新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

Online Lessonについて

こちらではインターネットを使った、遠隔でのレッスンについて書き記していきたいと考えております。

これまで、10年間以上もの間、Liveやレッスンを続けてきた中で一番大切にしているのは、音楽の生モノである側面です。

同じ空間を共有してこそ、感じられるものがあるのだ。

CDやデジタルでは味わえない、生のLiveを体感していただきたい。

それらを強く思いながら音楽人生を歩んできたため、今までは、たとえば、引越し等の理由でオンラインレッスンに変更せざるを得なくなった生徒たちに対する救済処置的な感覚でした。

ところが、2020年3月頃よりパンデミックを引き起こした、コロナウイルスの蔓延により、ほとんどのレッスンをリモートによるレッスンに移行せざるを得なくなりました。

そして、その時に考えたのは、やはりネットを介したレッスンだからと言って、その質や価値を落としたくないということ、そしてどうすればそれが可能になるかということでした。

当然、行き着く答えは、「オンラインレッスンでしか出来ない内容を提供すればいい」になります。

もし、Live(対面でのレッスン)の問題点をあげるとするならば、重要な瞬間や奇跡的な場面も、理解したつもりになって、流してしまいがちになるということです。

このオンラインを使ったレッスンでは、より精密に自身を客観視し、細かい部分を重点的に指導するのが、かなり容易になります。また、マイクに乗って声が入ってくるので、空間の余計な倍音がカットされ、逆により鮮明に声が分かりやすい部分も多いです。

そうすると、相対的に、対面でのレッスンは逆に、どこに重点を置いてレッスンをするべきかも、自ずと見えてくると思います。

とても簡略化した言い方をすると、対面でのレッスンでは、右脳にあたる感覚や直感力を磨いて瞬発力や熱量の側面を、ネットを介したレッスンでは、左脳にあたる思考力や理論力を用いて冷静な分析力を、それぞれ中心に据えながら学んでいくようなイメージでしょうか。

また、当然ながら、レッスン以外の時間をどう過ごすかは、皆さん自身にかかっているわけですので、そのほとんどを過ごす自宅環境が、果たして音楽を磨く上で適切かどうか、また、より向上させるにはどうしたらいいか、などのアドバイスも、このレッスンでは具体的にしていきます。

ちなみにですが、既に使用されている方も多いと思いますが、オンラインのレッスンではZoomというソフトを使用しています。

Mac、Windows、iOS、Androidにも対応している無料のソフトですので、こちらのアカウントを取得していただき、レッスン前までにダウンロードをお願いしております。

ご興味ある方はぜひ一度、以下のSideways StudioHPをCheckしてみてください。

https://www.sideways-studio.com/

それでは、SidewaysOnline Lessonが、皆様のより快適で豊かな音楽生活の手助けになるよう願っております。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
3
小田急線町田を拠点とする音楽教室です。 発声の基礎と、生徒それぞれの個性を大切に一人の音楽家としてプロデュースしていけるような新たなレッスンの形を模索しています。

こちらでもピックアップされています

Online Lesson
Online Lesson
  • 4本

こちらではPCなどを使ったオンラインでのレッスンに関する記事をまとめてあります。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。