映画観る文化無い奴の感想感…)。直截に映すより美しいし鮮明だけど、それが例えば死んで欲しくない人が死ぬシーンだと、来るものがあるよね。
でも残酷なシーンがちゃんと美しいのはいいものだと思う。


・曲が総じて好み
オープニングの音の入り方とか、レオン死ぬシーンのピアノの音使いとか、嫌いな人いないでしょ。
私の好きな某アニメ(複数個)の音楽まわりから強くレオンの影響を感じたけどインタビュー記事漁る余力は無いです…エンドロールの曲も非言語の部分に相当濃い味がして英語わかんないくせに好きです。


・ロリータ性癖大爆発
凄い。「勝手にキモがれ、震えてろ」を感じました。本当にお好きなんですね。
そもそもガチ危険物ロリのナタリーポートマン、それ自体がひとつの性癖感。序盤の銃連射シーンもロシアンルーレットのシーンも好きです。

ナタリーポートマンに煙草吸わせたいし、鼻血も痣もやりたいし、滅茶苦茶に銃撃たせたいし、臍はドアップで撮りたいし、胸ブカブカのトップス着せたいし、足が浮くほどの身長差ハグ(私はこれが「ロマン派のロリコン」だと思いました)をやりたいんですよね。
アメリカのロリータコンプレックスは甘くないとは言わないけど、ゴスパンク寄り悪魔的概念寄りで香辛料バチバチで私は好きです。

日本のロリータは砂糖漬けだから。それも味だけど。KERA大好きでした。(でもそれ食べ飽きた…いつまでもお砂糖とスパイスで出来てんじゃないよ🥺)

・ナタリーポートマンについて
ナタリーポートマン撮りたさに作ったと言われても信じるレベル。ロリコンじゃなくてもマチルダに関しては仕方ないと思わせる程の美。
レオンがプレゼントしたちょっとダサいドレスを着るシーン、顔が良すぎて「当時のハイセンス」なのか「色々不慣れでちょっとダサいドレスあげちゃう不器用可愛いレオンと、好きだから着て見せてあげるマチルダの胸キュンシーン」なのか判断迷った。
その上で、その時そのときでちゃんと生きててそれが美しい。あと人間あんな軽やかにボロッボロ泣けるもんなのか。コドモなのに。カメラの前で。成程。稽古をします
衣装もアイコニック。オトナが着るみたいなシックで首元とか胸元出てるトップス着てチョーカー、前下がりボブ。
あれ当時皆真似したでしょ。私は真似したい。肉体がオトナなのがかなしい。あれは子供の肉体でやるから危なくてアイコニックで可愛いのだと思う。丸サングラスもオレンジの帽子もちょっと嫉妬するくらい可愛い。真似したいけど多分似ない
(レオンの衣装も可愛い!!!!!)

言及したい点が多すぎて困る
「初体験を早く済ますのはタバコと同じ。背伸びしたいだけ」と自分で言えてしまった時点でマチルダは「大丈夫」になってたと思う…

あと終盤レオンが穴に鉢植え落とすシーンが好きです。マチルダ最優先感。

・「レオンはどの時点でマチルダと二人で生きることを諦めたのか」
個人的に気になって、2回目視聴時相当注目した。私が見た限りだけど、ノーマンに撃たれる瞬間まで諦めてなくて、ノーマン役のゲイリーオールドマンを嫌いになりそう(もの凄い役者さんだと思う)。何故撃った。レオン何故死んだ。生きて二人で幸せになりました じゃおとぎ話過ぎますか?ハリウッドだし良くない?


・メタファーの話
小道具、色々意味深で何が何のメタファーか終始考えて観るなど。
マチルダの煙草=背伸び(もう普通に素直に取りたい)

レオンのミルク= 幼児性
蛇足かつ私欲:牛乳噴いて動揺するレオンの童貞力…というか、色々事情がおありで大変で、ニンゲンをやってこれなかったんですね 感が可愛い。

鉢植え=life …だと思うと、結構早い段階でマチルダに鉢植え触らせてることに良さを感じる。あとラストシーン芝生掘って無理矢理植えちゃうのも、ガーデニング厨として滅茶苦茶突っ込みたいけど、このお話のラストとしてはこれ以上ないほどうまい例えだと思う。根付くにはちょっと無理ありげな感じと、それでもここに根を張るしかない感じ。二人でやれなかったことを一人でやってく意識を感じる。



正直まだ追記したい。余力が来い。

結論
とにかく美しかった。レオンは文句無しにいい映画だけど、レオンを好きなおじさんはちょっと怖い。一緒にオトナになってくれる女は居ません。オトナには自分でなってください。私もそうします。やってこ。


この先は何も無いけどただ私が嬉しくなる課金ページ。わーい!

この続きをみるには

この続き: 0文字

映画ゆるい感想文「レオン」

湯木しをん

1,000円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
明日、ちょっといいことがある
湯木しをん
役者。その時々のうまいもんが好き。文章書いたり作詞作曲したり歌ったり写真に写ったりする。 仕事募集中。お金払ってやってほしいことがあれば、やるかも。 noteのテーマ提供、有償依頼のネタ提供歓迎。 遊びましょ