見出し画像

蜜月ならず

ここに来てからわたしは所謂人間が本能的に嫌悪する生き物の中で暮らすこととなりました。それはまさに蠢くという言葉のとおり、あらゆる生き物が蠢き出したという感じです。洗礼を受けるという経験と同時に、とても繊細で怖がりで心のある存在であることも感じるようになったのです。
数日前から庭に置いた巣箱にミツバチが数匹やってくるようになりました。ミツバチの偵察隊は、しきりにわたしに寄ってきて、どうやら私を調べているようでした。危険ではないと判断したのかそれから数日通ってきました。その時点でもう絶対入るだろうと思ってました。入るなら今日ごろと思っていた一昨日、ガガガーと大きな音でトラックが来ると作業着の数名が裏の木を切り出した。その作業は一日中大きな音をたてて行われた。そして、ミツバチはあれ以来こなくなった。せっかく、引っ越し先候補に入ってたのに。
蜜月ならず。
誰も悪くない。ただ愚痴りたいだけ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキをありがとうございます
4
シシ七十二候です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。