見出し画像

ブスは呪い - 男が言うブスとは何か?

数年前に新卒で入社した会社の同期に、とても綺麗な女の子がいた。

初めて会ったのは集団面接。リクルートスーツ、黒髪、無難なメイクで個性を消された就活生の中で、彼女は一際目を引いた。ハーフアップにした艶のある長い髪と、小さな顔の中の大きな瞳が印象的だった。

数ヶ月後、内定者懇親会で会って驚いた。彼女が受かると思わなかったわけではない。彼女は名門大学の学生で、受け答えもあの場で一番しっかりしていた。どこでも採用されそうな彼女が、従業員200人ちょっとの無名企業を選んだことが意外だったのだ。15人ほどの同期の中で、私と彼女だけがデザイナー職の採用だった。

次に会ったのは入社式。彼女は長かった髪をばっさりと切ってくせ毛の目立つショートにしていた。化粧っ気もなく、古いデザインの眼鏡をかけていた。雰囲気違うねと声をかけると、これが本当の私だと応えた。元からファッションにもメイクにも興味がなく、就活や懇親会用のメイクはお姉さんにうるさく言われてしていたのだという。私たちの仕事は社内デザイナーで、服装や髪型の規定はない。それも入社の決め手だったらしい。

ある日の出来事

その日、プレゼンを終えた私は徹夜の疲れで会議室で仮眠を取っていた。その会議室は比較的大きく、普段は移動式のパーテーションでふたつに分けて使っている。

私を起こしたのは、そのパーテーション越しの話し声だった。ホチキスの音もする。若手の男性社員が数名で資料を作っているようだ。定時を過ぎた気楽さからか、談笑しながら作業している。薄いパーテーション越しの会話は丸聞こえだった。態度の大きい取引先の愚痴、同僚の転職話、上司に連れて行かれたキャバクラの話。

目が覚めても体がだるかったので、私は机に体を預けたまま再び眠りに落ちようとしていた。

「今年の新卒は微妙だな」

30手前の営業社員の声だった。

いきなり話題の当事者になって眠気が遠のく。盗み聞きに多少罪悪感はあるものの、こうなれば今更動けない。私は話し声に意識を向けた。

営業部には数人の新卒が配属されていたが、どいつもこいつも使えない、というのが彼の主張だった。それを周りがなだめたり、同調したりしてどんどん声が大きくなっていく。

「デザイン部の新卒もさ、期待してたのに大したことないよな。ひとりはドブスだし」

小さく息を飲み込んだ。

先にも書いたが、デザイン部の新卒は私含めて2人しかいない。確かにわたしはダチョウ倶楽部のリーダー肥後氏似のなかなかパンチの効いたブスだが、メイクや服装で努力して普通を装えているつもりだったし、その営業社員には何度か飲みに誘われていた。陰で嘲笑うためだったのかとまで考えて、一瞬で心臓が冷たくなった。

この記事の続きは有料となっておりますが、同じ文章をブログで公開しています。よろしければこちらからどうぞ。

この続きをみるには

この続き: 2,622文字

ブスは呪い - 男が言うブスとは何か?

白井瑶(しらいよう)

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
79
ゆとりのアラサーがおもうことblog→http://yoshirai.hateblo.jp/