マガジンのカバー画像

ウェブ連載

14
注目の書き手たちによるオリジナルのウェブ連載。
運営しているクリエイター

#晶文社

第10回 山の手入れについて

木の価値を高めるための方法―その3  林業において、「山を手入れして木を大切に育て続ける…

晶文社
1年前

第9回 後払いOKの「無人販売所」

空前のキャンプブームにつき 2020年、新型コロナウィルスが流行りだしてからというもの、世の…

晶文社
1年前

第8回 木の価値を高めるための方法―その2

世にも珍しい林業エンタメ 突然ですが、『WOODJOB! ~神去(かむさり)なあなあ日常~』とい…

晶文社
1年前

第7回 山には危険がいっぱい(山仕事の危険について)

私がおちいっているジレンマ 担い手不足に悩んでいる業界で働いている人ほど情報発信が必要…

晶文社
1年前

第6回 薪の無人販売はじめました。

薪について知っていたこと 丸太を丸太のまま売っていたのでは、超小規模でやらざるを得ないイ…

晶文社
1年前

第5回 1本の木の価値を高める方法

丸太はどのように取引されているのか  森林組合や林業会社等の伐採業者が山から伐採・搬出し…

晶文社
1年前

第4回 ボサボサの山をきりひらく!

  山は放っておくと荒れてしまう  前回記事の中で、所有者の違いによって山を分類するお話をしました(「買うことができる山とできない山」)。他方で山は、それらが成り立った過程の違いによって「自然林」や「人工林」に分類することがあります。主に自然の力で成り立ったものが「自然林」であり、それに対して主に木材を生産する目的で人間が作り上げたものが「人工林」です。  林業は木材を生産することが一つの目的ですから、我々林業関係者はどちらかというと人工林を相手に仕事をすることが多いです

スキ
74

第3回 「山を買いたい」と考えている方に伝えたいこと

山を買うのは難しかった  私は林業の世界に飛び込むまで、「山は買えるものである」というこ…

晶文社
2年前

第2回 山を手に入れた!

「こんな木は燃し木にしかならねえ。」 前回の内容とも少し重複いたしますが、私が生まれ育…

晶文社
2年前

第1回 一介の青年が山を買うまで

新連載「山を買う」がスタートします世間で言われているように、ほんとうに日本の林業には絶望…

晶文社
2年前

【タトゥーぎらい】第3回 「タトゥーお断り」は法令違反?

世界中で伝統文化として認められ、ファッションとしても受け入れられているタトゥー。ひるがえ…

晶文社
2年前

【タトゥーぎらい】第2回 グロテスクな「おもてなし」

世界中で伝統文化として認められ、ファッションとしても受け入れられているタトゥー。ひるがえ…

晶文社
2年前

【タトゥーぎらい】第1回 嫌悪の根っこ

世界中で伝統文化として認められ、ファッションとしても受け入れられているタトゥー。ひるがえ…

晶文社
2年前