見出し画像

シンプルで美しいチャットアプリ「Kyat」をリリースしました!


こちら現在サービス終了しております。



自分の理想とするチャットアプリKyatをリリースしました

ダウンロードは下記からお願いします。

- iOS


- Android

Android版は下記の理由でリリースは見送ってますが、近日中にリリース予定です!


なぜつくったか

なぜつくったかというと、今の世の中のチャットアプリに不満があったからです。

自分の不満に思っていたことは下記の2つです。

1、チャットアプリなのにごちゃごちゃしすぎ。あと、広告Pushが邪魔
2、チャット始めるのに連絡先を交換しないといけない

上記の2つについての詳細と自分のアプリでどう解決しているのか説明します。もし、この2つに不満を持っている方、ぜひダウンロードしていただき、使っていただきたいと思っております。

1、チャットアプリなのにごちゃごちゃしすぎ。広告Pushが邪魔

チャットアプリであるのに、いろんな機能が盛り込まれているのがとても使いにくいと感じています。例えば「チャットアプリなのにニュースが見れる」「チャットアプリなのに、Wallet化している」ようなことが起こっています。これもあり、アプリがごちゃごちゃしてしまっていて非常に使いにくいと感じています。


そこで「Kyat」では機能を絞りました。基本的にチャット機能しかありません。

これからもメンテナンスや、機能追加は続けていきますが基本的にチャットに関することしか実装しないようにするつもりです。


もう一つに、広告がPushが邪魔だと感じています。

自分はエンジニアとして仕事をしているので、広告での収益がどれだけ重要かよくわかります。サービスを運営して行く上での運用費などもすごくかかることもよくわかっています。

ですが、自分はこの問題をなんとか解決したいと考えています。

広告費以外で運用費を上げることはできないかと考えています。今一番考えていることは「サブスクリプション」です。



2、チャット始めるのに連絡先を交換しないといけない

チャットを始めるにはお互いが友達になる必要があります。

それが煩わしいと自分は感じていて、どうやってこの問題を解決するか考えた結果、ディープリンクor QRコードからチャットを始められないかと考えました。

実際の動画は下記のご覧ください。

ディープリンクからチャットをはじめる。

QRからチャットをはじめる

この機能を使うには自分でチャットする用のグループを作成する必要があります。そして作成したグループの招待リンク、もしくはQRコードからチャットをはじめられるというような仕様です。

つまり、用事ができたときに集まって好きなタイミングで解散するというその場だけの関係を作ることができます。

そういう薄い関係もたまにはいんじゃないかなと思い実装しました。ぜひTwitterなどのSNSにリンクを貼って気軽にチャットをはじめて見るのもよろしいかと思います。


--- ✂️ ------- ✂️ ------- ✂️ ------- ✂️ ------- ✂️ ------- ✂️ ------- ✂️ ----


ここからは、これから皆さんへのお願いと、これから実装したい機能について書いていきます。

皆さんへのお願い

一つお願いがあります。このアプリは一人で作っていることを生かして、自分に直接意見や、要望などを送れる機能を実装しています。

設定画面から「開発者と会話する」機能をボタンをタップするとすぐにチャットを始めることができます。

このアプリをみなさんと一緒によくしていきたいと思っています。ぜひご活用ください。

これから実装していきたい機能

ここは、箇条書きで書いていきます。

・お友達登録機能
・ダイレクトメッセージ機能
・「〜〜について話す人募集」みたいなOGP画像が表示させるリンクを作成して、そのリンクからすぐにチャットを始められる機能
・スタンプ機能
・デスクトップ版

これからもこのアプリの実装や、運用は続けていきます。全て一人で開発してますし、普通に仕事もしてますのでどうしても開発スピードが落ちてしまうかもしれないですが、自分のできることを精一杯やっていこうと思います。


--- ✂️ ------- ✂️ ------- ✂️ ------- ✂️ ------- ✂️ ------- ✂️ ------- ✂️ ----


ここからは、エンジニアの方向けですが、技術的な話を少ししようと思います。

技術的な構成は下記です。

- クライアント
   - Flutter
- サーバーサイド
   - Firebase(Firebase Auth、Cloud Firestore、Cloud Functions、Firebase Analytics、Crashlytics)

基本的に、FlutterとFirebaseしか使ってません。

一人で開発してますので、できるだけ手間を減らしたいと思ってこの二つを選択しています。


Flutter

このアプリを作成していく上でFlutterの素晴らしさに気づきました。

自分をFlutterを始めた時はまだ、バージョンが1.0になっておらず、プラグイン(ライブラリ)もかなり少なく、特有のバグを踏んだりもしたけど、今ではこの辺りのほとんど解決されいて、Hot Realodや、美しいWidgetたちのおかげで高速アプリ開発を実現できています。


Firebase

AndroidエンジニアはGCMからFCMの移行しないといけなかったり、Crashlyticsなどのために、Firebaseは割と使ってるかと思いますが、やはりFirebaseは素晴らしいです。

詳しくは上の記事に書いてますが、Cloud Firestoreのおかげで自分のアプリではクライアント側だけの実装で完結しました。

リアルタイムで反映してくれるFirestoreはチャットアプリにはすごくマッチしています。


技術的な知見は惜しみなく、無料で発信します


このアプリを開発していく上で、得られた知見は惜しみなく、Twitterやnoteで無料で公開していきます。

ぜひフォローしていただければと思います。


これからKyatをよろしくお願い致します。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

投げ銭はいりません。それより無料でできる拡散をしてください!! 感想をツイートしていただけることが一番嬉しいです!!

スキありがとうございます!!同時に拡散もお願いします!!
76
SNSサービスを開発しています。サービスの開発記録をnoteに投稿していきます。

この記事が入っているマガジン

コメント4件

Android楽しみだな。これってメッセージはサーバー蓄積型なのだろうか?P2Pで繋がったもの通しのやり取りなのかな?そしてちょっとイヤラシイ話で、開発環境って個人で持つのにいくらぐらい使っているのだろう?めっちゃこっち気になるな。俺も欲しいな個人の開発環境……(^-^;
> VRふぃろ👿マックスウェルの悪魔👿 さん

コメントありがとうございます。
この記事にも書いてますが、メッセージはFirebaseのCloud Firestoreを使っています。
メッセージはその中に蓄積しています。

Firestoreは無料枠が十分に大きいので全然無料で使えますし、無料枠を突破しても、格安です。
Flutterについて調べていてこちらのnoteに行き着きました!コードに興味あるのですが公開などはされていないのでしょうか?
> mizuno さん

商用でアプリとしてリリースしてるのでソースコードを公開することはないですね、、
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。