見出し画像

甘栗的に…ディーエス剥いちゃいました!その3!今回のお題は『進撃の巨人』諫山創って、そもそも実在してるの?実はAIが進撃の巨人を描いた?!この辺りを分析してみた

作者(諫山創)が、実在してるかどーかって以前に…ですが、
明らか何者かに「地球の真実の姿」を事細かに教えられた上で、描いた漫画ですよね。コレって。

そこいらに掃いて捨てるほどいる漫画家志望の一人だった…という
「設定」の…この作者さん、ただの若いおにーちゃん(設定)だった人が……
「ここまで」3次元地球の「裏設定」を知ってたって……

あんま日本人を舐めないでくれるかな?(#^ω^)ピキピキ
CIAスパイだらけの売国奴集団の…出版社さん……?

画像10

と、言いたくなりますけど。

アカシックレコード…で、説明がつかないと思う。
なぜならば、進撃の巨人は「アカシックレコード(本当)」と、
「支配層にとって都合がいい洗脳(嘘)」が、織り交ぜられた漫画だから。

諫山創ってひとは、なぜこんなに人間が嫌いなんだ?
そして大変気持ちが悪いレプテリアソハイブリットの支配者のことが、
超大好きなんだ?

画像2

ここで一旦、本記事の前置きです。
かなり前に2本書いたものの、ずっと放置してた「甘栗的に…ディーエス剥いちゃいました!」という記事を復活させることにしました。

1本目は現代アートの巨匠(設定)マルセル・デュシャン、2本目は昭和の人気随筆家(設定)澁澤龍彦について書きましたが、なにせ閲覧が少なかったので、以後なんとなく書かずにいました。

2本目の澁澤龍彦編。自分としては、そこそこ気に入ってます。↓

マルセル・デュシャン……まぁレプですよねぇ。
澁澤龍彦も……コイツがレプでなかったら、いったい誰がレプなんだって
くらい、ごりごりにレプです。

画像1

そして諫山創サンのことは……レプだとまでは決めつけません。
しかし、NWOのご時世に「人口削減」を漫画のなかでやってのけた、
我々人間の敵だとしか言いようがないオツムの持ち主であり……

アドレノ……やって…ない…です……か………?

と、尋ねてみたくなるお顔のツヤツヤ具合。
つるるん。剥きたてたまご。ただ美肌なひと?
翻って「ジョジョ」の人は、もう確実に……という気がするのですけど。

ヤバイヤバイ。

ジョジョノヒトは、911を漫画の中で「予言」もしてるしね。
よっ!この!CIAスパイッ!人類の敵ッ!

さてさてさてさて。では進撃の巨人の中身について、じっくり解説……
解説…………うん。いやもう、これって、

そもそもAIが描いてない?

画像9

画像11

「ここ10年くらいの流行りモノをAIに読ませて、それで描かせた」
と言われたら信じますね。わたしは。

人間味も感じないでしょう?
まるで冷血なレプテリアソハイブリットが描いた…とでも言うような、

「カニバリズム」に次ぐ「カニバリズム」ちょっとカニバリすぎだろ…
執拗に描かれる「親殺し」→主人公の両親、ジーク両親、エルヴィン父、
クリスタ父…
作品後半で怒涛の「仲間殺し」
ラストに来るのが「最愛の恋人殺し」→ミカサが主人公の首をあれする…

画像6

そして、現実世界が「人口削減」まっしぐらなご時世で、人口削減を描写する。ワクで人が亡くなり始めてる状況で!

画像7

どこに人間らしさが?

ただ、個人的に嫌いな漫画ではないです。
けれど、あまりにも出来すぎてて、「正攻法で」描かれた漫画だとは到底思えなくて……

正攻法ではない手段で…成功を手にしてる「特殊な血族」…いますよね……?
チート使って我々に勝って、勝手に我々を支配してる血統が。
どうしても、そこに考えが及んでしまう。
ここで改めて、この漫画の具体的な中身について言及しますが、

巨人は「グローバリズム」あるいは「不法移民」の象徴で、壁は単純に国境でしょうね。
日本以上に海外で人気なのは、海外のほうがグローバリズムと不法移民で
ヒドイ目に遭ってるからでしょう。

画像3

人気キャラ、リヴァイのコンセプトは、10年以上前に流行した
「ハーバード白熱教室」のマイケル・サンデル教授の哲学です。
教授の本を読めば分かります、特に捻りもなく、そのまま使ってますから。

画像4

とにかく「3次元地球の正体」を知り抜いていて、ここ10年くらいの流行り要素を、ことごとく網羅していて……これを誰が、ぽっと出の漫画家志望の青年が「一人で」思いついただなんて信じるんでしょうか。

そして……この漫画の人気は「キャラクター」にある、と言われているわけですが………
このキャラクターにも、奇妙な仕掛けがあるように思います。

多くの人が前世で…会ったことがある懐かしい人。
ざっと見る限り、こういうコンセプトを感じるんですよね……。
それもあって、日本名にするなら「山田太郎」だというような、
ドイツ人として極めて平凡な名前を与えられている……のかもしれません。

画像9

AIが統計学を駆使して、絶妙な黄金比で創作したというのでなければ…
わたしなら納得しないかなぁ。

本当にこれ……誰が一人の人間の頭で作ったって信じるんでしょうか。

AIに書かせた小説があの有名作家の作品っぽいと話題に!↓

画像9

…ということで記事を締めますが、
進撃の巨人については、後々また語るかもしれません。最後に…

進撃の巨人の世界地図は、現実の地図の反転です。
そのままの通り、地球は全ての価値観が反転している惑星です。

画像13

画像12

反転しているこの世の仕組み↓
デイビッド・アイク、サシャ・ストーン、ショーン・ストーン:これまで知っておかれるべき全て(やつろぐ)





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!