見出し画像

acoと春菜のマナデルゥ #12 〜フェミニンケアと介護〜

今回は、フェミニンケアをするとイイコト! 第一弾として「介護のシーンにおけるフェミニンケア」についておしゃべりしました。


排泄のお世話を誰かにしてもらう想像をしたことがありますか?

突然ですが、誰かに“お下”のお世話をしてもらう想像をしたことはありますか? 人生100年時代・・・寿命は確実に長くなっています。将来、誰かに介護をしてもらう可能性の方が高いですよね。

誰かに排泄ケアをしていただくと考えたとき、デリケートゾーンはキレイであってほしいですよね。


排泄ケアがはじまると、認知が進む・・・その理由は?

実は、排泄ケアがはじまると認知の進みが早くなるという説があります。その理由は・・・排泄まわりをお世話してもらうこと=自尊心が傷つく、羞恥心が生まれるから。

少しでも尊厳を保ちたい・・・そんな気持ちから、認知が進むと言われているのです。なるほど。一理あります。

来るべき介護時代に向けて、VIO脱毛をされる方も多いそうですが、それと同じ理由で、デリケートゾーンケアも推奨されているのです。

介護をしてくださる方のために。
そして、なにより自分の尊厳を保つためのデリケートゾーンケア、というわけですね!


きれいなデリケートゾーンとは?

誰かに見られても(?)、きれいなデリケートゾーンってどんなものでしょう?

あかちゃんのおまたって、きれいですよね。さすがに、あのままキープするのは難しいけれど(笑)ちゃんとお手入れしてきたデリケートゾーンは、見た目からしてちがいます。

年齢とともに、デリケートゾーンがくすんだり、乾燥したり、硬くなってしまいますが

ケアをすると、ハリやうるおいが出て、見た目もきれいになります。これはお顔と一緒ですね。顔に意識を向けて、化粧水などでケアするとその分きれいになる。放っておくて、しょぼくれていく・・・(笑)

もちろん、先日お話しした臭いの問題も関連してきます。


最後まで自分の足で立てる、可愛いおばあちゃんに

「介護される」前提でお話ししてしまいましたが、もちろん目指すは最後まで自分で立てる可愛いおばあちゃんです!

洋式トイレになったり、体を動かす機会がすくなくなったりと、骨盤底筋を使う機会がどんどん減っている現代。いつのまにか、骨盤底筋がゆるんでしまい、尿漏れなどさまざまな不調が出てくるようになってしまいます。

そうならないように、デリケートゾーンケアを!

画像1

まずは、デリケートゾーンに意識を向ける!

これが一番大切です。

デリケートゾーンに意識を向けるためのアイテム♪ フェミニンオイルマナデルゥ。ぜひ、お買い求めくださいね♪

介護✖️デリケートゾーンケアに関しては、「潤うからだ」の森田敦子先生の記事もぜひご覧ください。

匿名で質問ができるオープンチャットもご用意してます。

オープンチャット「マナデルゥ〜カラダを愛そう、自分を愛そう〜」
https://line.me/ti/g2/qKA0taqSIey78-MwDi1Hcg?utm_source=invitation&utm_medium=link_copy&utm_campaign=default

スタエフのレターからもご質問受け付けていますので、そちらもご活用くださいね。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
大木春菜@せいかつ編集室

サポートいただけると、とっても嬉しいです。 コーヒーかおやつでもいただいて 次の記事を書く原動力にさせてもらいますね。

わーい\(^o^)/うれしいです♪
5
愛媛在住のライター&編集者。 公式サイト▶︎ https://shs2.com/ オンラインサロン▶︎https://camp-fire.jp/projects/view/123870 ウェブマガジン運営▶︎http://sekakuri.com/