写真_2019-08-17_11_32_23

YNSA(山元式新頭鍼療法)を体験してみた話

サムネイルですでに出落ち感満載ですけど、妻から「頭に鍼を打ち放題で8000円のイベントがあるんだけど。」とお誘いを受け、鍼にも少し興味があったり、打ち放題という、まるで食べ放題みたいな、そのお得さに惹かれて二つ返事で参加をお願いし、体験してきました。

それはいわゆる鍼灸の鍼ではなかった。

なんの下調べもせずに当日。順番を待っている際に、説明のパンフレットをパラパラと眺めた。そこにはそれまでイメージしていたいわゆる「中国的な」鍼ではなく、YNSAと呼ばれる山元式新頭鍼療法なるものでした。
すでに保険適用の国もあるんだそうで。

問診と触診が治療のベース。

で、僕の番に。
どこの痛みが気になっているかと聞かれて、腰痛と答える。と、最初に首がどれくらい動くか、前後屈がどれくらいか、を診られて、両手腕を触診される。

そうすると所々に凝りが見つかる。

手腕の凝りに連動する頭皮のツボを押されると、そこがまためっちゃ痛い。

で、そこに鍼が打たれる。

そして再度、腕の凝りを確かめると、凝りが和らいでたり、なくなっていたりする。

基本はそれの繰り返し。
結果、僕の腰痛は腰椎よりも、胸椎や頚椎に原因があったようで、そこのツボを中心に30本、鍼を打ち込まれました。

鍼を刺される痛みはそんなにない。

その後、30分程度、放置。
人によっては刺された頭皮の筋肉が緩んで途中で抜けたりするらしい。
最中、刺さっている痛みはほとんどない。
それよりも効いているツボにずーんとした重さを感じる。
イメージ的には頭痛。そんな痛みが続いてる感じではある。

そして、身体に劇的な変化が。

30分後。若返る。

首、めっちゃまわる。

腰、めっちゃ動く。前屈なんて20年ぶりに床まで手がついた。
効果に個人差はあるんでしょうが、僕は催眠術にも掛かりやすいので、そういう暗示も加味されちゃってるんでしょうが怖いくらいに効果ありすぎて。

んでもって、施術後はスッキリ。
電気風呂に入ったあとのような爽快感であったり、若干視力も良くなったのではと錯覚するようなヌケ感(使い方あってるのか?)がすごい。

何度もいいます。恐らく個人差はあるんでしょう。あるんでしょうけど、個人的にはかなりハマりそうな気配であります。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
3
株式会社ゆめみ、とりあえずクリエイティブリードを名乗ってる人。モバイルサービスメインのデザイナー出身。東京ヤクルトスワローズをこよなく愛している。【Twitter:@Shoesk】