見出し画像

コジロ・ザ・ガンマン vs 殺人エンターテインメント

「バカな」

それがビリヤードマーダーの最期の言葉だった。ボールとキューを叩っ斬られ、脳天に銃弾を撃ち込まれし殺人技巧追求者はその場に倒れ、動かぬ屍体となる。

男は銃刀をホルスターに戻し、着物の襟を正すと、涙を流す少女の肩に触れた。

「要らぬ世話だったか」

少女は静かに、一往復だけ首を横に振る。

「おい、まずいぜ」

決闘を見ていたカウボーイのひとりが男に声をかけた。

「死んだこいつ、あの殺人エンターテイナーの一人だぞ」

恐ろしき組織の名を耳にした群衆が少しざわめく。だが男は表情ひとつ変えず返事した。

「承知の上」

「なら、何故。お前、奴らに追われるぞ」

「其れがおなごを泣かせる訳にはなるまい」

男はカウボーイに向かい直すと、刀にふたたび手をかける。

「お主も抜け。演技で殺気は隠せんぞ」

「……お見通しか」

カウボーイの口が大きく開くと、中から燕尾服の男がぬるりと飛び出した。

「俺はマジシャンマーダー。同胞の仇、覚悟しろ」





【続く】

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
5
オールド・ニュー・クリエイティブ・サークル『Sinkai Club』の公式noteアカウントです / 三楼丸と志之塚のふたりが力をあわせて創作活動を行っています / 連絡先→ oldnewtown360@gmail.com

こちらでもピックアップされています

逆噴射小説大賞2018:エントリー作品収集
逆噴射小説大賞2018:エントリー作品収集
  • 1857本

「逆噴射小説大賞」とは、ダイハードテイルズ出版局が主催し、社会派コラムニストの逆噴射聡一郎先生が審査員に加わる、コンテンポラリーで由緒あるパルプ小説大賞です。今回の本文文字制限は400文字以内です。しかしこれは「400文字以内で物語を完結すること」という意味ではなく「小説の冒頭部400文字で応募する」という意味です。つまり「この続きを読みたいと思わせる、最もエキサイティングなパルプ小説の冒頭400文字」を表現した作品が大賞を受賞し、その応募者は大賞の栄誉とともにCORONAビール1カートン(24本入り)を獲得できます。 応募要項:https://diehardtales.com/n/nfce422e0faef

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。