見出し画像

【配信中】Mosslight-LED 照明付きテラリウム作家の内野敦明さんのFABTALK

クリエイターをゲストに迎えてじっくりと話を聞くPodcastラジオFABTALK。第2回目のゲストはMosslight-LED 照明付きテラリウム作家の内野さんです。

こちらで聴けます。

Anchor(オンライン上で聴けます。)

Spotify


神戸の宝塚のアトリエには、壁一面のコケのテラリウムが飾られています。そのひとつひとつは内野さんがコケの1本1本を丁寧に植えて、適切な環境化で育てた作品です。今回のnoteでは、配信のときに話題にあがった内容をリンクや写真で補足します。

偶然がつくったコケの世界への入口

内野さんは元々、コケとは無縁の照明メーカーの社員だったそうです。ふとしたきっかけでコケの奥深さと照明との相性の良さを知り、深く興味を持っていきます。そのきっかけとなった本がこちら。この本の協力者の欄に知り合いの名前があったことが、よりコケにハマるきっかけとなります。


Instagram

内野さんが運営しているMosslight-LEDのinstagram、なんとフォロワーは6万人にものぼります。そのきっかけは、海外で活動している甥っ子のバンド(the fin)のinstagramをみたかったからだそうです。



スウェーデンからの来客

スウェーデン人の著者がMosslight-LEDを含む世界中のコケアーティストや専門家にインタビューした本。2019年3月現在はスウェーデン語版のみで、英語版は発売予定で、今は予約のみ受け付けています。


コケを育てる楽しみ

コケテラリウムはその中でゆっくりと成長して増えていきます。最長寿のものだと6年もの。テラリウムの中にコケ任せな世界が広がっています。


コケをはじめたい人に向けて

オフトークで教えてくれたのはおススメの本。コケを育てたいと思ったら、まずはこれ、という入門書だそうです。

そして、 外に出て、このコケは何かなと観察したくなったら、この図鑑が使いやすいそうです。なんと、外で使って濡れてもいいように、耐水カバーまでついています。






この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
しょう@ファブラボ神戸

活動に共感して、支援してくれた寄付金はFabtalk、FabLabなどのコミュニティ立ち上げに使わせていただきます。

ありがとうございます!
6
家庭菜園やこどもの遊び道具など暮らしに近いものづくりが好き。ファブラボ神戸(β)というものづくりコミュニティを運営しながら、FABを暮らしに結びつけて心豊かな生活をおくるために日々試行錯誤を重ねている。