新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

せいかつ編集サロン2020年6月からのメンバーを募集します

明日から6月ですね。
恒例の月頭せいかつ編集サロンメンバーの募集をさせていただきます。

正しくは、通年募集してるのですが決済の仕組み上、月ごとに決済されるので月頭がオトクですよ〜ということです。

画像1


せいかつ編集サロンとは? 

タイトルの通り、「せいかつ」を編集するためのオンラインサロンです。生活の編集と言われてもピンと来ないかもしれませんが、世の中は「編集」であふれています。

今、コロナウイルスのほか、ネガティブな情報の影響で気持ちが沈みがちな人も多いかもしれません。今の環境、状況をどう活かすか、たのしく過ごしていくかは、それぞれの工夫にかかっていて、その「工夫」の部分を私は「編集」と定義しています。

画像2

同じ素材(環境)だったとしても、コンセプト(捉え方)で気持ちや状況は変わってきます。

私自身、昨年9月に法人化し、夫婦で「せいかつ編集室」を営んでいます。大木家としては、夫が経営&主夫、私がプレイヤーとして仕事をとる&こなすというバランスで生活をしています。「女性が家事をしないといけない」「男性が仕事を持ってこないといけない」という既成概念を変えて、我が家流に編集してきたのです。

ところが、実はわたくし…現在3人目妊娠中。今まで通りの働き方ができなくなりそうです。そして、明日からは娘が心臓の手術のため入院。なかなかヘビーな状況。

働き方も、家族の役割も、暮らし方も再編集していくタイミングなのかもしれません。


編集ツールとして「手帳」を活用します

私はアナログとデジタルの間が大好きな人間です。サロンでは、思考を整理し、未来を作り出すためにアナログ手帳のツールを使い、サロン内でシェアしています。

いろんな手帳を日々シェアしています。

日記を見せっこするチャンネルもあるので、手帳好きさんもぜひお仲間入りしてほしいなぁー。


出版チャンネルでアウトプット

6月からの企画として、「出版チャンネル」を立ち上げます。

本を出したい人、雑誌を作りたい人、ZINEを作りたい人はもちろんですが、そうでなくても「もし自分が本をつくるとしたら…!」と仮定をしてアウトプットしていくことってとても大切だと思うんです。

人に伝えることの練習になりますし、「もし本を出すなら…」と考えることで、自分の強みやコンセプトを再度見直すきっかけになるはず。

サロン内には出版経験者もいます。みんなで知恵を出し合いながら、たのしくアウトプットしていけたらと思っています。

入会はこちら

「このプロジェクトを支援する」のボタンを押してくださると、決済に進み、slackのURLが紹介されます。

ご不明な点があれば、DMやらメールやらお気軽に♬おまちしております。





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただけると、とっても嬉しいです。 コーヒーかおやつでもいただいて 次の記事を書く原動力にさせてもらいますね。

ありがとうございます!がんばれます〜!
21
愛媛在住のライター&編集者。 公式サイト▶︎ https://shs2.com/ オンラインサロン▶︎https://camp-fire.jp/projects/view/123870 ウェブマガジン運営▶︎http://sekakuri.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。